メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | PiS
1
archive,author,author-pis,author-1,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

Author: PiS

アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。 シリアの戦争が始まって10年が経ちました。残念ながら、シリアの戦争は戦闘そのものは減りつつも解決はしておらず、支援がないために教育を受けたくても受けられない子ども達が多く住む地域があります。 未来を担う子ども達が教育を受ける環境を守り、平和を作る場所にしたい、という想いを込めて、100人の子ども達が学べる「SAKURA幼稚園」を作ります。 その運営資金のために、クラウドファンディングに挑戦いたします。       クラウドファンディングを始めるにあたり、現地パートナーNGO代表のウサマが直接、シリアの現状とプロジェクトについてお話するイベントも企画いたしました。参加無料ですので、是非ご参加いただければ幸いです。(アーカイブ視聴も可能です)      PoS現地パートナーによる活動説明会「平和を作る幼稚園をシリアに!」【日時】9月18日(土)20:00〜21:00(無料)【詳細】https://syria-2021-09.peatix.com/     気になるリターンについては、こちらでまとめております。 ━━━━━━━◆クラウドファンディング◆━━━━━━━『戦争から10年。シリアの子ども達に教育を続けられる環境を届けたい』 目標金額:300万円公開期間:2021年10月29日(金)23:00まで 資金使途:8人分の先生の1年分の給与、教室の家賃、机・椅子などの設備(目標を超えた分は、近隣の学校の支援として使わせていただきます) https://readyfor.jp/projects/syria2021 ...

  素晴らしいイベントができました! 「課題ではなく魅力を伝える」という私たちの想いを形にすることができたイベントとして、7月17日に実施した「聞くと思わず伝えたくなる。人々の“言葉”から考えるシリア」。  登壇していただいた飯野真理子さんから届いたイベントの振り返りをお伝えをさせていただきます。        あなたにとって大切な言葉は?   今回は様々なシリアの方の言葉を紹介した講演部分の後に、みなさんにも大切な言葉を考えてもらい、そこからできることを考えていくためのファシリテーションによる対話の時間を取りました。 「あれだけ優しい言葉を、語り合える素敵な場所を経験したことがありません」 という感想が出たくらい、シリアの人々の珠玉の言葉に加えて、参加者のみなさんの中から出てきた言葉もまた、他の参加者を勇気づけ、それぞれの思いや決意をさらに引き出していきました。 平和につながる「対話」を自分たちからやってみたい、そんな主催者やスピーカーの思いが叶うかのように、“言葉”によってチカラあふれていく場をご覧いただけたらと思います。    見逃し配信はこちら↑    【講演】 タクシー運転手のおもてなし、ガールズトーク、よく話される笑い話などシリアの人々の文化や人柄がわかるような言葉に始まり、落ち込んでいた時にかけられた言葉、シリア危機の中で子供を想う母親の言葉、ノーベル賞候補の詩人のつぶやき、故郷を追われた人たちの言葉、シリア内戦で片足を失った後立ち上がったパラアスリートの決意、日本の震災時に「家を失う気持ちは同じ」と空爆下のシリアから被災地への応援メッセージを寄せてくれた人たちの言葉など、シリア市民の息遣いが垣間見える言葉を紹介しました。     【ワークショップ】 数人のブレークアウトルームに分かれ「自分にとって大切な言葉」を考え、全体で共有しました。記録としてほしいという声からまとめたものから一部ご紹介します。 「縁」「笑う門には福来る」「意志」「リスペクト」「過去を変えることはできないが過去の解釈は変えることができる」「心からのワクワク」「次にどんな夢を描けるか、それがいつも重要だ」「恩送り」「おかえり」     みなさんにはどんな言葉が響きますか?      さらに、この会で聞いて印象に残ったこと、伝えてみたい、やりたいと思ったことを問いかけたところ、次々にみなさんチャットや発表をしてくださいました。 「幸せはすごくシンプル。笑顔でいられること、家族がいること、“おかえり”って言ってくれるひとたちがいること、それだけで十分幸せ」「自分にも何かできることがあるはずだし、そう思ったからきっと何かができる」「“自分の大事にしたいこと”を安心して言えて、それをお互い“いいね”と言い合える社会はとても素敵で、一つの平和の形」「遠くからでもできることがある! 自分が無力じゃない、と知るのは、自分の力にもなる」「世界の人々がみんなで繋がるために、自分でできることを一歩ずつ進めていきたいと思う」     イベントが「終わり」ではなく「始まり」になるような、そんなイベントだったように思います。 今回のイベントの動画は、「より多くの方に聞いていただきたい!」という思いから、Piece of Syriaにご寄付をいただいた方に見逃し配信をお届けさせて頂く形を導入しました。 ※継続支援の「パートナー会員様」になっていただきますと、青山先生の回も含めてアーカイブ視聴可能です。パートナー会員登録はこちらから     また、本編の前の、へむりの「シリア概略」と「Piece of Syria事業説明」はどなたでも見れるようにしておりますので、こちらも宜しければご覧下さいませ。   https://youtu.be/44ZIImUoL0k      「第二回も期待しています!!」との声も参加者さんから出ていますので、是非また、企画できたら嬉しいなぁと思っています。飯野さん、本当にありがとうございました!!(中野 貴行)       ...

   皆様。日々ご支援を賜りまして誠にありがとうございます。ファンドレイジングチームの佐々木です。 Piece of Syria(以下PoS)は「より魅力的な団体」を目指して、外部団体の助成事業を申請し、現在、「Panasonic海外助成」と「Socialship」の2つの助成を受けております。 Socialshipとは、2016年より実施されている関西を本拠地とするNPO向けの助成プログラムです。 今回、関西を代表する団体である、認定NPO法人児童虐待防止協会さんと公益財団法人PHD協会とともに、まだ任意団体であるPiece of Syriaを選んでいただきました。   https://piece-of-syria.org/archives/19279       特徴的なのは、単なる「助成」ではなく、自団体の課題を発見するところから始まり、Missionの作り方、ファンドレイジング戦略の立て方などをワークショップを通じて、「与えられる」のではなく「自分たちで発見する」というプロセスがあることです。 (SocialShipサイトより)   私も参加したワークを通じて、改めてPoSの魅力、足りないところが再発見できたなと感じました。 特に、最終プレゼン前のワークショップである「伝わるプレゼン」が印象的に残っています。そこで問われたのは、 ・自分たちは何者か?・なぜこの団体で関わり続け、そしてどのような状態を目指しているのか?・団体としてのMissionは何か?・そのために、どのように計画するのか?   そういったテーマについて、PoSスタッフと共に、深く考えることができました。 自分たちで発見した課題についての発表を経て、【Webページの作成と、その作成におけるファンドレイジング】の支援をしていただくことになりました!! 今後はさらに情報発信に力を注ぎ問う団体の活動報告やシリアの魅力をたっぷりとお伝えできればと思いますので、ぜひお見逃しなく!!   https://social-ship.org/news/20210604.html   【パートナー会員の申込はこちらから】     【Facebookページ】https://www.facebook.com/piece.of.syria/【支援者限定コミュニティ】 https://www.facebook.com/groups/pos.change.makers/ 【instagram】https://www.instagram.com/piece.of.syria/【Twitter】https://twitter.com/piece_of_syria【Youtube】https://www.youtube.com/c/PieceofSyria        聞くと思わず伝えたくなる〜人々の”言葉”から考えるシリア〜【日時】7月17日(土)19:00〜20:45(開場 18:50)【申込】https://pos2107-word.peatix.com/     https://piece-of-syria.org/archives/19631       ...

日々、ご支援を賜りまして誠にありがとうございます。法人化を担当しております佐々木と申します。 Piece of Syria(以下、PoS)は2021年中にNPO法人化を目指して現在奮闘しておりますが、この場をお借りして、法人化の経緯と現状についてご報告します。  私たちはまだNPO法人ではないのですが、昨年より法人化を目指して、正会員の皆様との総会などを実施してきています。 https://piece-of-syria.org/archives/19495   2021年3月、大阪市から法人化の認証をいただき、次のステップとして、大阪法務局へ登記の手続きを進めておりました。ところが、登記が認められないという連絡が届きました。 原因は、手続きを進めている間に、代表が海外駐在がスタートしたことです。代表権を持つ代表が、申請中に国外に転居するという例は今までなかったため、誰に聞いても明確な答えを知らない、大変な状況です。 幸い、NPOへの支援のご経験が豊富な、外部コンサルタントの河合さんが関わってくださっていたため、この事態に対応するために、必要な書類を整理していただくことができました。(河合さんはPanasonic様からの助成事業で、組織診断のサポートに入ってくださっています) https://piece-of-syria.org/archives/19271 代表が住んでいる国から、国境をはるばる超えて書類を送ってもらうことで、無事に申請を進めることができ、おそらく夏には「NPO法人Piece of Syria」が誕生いたします。 大変な手続きを経てでも、なぜNPO法人となるのか。 それは、一人でも多くのシリアの子ども達に教育を届けられるようにするためです。法人格があることで、受けられる助成もあります。  実際、Panasonic様の助成を受けることができたのも「NPO法人となる見込み」があったためで、私たち以外の団体は歴史ある認定NPO法人ばかりです。 私達は、「どこからも支援が届かない場所に支援を届ける」という、前例がないことに取り組んでいます。 国内においても同様です。オンラインイベントの実施や、出勤する事務所を持たずに会議もオンラインで実施しています。  この「挑む姿勢」が、歴史あるNPOの先輩方と肩を並べる形で、助成を受けることができた理由でした。 前例がないことに取り組むというのは失敗もあるかもしれません。一見、歩みが遅く見えてしまうかもしれません。それでも、挑戦を続ける姿勢は法人化した後も変わりません。   どうか、温かく見守りつつも、パートナーとして一緒に活動いただければ幸いです。     法人化担当 佐々木    【パートナー会員の申込はこちらから】     【Facebookページ】https://www.facebook.com/piece.of.syria/【支援者限定コミュニティ】 https://www.facebook.com/groups/pos.change.makers/ 【instagram】https://www.instagram.com/piece.of.syria/【Twitter】https://twitter.com/piece_of_syria【Youtube】https://www.youtube.com/c/PieceofSyria       聞くと思わず伝えたくなる〜人々の”言葉”から考えるシリア〜【日時】7月17日(土)19:00〜20:45(開場 18:50)【申込】https://pos2107-word.peatix.com/       ...

お世話になっております。Piece of Syriaの中野です。6月27日まで実施した、パートナー会員募集のキャンペーンにご協力をいただき、ありがとうございました! 残念ながら当初、目標としていた150名には到達しなかったのですが、キャンペーンページでは表示されない形でも、継続のご支援をいただいていました。 その結果、98名の方から、【月 19万890円】の継続的なご支援と【5万6562円】の単発のご支援をいただきました。 さらに、2回のイベントで【3万3545円】(経費を引いたもの)の収益がありました。 これによって、目標としていた【必要な資金】は月1350$(約15万円)を達成し、トルコの補習校が無事に運営でき、文化や言語が異なる中で学びたいと願うシリアの子ども達に、希望ある教育を届けることができます! (差額分につきましては、シリア国内での教育支援の活動として使わせて頂きます) 無事にトルコの補習校を支援できることについて、現地パートナーNGOのウサマからお礼のメッセージが届きました。 「シリアの子ども達へのご寄付をしていただいた皆様、 寄付を集めるために尽力いただいた皆様、 あなたの温かな優しさに、心の底から、感謝をお伝えしたいと思います。  あなたが支えてくれた補習校は、トルコのコミュニティと打ち解けるために大切な場所です。  あなたのサポートによって、シリアの子ども達は道を見つけ、未来を作ることができるようになりました。  子ども達が、キラキラした笑顔を見せてくれるようになりました。  あなたは、シリアの未来を作って下さいました。  どうか、これからも、この大きな成果を継続するために、お力をお貸し下さいませ。  本当に、本当に、ありがとうございます」      まもなく活動地のシリアやトルコの学校では長い夏休みが始まります。 この夏休みの間も、絵やプール、折り紙などの夏のアクティビティや、英語やトルコ語の語学コンテストなどが開催されます。 今後もSNSやメールにて、皆さんに現地の情報をお伝えしたいと考えております。 【Facebook】https://www.facebook.com/piece.of.syria/【Twitter】https://twitter.com/piece_of_syria【Youtube】https://www.youtube.com/c/PieceofSyria【instagram】https://www.instagram.com/piece.of.syria それでは7月に実施されるイベントにつきまして、連絡をさせていただきます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 7月17日(土) 聞くと思わず伝えたくなる〜人々の”言葉”から考えるシリア〜(参加型ワーク付き) 留学、取材、そして友人として、シリアに関わって20年以上。 出会った人々の言葉に魅了されてきた元NHK報道局ディレクターの飯野さんから「言葉から見えるシリア」をお聞きします。 打ち合わせをさせていただく中で、聞いた方が元気をいただけるような、そんなワクワクする企画になっています! どうぞご参加下さいませ! 【日時】7月17日(土)19:00〜20:45(開場 18:50)【申込】https://pos2107-word.peatix.com/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 毎週木曜の夜「木曜サマル」 サマルとは「日がくれた後、夜更かしして、友達と楽しく過ごす」という意味のアラビア語です。 毎週、異なるゲストを呼んで30分のトークをし(Facebook Live)、その後、Zoomにて、少人数の「サマル」な交流会を実施する企画です! 木曜日の夜が楽しい時間となりますように…!! 【日時】毎週木曜21:00〜21:30 +交流会【申込不要】http://ptix.at/WvgHK7 (リマインドをご連絡致します)https://www.facebook.com/piece.of.syria/ (Facebook Live視聴) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Piece of Syriaはこれからも、皆様と一緒に、シリアの子ども達に教育を届けるため活動を続けて参ります。 これからも、どうぞ宜しくお願い致します。 クレジットカードをお持ちでない方へ 下記のアンケートをご記入いただきますと、ゆうちょの振り込み口座をお知らせさせていただきます。 https://forms.gle/LwyT8X4W1KQA9zkF9 今すぐにご支援をご希望の方へ 下記のサイトから申し込んでいただくことで「1回のみのご支援」も可能です(3分で完了できます)。 https://syncable.biz/associate/piece-of-syria/donate/ ...

  こんにちは!Piece of Syriaの中野貴行(へむり)です。結婚のお祝いから、Piece of Syriaへのご寄付をしてくださったご夫婦のご紹介をさせていただきます! 「ご結婚の際にご家族・友人からいただいたお祝いの一部を、 シリアの子ども達が学校に通えるように使っていただけないでしょうか?」 と、ある日、Nさんご夫婦からご提案をいただきました。 ご結婚というご本人だけでなく、周りの方も幸せな気持ちになる機会に、さらにシリアの子ども達にもその幸せを届けてくださるなんて!!   Nさんご夫婦の幸せが、世界を巡っていくようで、とってもとっても心が温まる気持ちになりました!!   Nさんご夫婦は「どこにお祝いを渡そうか」と考えている中で、私たちのFacebookページを見ていて、私たちの団体を選んでくださいました。   その理由として教えていただいたのは、 「継続的な活動、寄付がどこに使われるかが分かりやすかったこと」だけでなく、なんと「中野さんの人柄」(妻とのほっこりとした日常のつぶやき)だったそう!そのことも含めて、妻に報告したのですが、妻もすっごく喜んでくれました!         そして、現地パートナーNGOウサマも結婚したばかりの新婚さんです! ウサマも、とっても喜んでいて、「シリアの子ども達のことや結婚のこととか、話せたらいいですね!」と、Nさんご夫婦への感謝のメッセージを届けてくれました。 また、「返礼品に寄付を」というと、疑問を持たれる人もいるかもしれないと、お祝いを贈ってくださった方へ、お一人お一人にお伝えしたところ、皆さん、こころよく納得してくださったそうで、それもとっても嬉しかったです。     実は、Nさんと同じく、僕たち夫婦も、自分の結婚の返礼品として、シリアの子ども達への教育支援として届けさせていただいたことがありました。 友人からは「機会がなくて、ずっと参加できなかったプロジェクトに参加できて良かった!」と教えてもらい、ほっとしたのをすごく覚えています。    素敵な贈り物をして下さったNさんからいただいた、心温まるメッセージを、皆さんにもお届けします。 「きっと誰かに幸せをお裾分けしたいと思ってる人はたくさんいると思います。ですが、どうしても、どこに寄付したらいいの?ほんとに信頼できるの?寄付はどこへ行くの?というところでつまずいて、寄付を諦めてしまう方もたくさんいると思います。そんな人たちにPiece of Syria がもっと伝わって広がってくれたらいいなと思っています。中野さんたちのような団体は貴重です。これからも、活動を応援しています!」 Nさんからお預かりしたご支援で、トルコで生活するシリアの子ども達の補習校が1ヶ月間、運営することができています!!Nさんご夫婦、そしてお二人をお祝いしてくださった皆様、本当にありがとうございます! もし、Nさん達と同じように、ご結婚のお祝いでのご支援をご希望の方は、「お問い合わせ」から私たちまで是非、ご連絡下さいませ。   https://piece-of-syria.org/contact         お誕生日のお祝いをご寄付してくださったご支援者様もいらっしゃいます! ...

    Piece of Syriaは2021年5月で設立5周年となります。 一人で始めた活動でした、活動当初から沢山の人たちから「手伝おうか?」と言っていただき、現在は毎年200人以上のシリアの子ども達に教育を届けられています。    「#どこからも支援が届いていない場所に支援を届ける」という私たちの活動は、お一人おひとりからの寄付がなければ成り立ちません。   私たちは継続的にご支援をいただいている月額サポーターの皆様を、”あなたと一緒に活動していきたい”という想いでではなく、「パートナー会員」と呼ばせて頂いております。 私たちの活動を支えてくださるパートナー会員の皆様から、温かな応援メッセージが届きましたので、紹介をさせていただきます!皆さんも、ぜひパートナー会員として、希望ある未来を一緒に作っていければ嬉しいです!    パートナー会員の申込    【応援メッセージ】(画像をクリックすると全文が読めます!)    東京外国語大学 青山弘之さん    会社員 いとりえさん   会社員 大橋 さえ子さん   学童保育室指導員 岡 正樹さん   絵本作家・児童文学作家 陣崎草子さん   日本精機㈱ 代表取締役  髙橋 祐子さん   株式会社ハース・ジャパン Kaoru Nishiiさん   福西 浩樹さん   藤原 大さん   Veterans For Peace JAPAN・元自衛官・オリーブ農家 森村 真人さん   森元 まゆみさん   日本ファンドレイジング協会関西チャプター 米原 裕太郎さん   ジュエリー職人 安田有希さん   皆さまの活動への応援、お待ちしております! ...

いつもお世話になっています、Piece of Syriaの中野貴行です。本日は6月に実施するイベントについてお伝え致します。 ①6月5日(土)19:00〜【参加型ピースコミュケーション】②6月20日(日)19:00〜【シリア最新情報】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━①6月5日(土)19:00〜【参加型ピースコミュケーション】今までのやり方が通用しない時代の「答えのない問い」の考え方━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ​ Piece of Syriaは「課題ではなく魅力を伝える」と言うことを大切にしていますが、戦争よりも平和は伝わりにくい…。その難しさと向かい合いながら活動をしております。 そこで「なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか」の著者・伊藤剛さんと一緒に平和について考える、気付きと発見の参加型オンラインイベントを開催します! 【日時】6月5日(土)19:00〜21:00(開場 18:50)+交流会【申込】 https://peace-ito.peatix.com/    【こんな方にオススメです】・平和教育を担当することがある方・世界が平和になるための視点を学びたい方・変化する時代に対応するために、考える力を身につけたい方     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━②6月20日(日)19:00〜【シリア最新情報】やさしいシリア解説(中級編)シリアに帰った難民の人たちと、2021年のシリアの日常━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 6月20日「世界難民の日」に合わせてイベントを実施いたします。 10年前までは、非常に多くの難民を受け入れていた、豊かな国だったシリアですが、今では世界最大の難民出身国となっており、国内避難民を合わせると人口の半分を超えるほどに。 とはいえ、日々のニュースだけでは最新情報を知ることは難しいのではないでしょうか? そこで、今まで1000名以上の方にシリアについて伝える有料のイベントを実施してきましたPiece of Syriaが、シリア政治専門の青山弘之教授をお招きし、普段ニュースで聞けないシリアの最新情報をお届け致します。 見逃し配信もございますので、当日ご参加できない方も是非お申し込み下さいませ。 【日時】6月20日(日)19:00〜20:30(開場 18:50)【申込】https://syira-news-202105.peatix.com/ 【こんな方にオススメです】・シリアの最新情報をアップデートしたい方・中東、難民、戦争、教育について関心がある方・メディアの国際ニュースに疑問を感じたことがある方・知ることをきっかけに、なにか動きたいと思っている方 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ どちらのイベントも、Piece of Syriaパートナー会員(継続支援)になっていただくと無料で参加できます。 (今後もPiece of Syriaが主催する有料イベントに無料で参加できます) ​ ​ パートナー会員へのご参加はこちからら:https://syncable.biz/campaign/1645          ...

「シリアの子ども達に夢を届ける仲間になりませんか?」  中東シリアで、2011年3月に戦争が始まりました。10年経った今も戦争状態は続き、人口の半分が故郷を逃れ、360万人が隣国トルコで生活をしています。 そのトルコで、就学年齢のシリアの子ども達の1/3が学校に行けていないという事態に対し、現地NGOは補習校を作り、大きな成果を出していました。 しかし、コロナ禍の経済悪化のために補習校を運営するNGOの資金が不足し、閉鎖の危機に陥りました。   私たちPiece of Syriaの活動地域は、どこからも支援が届かない「シリア国内」への教育支援でしたが、こうした状況を受けて新たに、トルコに住むシリアの子ども達の補習校の支援を始めることを決めました。   継続的にシリアの子ども達の教育を支えることで、シリアの平和な未来を作る仲間になっていただけませんか?   詳しくは、こちらのキャンペーンページから。   【イベントのご案内】 【どこからも支援が届かない場所に教育を】(Piece of Syria トルコ事業説明会) 【日時】5月9日(日)19:00〜20:30(+交流会)【参加費】無料【申込】https://turkey-pos.peatix.com/ 【木曜サマル】 【日時】毎週木曜日 21:00〜21:30(+交流会)【参加費】無料【申込】 https://mokuyo-samar.peatix.com/ 【Live】https://www.facebook.com/piece.of.syria/ ...

  「シリア、中東地域についてわかりやすい話が聞きたい」「トルコで難民として生活するシリアの人たちの声を聞きたい」「NGOが教育支援ができないはずのトルコで、実施している教育支援を知りたい」「どこからも支援が届かない場所に支援を届ける活動に興味がある」「教育支援・国際協力・社会貢献に関心がある」 そんなあなたに、ぜひ参加していただきたいイベントのお知らせです。 「シリア」と聞くと、「戦争」「怖そう」「難民」というイメージを持たれる方も多いかもしれません。   そんな中、Piece of Syriaでは「シリアをまた行きたい国にする」「課題ではなく魅力を伝える」という想いで、様々なイベントを実施してきました。一方で、どこからも支援が届かない地域に住む、シリア国内の子ども達1000人以上に、教育を届けてきました。 そしてこの度、「どこからも支援が届かない場所」として、今までのシリア国内に加えて、シリアからトルコに逃れて生活する子ども達への教育支援を始めます。イベントでは、Piece of Syria事業の実績やこれから実施することの詳細をお伝えし、プロジェクトだけでなく、教育、治安、コロナなどのトルコの最新情報についても、現地NGOの教育マネージャーのウサマが、トルコから生中継をしてお話をさせて頂きます。また、イベント終了後は交流会も企画しております。私たちができることに気づき、未来への勇気、明日の元気がもらえるオンラインイベント!スタッフ一同、皆様とお会いできることを楽しみにしております。▼今までのイベントへのご参加者様の声・20代「シリアの難民への教育支援について勉強になりました」・40代「子どもたちの生き生きとした表情や、ウサマさんたちの熱意をみて、これを大切にしていかなければならないなと思いました。自分自身も、日本の国も、彼らの感謝の気持ちに恥じない未来にしていきたいです。」・40代「ウサマさんのお話を生で聴けたり、子どもたちや先生のメッセージを聴くことができてよかったです。 教育支援は未来を創る支援なのだと思えたし、子どもたちや先生やそのご家族の支援にとどまらず、幼稚園や小学校に子どもたちを通わせたくても通わせられなかった親御さんたちも支えられる支援なのではないかと感じました。」・60代「子どもたちの様子や支援の成果が分かってとても良かったと思います。特に日本人の支援のやり方が評価され喜ばれていることは嬉しいことで、Piece of Syria 関係者の皆さんの貢献に感謝したいと思います」【日時】5月9日(日)19:00〜20:30(+交流会)【参加費】無料【お申込】 https://turkey-pos.peatix.com/ 【イベント内容】・Piece of Syriaの団体紹介・トルコ・シリアの概要・トルコでの教育事業について・トルコにおけるシリア難民の今について・私たち一人ひとりができること・パートナー会員募集キャンペーンのお知らせ 【パートナー会員募集キャンペーンのご案内】2021年5月9日(日)より、月額1000円よりご支援いただけるパートナー会員の募集をスタートします!約1ヶ月で150名の一緒に未来を創る仲間を募集するキャンペーンです。下記の寄付ページを是非ご確認くださいませ。 https://syncable.biz/campaign/1645 ...