メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | へむり。
130
archive,paged,category,category-130,paged-12,category-paged-12,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

へむり。

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   今日、Twitterで見たのがこちらの言葉。   「飢える者よ、本に手を伸ばせ。 それこそが武器なんだぜ」 まったく同意だぜ。 ベルギーの学園都市ゲントに住んでいた頃、毎日のように通い続けたブックカフェ。 l just love this message on the door...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   お待たせいたしました。シリアの人たちに起こった変化の続きになります。 前回は、シリア国内の「勢力図」の変化についてお話をさせて頂きました。 今回は、シリア国内における「生活面」の変化について、お話できればと思います。   [caption id="attachment_16069" align="alignnone" width="1024"] 一番お世話になったお家。[/caption] ● 1日1ドルの豊かな生活   僕がシリアに住んでいたのは2008-10年です。   その当時、僕が一番お世話になっていたのは、マンベジ市にある小さな村の家族でした。   両親と女の子3人(短大生、高校生、中学生)、男の子2人(小学生)のおうちで、生活費を稼ぐ父親は、村の保健センターで働く用務員さん。受付、掃除、ワクチンの管理などをしていました。   月収は200$ほど。シリアでも、決して多い方ではありません。 計算すると、一人当たりの生活費は1日1ドル以下になります。   しかしながら、子ども達を学校に通わせて、里帰りの家族旅行に行ったり、僕や近所の人たちにご飯を振る舞うことも日常的にしている余裕がありました。僕もあまりにしょっちゅう、ご飯を出してもらって、泊めさせてもらっているから、家賃のようなものを渡そうとしたら、断られました。   家も、田舎だからということもありますが、小学校の運動場くらいの大きさの庭付きで、リビングは絨毯が敷き詰められた50m2ほどの大きさがあります。   こうした「余裕」には、シリアの豊かさに加え、当時のシリア政権の政策が大きく影響があるように思います。   [caption id="attachment_16070" align="alignnone" width="1024"] 村のお家のリビング。本当に広い![/caption] ● 僕の見たシリアの豊かさ   野菜はkgあたり20円ほど。旬野菜であるかどうかで値段は変わりますが、それにしても安い。 主食であるホブズ(ナンのような丸いパン)も非常に安価で買うことができました。     交通費も、バスやセルビス(同じルートを周るワゴン車を使ったバスのような乗り物)が15円ほどで乗れたり、長距離バスなら、大阪〜東京間ほどの距離を、3列シートでも400円ほど。 市内のバスで老人や女性が入ってきたら、男性達は無言で席を譲り、それに礼を言うこともなく譲られた方が席に座ります。年配の方や女性を敬うのが当たり前だからです。   学校も、大学まで無料。就学率は97%だったそうです。 小さな村まで塾や、女性対象の識字教室があり、教育熱心な国だと感じました。   医療も無料です。薬も国内産で、非常に安価でした。   犯罪の遭遇率は、日本の20分の一。つまり、日本の20倍の治安の良さ。体感的にもそれは感じました。実際、落し物はすべて返ってきました。カメラ・携帯・腕時計・現金にいたるまで・・・。   何より、もっとも素晴らしいと感じたのは、おもてなしの心です。 買い物客として行ったのに、お茶やサンドイッチをご馳走してくれます。 道がわからないそぶりを見せようものなら、バッと人が集まってきて助けようとしてくれます。 バスで隣に座った人が、自分の家に招待して、昼ご飯をご馳走しようとしてくれます。 喉が渇いたら、そのあたりに家をノックすれば水を出してくれ、そのまま家に招待してくれます。 通りすがりの結婚式に招待されて、一緒にご飯を食べ、一緒に踊らされます。   そんなことが日常の豊かな国でした。   [caption id="attachment_16071" align="alignnone" width="1024"] 安く美味しい国産野菜・果物にあふれていました[/caption] ● 戦場になった僕の村   「覚えているかい?村の先生をしていたアフマドだよ」   2015年。シリアの村の友人から連絡が来ました。     僕が住んでいたマンベジは、ダーイッシュ(IS)に占領されており、画像検索をすると「処刑場」が出てくるような、そんな状況でした。   僕がいた時、村の人たちは携帯は持っていても、メールやSNSは使っていませんでした。 (世界的にスマホがまだ出始めた頃で、日本でもFacebookの利用者は少なく、mixiが流行っていた時代です)   なので、シリアの村の人たちの連絡先は知らないまま、日本に帰って来ていたのです。   何より、村には連絡することなく行って泊めてもらうことが日常でしたから、 そうした連絡先を必要としなかったのです。   またすぐに会いに行けるから、と。   しかし、「起こりえないはず」のいわゆる『アラブの春』が、シリアを戦場にしました。   今は行けないけど、すぐにまた行けるようになる・・・。   その思いと裏腹に、続くシリアを戦場にした紛争は、止むことがありません。 そして、僕のいたマンベジに侵入して来たダーイッシュ。   仲良くしていた人たちはどうなったのだろう? 不安な気持ちが募る中、確かめる術を持たず、どうしようもできないでいました。     どうにかして動きたい。   その想いで、シリアの中に入ることができなくとも、難民の住む地域に行ってみようと、ヨルダン・トルコ・イラク・ヨーロッパに向かったのでした。 そして、帰国後にPiece of Syriaの活動を始めました。   まさに、その時に、連絡が入ったのです。   「覚えているかい?村の先生をしていたアフマドだよ」と。 彼を通して、僕の仲良くしていた人たちの無事も確認できました。   [caption id="attachment_16072" align="alignnone" width="1024"] アラビア語で「マンベジ」と画像検索したら…[/caption] ● お金が足りない   あの豊かだったシリア国内の生活は、今は生きて行くことが精一杯な状況です。   人口の1/4が海外に難民として、1/4が国内避難民として生活しております。   「元々いた土地を離れる」というのは、代々続いた土地を手放すということで、家、家具、仕事、家畜、農場、築いて来た人間関係、それら全てを失うということです。   200ドルで豊かに暮らしていた生活も、通貨のシリアポンドの下落により、価値が1/10へ。 つまり、物価が10倍になっている、ということです。   今は、シリア国内の野菜など物資の量は充分だということですが、それを買うお金が不足しています。   移動や輸送には、お金とリスクがつきまといます。 政府軍・反政府軍・ダーイッシュ・アルカイダ・クルド軍のほか、有象無象の様々な勢力が陣取っており、検問でチェックを行なうそうです。   ある人が教えてくれた情報では、「1000ドルを支払えば、トルコ寄りのシリア国境から首都ダマスカスまで、安全に移動できる」と言う話でした。   安全も、お金次第なのです。 ただし、すべての場所が危険だというわけではありません。日本の一部で起こった地震が全土に影響していないのと同様、安全な日常生活を送っている地域もあります。   ですが、10倍の物価上昇は、すべての場所の日常生活に影響を与えており、生活費が足りていません。 また、働き手である男性は、各勢力によって兵士として駆り出されます。 シリア人同士で殺し合いをしたくない、と徴兵制を避けるために、国外へ向かう男性も多くいます。彼らは難民となった場所で稼いだお金を、様々な方法で仕送りしています。   就学率97%で、あれほど豊かだった教育も、50%以下へ。 場所によっては6%ほどになった、というニュースもありました。   想像してください。   あなたの給料が9割カットされて生活すること。 1年生の時、40人学級だったのが、6年生の時に2人しか残っていない学校を。     ● 友人としてできることを探して   もともと貧しく、戦争ばかりしていた人たちが難民になった訳ではありません。   もともと豊かに、平和に、家族を愛して生活をしていた人たちが、難民として、あるいは国内で困窮して生活せざるをえなくなってしまったのです。   僕らはこれからも、「困っているから助けたい」のではなく、 友人としてできることを精一杯考えて、行動をしていきたいと活動をしています。   それを是非、皆さんと一緒に動いていきたいなと思っています。   では、次回は、シリア国外での変化について、お話できればと思います。  ...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   2017年の半分が過ぎました。 皆様はどんな半年を過ごされましたでしょうか?   2017年の年越し、僕はイタリアにいました。 観光をするわけではなく、シリアの人たちが各国でどう生きているかを知る為に旅をしている途中でした。   トルコ、レバノン、ギリシャのレスボス島、イタリア、ドイツ、イギリスを周っていました。 2015〜2016年にも同じように旅をしていて、その時は、ヨルダン、トルコ、イラク、ギリシャ、フランス、スウェーデンを周りました。   こうして何回か、同じ場所を旅して、シリアの人たちから話を聞いていると、最も感じるものが、2つの「変化」です。   一つは、シリア国内の変化、 一つは、国外での生活の変化です。   ● シリアで何が起こったか?   ちょうど今朝、ダーイッシュ(IS)が、イラクのモスルでほぼ制圧され、シリアのラッカで包囲されたとのニュースが流れてきました。   だからといって楽観視できるわけにいかないのは、シリア国内の情勢は非常に複雑だからです。     シリアの「内戦」と言われる今の騒乱が始まったのは2011年。   "シリア政府への反発から起こった平和的なデモを、暴力的に弾圧した事から始まった"   とよく報道されている説もあれば、   "国外からのお金と武器の流入から始まり、作られた暴力的な「民主化デモ」が、警察や政府軍に死者を出し、明らかな他国からの干渉から自国民を守るために、政府が武力で抑えるに至った"   という説もまた、証拠と共に、様々な文献の中で紹介されています。   このように、発端から複雑な様相を見せる騒乱は、アサド政権の支持基盤であるシーア派のアラウィ派と、国内の多数派であるスンニ派との対立という、メディアの報道の「演出」によりさらに複雑化していきます。   シリアは宗教が調和しており、他国で宗教を理由に弾圧を受けてきたキリスト教徒、イスラム教徒たちが逃げ込む国でした。 また、自分の友人がシーア派かスンナ派かを意識することなく、生活に溶け込んでいました。   そんなシリアで、かつてのルワンダで起こった民族浄化まで発展した民族対立のように、宗派による対立が創り出されました。   ※ちなみに、アラウィ派が、シーア派として認められたの約50年前の話だそうです。 現大統領バッシャール・アサド氏の父ハーフィズ・アサド氏が、大統領に就任の際、当時の憲法には大統領はイスラム教信徒でなければならないとなっていたので 、レバノンの著名なシーア派ムーサ ・サドル師に依頼して「アラウィ派はシーア派に属する」というファトワを出してもらいました。 (参考文献 国枝昌樹「報道されない中東の真実」)   アサド政権を支持する国々と、アサド政権を潰したい国々の思惑が交差し、 それぞれが政府と反政府軍をサポートする代理戦争へ。   そして隣国のイラクで生まれたダーイッシュが、第一次世界大戦の後のサイクスピコ協定でヨーロッパに「押し付けられた」国境線を破って、シリア北部の街ラッカへ勢力を伸ばしました。   元々はイラクのアルカイダだったダーイッシュですが、アルカイダと意見の不一致から対立へ。   更にここに、世界最大の少数民族と言われるクルド人の問題が加わります。 クルド民族は、トルコ・イラク・シリアの各政府が自分の国土では迫害を行ないながら、他国への牽制のために利用されてきた社会的背景があります。   そして、こうしたそれぞれの勢力に対して、資金や武器、戦略を提供する国や組織があり、 表立って報道されていることもあれば、報道されていることとは逆のことを秘密裏に行なっているのではないか、との見方もあります。   また、トルコがアメリカから離れてロシアに近づく、と言ったように大国の勢力図も固定化されたものでありませんし、各勢力も裏切りと同盟が日和見的に行なわれていたりもします。   …と、できるだけシンプルに説明をしたつもりですが、この複雑さです。   付け加えて、「情報戦争だ」とアサド大統領が言うように、情報もまた1つの武器として使われています。 メディア情報を利用して、「疑惑」を「真実」に見せて、世論を造り、「正当性」と演出することが可能です。   僕の知識はあまりに少ないですし、間違って信じてしまっていることもある思います。 しかし、戦略的な「情報」が行き交い、日々変わる「状況」の中で、シリアが今、どうなっているかを知っている人は、ほぼ皆無ではないか、とも思います。   なので、「よく分からないけど複雑だ」ということが、最も間違いない「理解」ではないでしょうか。   そして、ニュースで伝えられているような、単純な対立構図ではないことだけは、知っておいてもらえたら、と思います。   …と、シリア国内の「勢力図」の変化について話しているうちに、ずいぶんと長くなってしまいました。   シリア国内における「生活面」の変化や、 シリア国外での変化について、 次回の僕の記事で書いていきたいと思います。      ...

アッサラームアライクム。 Piece of Syriaの中野です。   現在、ラマダンが明け、イスラムの新年にあたる「イード」のトルコにいます。   17時間ほどの長距離バスで、南部の方に到着し、街の人口の70%がシリア人と言われる場所までやってきました。   街中を走るバスは、イードと言うことで無料でした。街の中心部まで、その無料バスに乗って、友人であるシリア人と合流しました。   ●失われる故郷   まず近くのカフェに連れて行ってくれました。できたばかりでオシャレな雰囲気。 気温は43度と表示されていたので、歩くのも億劫な暑さですが、日陰のオープンテラス、しかも扇風機もしっかり周っていると、案外心地良いです。   そのあと、彼の親戚のおうちに一緒に行かせてもらい、新年の挨拶まわりに同行するような形でお宅訪問。ご飯をご馳走になりました。   聞くとラッカ(ISが「首都」と定めたシリア北部の町)の出身で、ISがラッカにやって来る前にトルコに避難してきたとのことです。   現地から様々情報が届くらしく、数日前にシリアにある自分たちの家の近くに爆弾が着弾したが、家はまだ壊されていないんだ、と言っていました。 しかし、ラッカは建物も道路も産業もボロボロだそうです。     ●見えない壁   彼の家へ移動し、荷物を置くと、次はホテルのプールに連れて行ってくれました。   五つ星ホテルの地下にあるプールは、ジムやサウナ、スチームサウナとハンマーム(浸かる場所がない銭湯みたいな所)もついていました。   彼は、彼女も呼んで、時折、微笑ましいカップルの交流を見せつけてくれます。   ですが、その帰り道に話を聞いていると、彼女はクルド系のシリア人、彼はアラブ系シリア人。その民族の違いから、結婚を相手の家族から断られているとのことでした。   幸せに見えるカップルに、見えていない壁があることを知りました。     ●何もない生活   夜に屋上で、彼と語りました。   「何もないんだよ。ここの生活は」   出逢った時に勤めていた国際協力団体NGOを辞め、そのあといくつかの団体に所属していた彼ですが、今も転職を考えています。   トルコに住むシリア難民にとって、最も待遇が良い仕事が「シリア難民支援」の団体職員でした。   しかし、「数ヶ月前から、教育に関するNGOが活動できなくなったんだ。生活支援に関することはできるけど、多くの国際NGOが活動できなくなっているし、シリア難民の労働が認められなくなってきているんだ」と言います。   なので、英語を話せて、学歴や経験のあるシリア人たちが、そうした仕事を失い、長時間労働で給料の安い単純労働に従事しつつあるんだそうです。 また、トルコからヨーロッパに向かう難民の数は激減しました。トルコがギリシャへの密航を取り締まりをしているんだそうです。   僕が去年、ギリシャのレスボス島に行った時には、トルコからギリシャの島までは来れても、そこから本土、ヨーロッパに向かえない、という状況でしたが、その島までも行けないという話でした。   トルコでの仕事はなくなり、ヨーロッパにも行けず、シリアに戻っても仕事がないし、安全もありません。 どこにも希望を見出せずに、トルコ政府の方向転換に左右されて生きていくしか無い現実。   同居人たちは仕事を失い、シェアルームの家賃も三分割していたものを一手に引き受けなくてはいけないと言います。   そんな現実の中で、シリアにいた時は飲まなかったお酒を飲みながら、笑顔で僕らを歓迎してくれているのです。   そんな彼がふとこぼした言葉でした。   「ここの生活には何もないんだよ。ただただ生きるために仕事をする。家族とは離れ離れだ。月末にはほとんどお金は残らない。結婚も難しい。自分たちの国はどうなるか分からない。このまま、何もないまま、いつかトルコで死ぬんだ。きっと」     ● 見えなくても、世界にあるもの   シリアに関する報道は少なくなりました。 シリア国内についても、こうした難民として各地に生活する彼らの状況についても。   見えないからと言って、起こってない訳でありません。   空爆や戦闘ほど、ニュースとして大きく取り上げられないですが、今もなお、その戦争もために国外に行かざるを得ない人たちの、厳しい現状が、ここにあります。    ...

アッサラームアライクム! السلام عليكم Piece of Syriaのへむりです。   武田さんにお留守番をしてもらって、トルコへとやって来て、ウサマさんのご自宅に招いてもらいました。 その話は、郁乃ちゃんに語ってもらうとして、ちょうど今、真っ最中のラマダンについてお話ししたいと思います。   ラマダンを「断食すること」と思ってはいませんか?   池上彰さんが番組で「ラマダンをしていますか?」とムスリムの人に尋ねていましたが、「断食すること」はアラビア語で「スウム」と言います。 「ラマダン」はヒジュラ暦(イスラムの暦で、月の満ち欠けを基準とした太陰暦)の九月のことで、日本でいう「長月」にあたる言葉です。 なので、「ラマダンをしている」だと、実はちょっと変な感じになります。 (説明のためだとは思いますが)   ●日本との断食の違い   日本で断食と言うと、「一日中何も食べない」と考えて、「断食が1ヶ月?」と聞くと、とんでもないことのように思ってしまいますが、イスラムの断食は、「日の出ている間限定」なのでご安心ください。 (とは言え、夏は日が長く、暑くて大変です!)   日の出前に起きて、たくさん食べておいて、少し寝て、また起きて活動をしてから、夕暮れを待ち、待望の水分補給と食事を、みんなでワイワイと楽しみます。   この日が暮れた後の食事のことをアラビア語で「イフタール」と言います。 ちなみに、断食は英語で「ファスティング」(fast+ing)なので、「断食明けの食事」を英語にすると「breakfast」になりますね。     ● ラマダンが好きな理由   シリアで活動している時、「どの時期が好き?」とインタビューしたことがあるのですが、皆が口を揃えて「ラマダンだな!」と言っていて、驚きました。 「しんどそう!厳しい戒律だなぁ」と、修行のように思っていたからです。   ですが、ラマダンは神聖な月で、断食をするのも、「貧しい人も富める人も、等しく空腹を感じることができる」「イフタールでは皆で、有り難さを感じながら、他の人と食事を分け合う」という、一体感や思い遣りを共有する毎日で、まるでお祭りが1ヶ月続いているような印象を僕は受けました。   また「現世で善行を積み重ねて、天国に行く」という善行ポイント「ハサナート」は、ラマダンの時は、ポイント倍増!だそうです。 なのでこの時期、お祈りや喜捨(寄付)なども、熱心になるようです。 また、ラマダン中に、旅や病気などで断食ができなかったときは、別の時期にやっても良いとのこと。 「誠に神は慈悲深い」とは、クルアーンに書かれている言葉ですが、本当にそう思います。     ●旅で見るラマダン   そうなんです。旅中は断食が免除になります。 (とは言え、熱心な人は別の時期にやれなかった分を断食したりするようです) そんな旅をしながらいくつかの国を見て周りました。   UAEでは原則、日中は観光客が多く訪れるような場所であっても、レストランやカフェが閉まります(政府からライセンスを取れば開くことはできる)。 タンザニアの島ザンジバルも、島民がムスリムのため、観光地とはいえ、同様に食事が見えないような配慮をしたり、許可がないとレストランは開けられないそうです。   飛行機で隣に座ったレバノン人が機内食を断っていたり(この時、窓の外は日中でした)、 機内アナウンスで、空港内での飲食に配慮するように注意があったり、という国がある一方で、 トルコのように、国としてはあまり気にしていない所もあります。   僕が隊員時代にいたのは、ムスリムだけが住む、シリアの小さな町でしたが、日中もレストランは普通に開いていました。観光客(僕の町にはほとんどいませんでた)や子ども達は気にせず食べて、大人達はしっかりと断食をしており、お店も午後からは活気を失いますが、イフタールの後に再度店が開き、夜に夏祭りのように活気を取り戻します。   洋服のお店には、ラマダン明けのイード(日本で言う新年のような祝日)に着るための一張羅を求めて、お客さんで盛況でした。 シリアの夏の夜は涼しく、過ごしやすいので、友人や親戚の家を訪れて、談笑する人々がたくさんいて、「どこにいるんだ?」と携帯で呼び出されて、一緒に友人行脚に駆り出されたりもしました。     ● シリアの平和を願って   さて、もうすぐラマダンが明けて、イードです。 隊員時代は、2年連続イードの時は村に居て、僕のシリアの家族と一緒に親戚周りをしました。 あのあったかい時感は、目をつむれば思い出せる大切な思い出です。   いつかまた、僕の家族と、仲間と、あの時間を共にする日を願って、シリアの平和のために、できることを捜し、祈りたいと思います。...

アッサラームアライクム! へむりです。 スタッフとともに発信しております、Piece of Syriaのブログですが、僕も読むのが楽しみです。 僕が初めてシリアに行ったのは、2005年。大学四回生の夏休みでした。 就職活動を終えて、学生生活の最後の夏休み、どこに行こうか悩んでいたのですが、 イギリスに留学していた時のクラスメートにトルコ人の友人がいて、彼らに逢う旅をしよう!と、まずトルコ行きが決定。 地図を見ると、エジプトもまぁまぁ近い。 家にツタンカーメンの分厚い図鑑があるような少年時代を過ごしていたものですから、 「ピラミッドをいつか見たい!」という夢が叶う!とエジプトに行くのも決めました。 で、トルコからエジプトまでの飛行機を調べると割と高かったんです、当時。 それこそ、日本からトルコの片道分と、それほど変わらないくらい。 なので、陸路で行こう!と。 トルコから、シリア、レバノン、ヨルダンを通って、エジプトまで向かおう、と。 とは言っても、イラク戦争が起こったのが2003年ですから、中東のイメージと言えば、「戦争」。 「アンマンから中継です」なんて、イラク戦争を伝えるテレビが言っていた頃です。 (アンマン = ヨルダンの首都) 今思えば、無茶なことをするなぁと思うのですが、周りに中東に行った人がいるわけでもなく、ニュースを見る限り「危険」と思っても仕方ない場所への旅でした。 イスタンブール着、カイロ発の飛行機を取り、1ヶ月かけて陸路で移動する旅が始まります。 グーグルマップで道を調べるだとか、booking.comで予約する、なんてこともしていなかった当時、 「地球の歩き方」の必要なページだけを破って、街をうろちょろしながら、その日の宿や次の目的地までのバスを探して行きました。 今は便利ですが、あの時の「どうなるか分からない」ドキドキは、懐かしいです。どうにもスマホに頼ってしまうので。 トルコから陸路で国境を越えてシリアに入ると、文字がアルファベットからアラビア語に変わり、ほとんど英語も通じなくなりました。 「異国に来た!」という気持ちでワクワクしながら、何とか乗ったバスからの見た車窓の景色は今でも忘れられません。 日が暮れてから着いた世界遺産の街アレッポ。 景色も服装もトルコと違い、商店街に行き交う人たちの活気を、バスの窓から見ていると、「ここを歩くってどんな気持ちなんだろう?」と、まるで現実ではないような、目の前の風景に興奮していました。 バスを降りて、道に迷いながら着いた安宿。 しかし、満室で途方に暮れていると、ホテルのスタッフが「近くに安宿があるから」と案内してくれました。 その宿は、Hotelの表記がなく、スタッフも英語が通じない。そんな宿でしたが、たまたまお客さんにアメリカ留学経験のあるイラク人(イラク戦争の頃なので、「そんなことできるんだ」と驚きました)が通訳をしてくれて、無事に泊まることができました。 国境を越えてから、何も食べてなかったので、荷物を置いて夜のアレッポの街へ。 大丈夫かな?と不安な気持ちもありましたが、拍子抜けするほどの安心感。 人々が笑顔で日常を過ごしています。 安く美味しいフレッシュジュースを飲み、店先でクルクルと回る鳥の丸焼きを食べて、「まるで異世界」と感じていた風景の中に、自分が溶け込んでいく感覚が、すごく不思議でした。 その後、道に迷っては助けてくれて、 トラブルに遭っては助けてくれて、 歩いてたら呼び止められて座らされ、スターのように質問ぜめにあったり、と、 シリアという国のホスピタリティーに、すっかりと魅了されました。 シリアの東の国境を越えると、イラクです。 隣ですから「すぐそば。ほとんど同じ」との認識でしたが、日本以上の治安の良さに驚くほどのシリアの状況がありました。 そして、「この国、好きだなぁ」という印象を持って日本に帰ってきました。 その後、青年海外協力隊として、シリアに行くことになるとは想像もせずに…。 隊員としてシリアで生活したことで、よりシリアのことが好きになっていきましたし、 そのようなシリアを知っているからこそ、今のシリアの状況に対してできることは無いか?と立ち上げたのがPiece of Syriaでした。 困っている人を助けたいのではなく、 身近な友人として、できることを共に考えたい。 そんな気持ちで、皆と一緒に一歩ずつ、これからも活動を作っていきます。 ...

    内戦や過激派組織「イスラム国」の台頭で国外避難しているシリア難民を昨秋から訪ね歩いた大阪府の中野貴行さん(34)が12日、長野市内で講演した。青年海外協力隊として内戦前のシリアに滞在した中野さんは、当時の豊かな街の様子と、瓦礫に埋もれた現在の状況とを映像で紹介。「特別ではない普通の生活をしていた人に起きたこと。現実を知って」と訴えた。   県青年国際交流機構(長野市)の「ワールドスタディカフェ」として開き、60人余が参加。中野さんはシリアについて、内戦前は宗教・民族対立とは無縁の美しい街並みと国民の親切さが印象的だった−と強調。当時住んでいた同国北部の都市には現在、イスラム国が処刑場を作り、市民の自由を奪っているとした。   中野さんは、ヨルダンやギリシャなど8カ国を回ってシリア難民に話を聞き、今月9月に帰国したばかり。「避難した国にずっと住みたいと言う人は一人もいなかった。貧困を背景にした経済難民とは全く違う」と指摘した。   この日はイスラム教徒留学生らを交えたフリートークもあった。    信濃毎日新聞 2016年3月15日   ------------------------------------------------------------------     平和な頃のシリアを知っていると、シリアをめぐる報道は違和感がありました。   そんな中、「本当のシリアの状況を伝える」と銘打ったイベントで、 ジャーナリストが話すと言うことで、大阪のイベントに行ったところ、 その違和感をさらに強めるような内容でした。   複雑なはずのシリアの戦争にも関わらず、 ひとつの勢力だけに加担して、意見を抽出するのはおかしいという思いから、 質疑応答の時に手を挙げて、「僕が住んでいた時の意見と違いすぎる」と話すと、 「君が知っているのは、昔のシリアだ。今のシリアは知らない」と一蹴されました。   「あなたはアラビア語を話せないし、住んでもいないのに、  どうやって”本音”を聞いたって言うんだろう?」   「最近行った」というだけで、 僕が積み重ねてきた2年間は否定されるのだろうか?     それにどうしても納得がいかない僕は、 シリアには入れないにせよ、近くに行って話を聞こうと、 今までやっていた仕事を離れて、ヨルダンから始まり、 トルコ、イラク、ギリシャ、フランス、スウェーデンを周ってきました。   すると、前述のジャーナリストの「取材」が、 いかに一方的で「メディア受け」を狙った商業的なものだったのかを確信できました。   その旅の最中に、「是非、帰国したら話してもらえませんか?」と連絡をいただき、その講演の様子を新聞に取り上げてくださいました。   破壊や悲しみはニュースになり、美しさや本来の姿はニュースになりません。 ニュースでは、わかりやすさが求められますが、 とても複雑なのがシリアの状況です。   これからも、「伝える」ということを活動の一つとして、大切にしていきたいと思います。       ...