メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | ヨーロッパ
393
archive,tag,tag-393,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

ヨーロッパ Tag

    アッサラームアライクム。 Piece of Syriaの中野貴行です。     ━━━━━━━━━━━━━━ 新型コロナで国外で起きていること ━━━━━━━━━━━━━━   新型コロナの影響で、青年海外協力隊の派遣が延期、 今派遣されている隊員も一時帰国となりました。     「青年海外協力隊 全員一時帰国へ 新型ウイルス影響 JICA」 「新型コロナ JICA、協力隊の派遣延期」     欧米にいる友人・家族の話を聞いていると、 国境封鎖、空港閉鎖、外出禁止、店舗閉鎖の措置も多く聞いています。 食料品の買い物や病院以外は禁止。外出には必ず許可証の記入、携帯が必要で、 許可証なく外出していたり、数人で集まっていたりすると罰金や禁固刑の処置があるとのこと。 (僕が聞いたのは、イタリア・フランス・アメリカです)   日本でテレビを見ていると、実感が湧きにくいですが、世界が急変しているように思います。     「日本でも、経済を停滞させないために過剰な自粛は止めようという声もあるようですが、 今はやめといた方が良いと思いますほんとに」と、 フランスに住む友人が書いていました。     ブルームバーグによると 「日本に対しては、十分に新型コロナの検査をしていないという批判がある。『見えない感染者』の多くが発見されないままなので、ウイルスをより広く拡散させるだろう」 との意見です。そして、グラフからは「日本の数値」が除かれています。 https://t.co/ixKZMjoGlv pic.twitter.com/zHg96FqORa — CAN (@canchemistry) March 16, 2020     ━━━━━━━━━━━━━━ 新型コロナとシリアの人たち ━━━━━━━━━━━━━━   トルコに住むシリア人の友人によると、レストランが閉まり、外出もできなくなり、 経済的な打撃も非常に大きいと話してくれました。     大変な状況の中で、一番窮地に立たされるのは、一番弱い立場にある人たちです。   「コロナ感染より家族が飢えることのほうが心配」緊急事態宣言で封鎖措置を取るレバノン。ウイルス感染拡大が、さらに国の経済を圧迫。感染の恐怖は貧困や不衛生な環境にあるシリア難民やパレスチナ難民の間にも拡大。パレスチナ難民支援においてはUNRWAの資金不足対応が急務 https://t.co/BUFsqVC5tz — Keiko Inoue (كيكو) (@inoko1102) March 18, 2020     シリアでも、新型コロナウィルス予防に向けて、各勢力が動いている、とのことです。   ただ、先ほどのシリア人の友人は、苦笑いしながら、こう付け加えました。 「シリア国内は、もう10年にもなる戦争でコロナが広まる前から、とっくに大変だったからね。 生活は大変ではあるけれど、それはコロナのせいじゃないよ」   https://piece-of-syria.org/archives/18549     ━━━━━━━━━━━━━━ 協力隊人気No.1の国って? ━━━━━━━━━━━━━━   僕が青年海外協力隊としてシリアに派遣されたのは2008年3月です。 協力隊には、行く前に2ヶ月間の語学を中心にした訓練があります。   そこでは、赴任した国で使う言語を学ぶ他、 健康管理や国際協力についての基礎などを学んだりします。   そして、派遣予定の国に活動してきた経験者の方に来てもらって、 現地の生活について教えてもらったりもします。         シリアに行く予定の僕たちを担当しているスタッフから、 その訓練所中にかけてもらった言葉はとても印象的でした。   「シリアに行けるの、良かったね! 帰国隊員のアンケートで、一番評判がいいのがシリアなんだよ」   一般的に中東のあたりを「治安が悪い」というイメージで見られる方は多くいます。 なので、安心させたい想いもあって、言ってくれた言葉かもしれませんが、 僕自身、「こんなに素敵な人たちがいる国があるんだ!」と感じることが、とっても多い協力隊生活でした。         非常に多くのシリア協力隊経験者や留学生が、シリア騒乱後、 シリアの人たちのために活動をしています。 それは、シリアの人達の人柄に惚れ込んだ人が多いからだと思います。     シリアをめぐっては、まだまだ落ち着かない状況で、悲しいニュースは多いですが、 今日、僕が隊員時代に仲良くしていた友人とテレビ電話をして、 元気そうな顔を見ることができ、とても嬉しい気持ちになりました。     もう少し込み入った話や写真は、サポーターグループの方で紹介をさせていただいていますので、 もしご関心があれば、ご検討いただければ幸いです。           [instagram-feed]    ...