メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | イベント
123
archive,category,category-123,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

イベント

いつもお世話になっています、Piece of Syriaの中野貴行です。本日は6月に実施するイベントについてお伝え致します。 ①6月5日(土)19:00〜【参加型ピースコミュケーション】②6月20日(日)19:00〜【シリア最新情報】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━①6月5日(土)19:00〜【参加型ピースコミュケーション】今までのやり方が通用しない時代の「答えのない問い」の考え方━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ​ Piece of Syriaは「課題ではなく魅力を伝える」と言うことを大切にしていますが、戦争よりも平和は伝わりにくい…。その難しさと向かい合いながら活動をしております。 そこで「なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか」の著者・伊藤剛さんと一緒に平和について考える、気付きと発見の参加型オンラインイベントを開催します! 【日時】6月5日(土)19:00〜21:00(開場 18:50)+交流会【申込】 https://peace-ito.peatix.com/    【こんな方にオススメです】・平和教育を担当することがある方・世界が平和になるための視点を学びたい方・変化する時代に対応するために、考える力を身につけたい方     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━②6月20日(日)19:00〜【シリア最新情報】やさしいシリア解説(中級編)シリアに帰った難民の人たちと、2021年のシリアの日常━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 6月20日「世界難民の日」に合わせてイベントを実施いたします。 10年前までは、非常に多くの難民を受け入れていた、豊かな国だったシリアですが、今では世界最大の難民出身国となっており、国内避難民を合わせると人口の半分を超えるほどに。 とはいえ、日々のニュースだけでは最新情報を知ることは難しいのではないでしょうか? そこで、今まで1000名以上の方にシリアについて伝える有料のイベントを実施してきましたPiece of Syriaが、シリア政治専門の青山弘之教授をお招きし、普段ニュースで聞けないシリアの最新情報をお届け致します。 見逃し配信もございますので、当日ご参加できない方も是非お申し込み下さいませ。 【日時】6月20日(日)19:00〜20:30(開場 18:50)【申込】https://syira-news-202105.peatix.com/ 【こんな方にオススメです】・シリアの最新情報をアップデートしたい方・中東、難民、戦争、教育について関心がある方・メディアの国際ニュースに疑問を感じたことがある方・知ることをきっかけに、なにか動きたいと思っている方 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ どちらのイベントも、Piece of Syriaパートナー会員(継続支援)になっていただくと無料で参加できます。 (今後もPiece of Syriaが主催する有料イベントに無料で参加できます) ​ ​ パートナー会員へのご参加はこちからら:https://syncable.biz/campaign/1645          ...

  「シリア、中東地域についてわかりやすい話が聞きたい」「トルコで難民として生活するシリアの人たちの声を聞きたい」「NGOが教育支援ができないはずのトルコで、実施している教育支援を知りたい」「どこからも支援が届かない場所に支援を届ける活動に興味がある」「教育支援・国際協力・社会貢献に関心がある」 そんなあなたに、ぜひ参加していただきたいイベントのお知らせです。 「シリア」と聞くと、「戦争」「怖そう」「難民」というイメージを持たれる方も多いかもしれません。   そんな中、Piece of Syriaでは「シリアをまた行きたい国にする」「課題ではなく魅力を伝える」という想いで、様々なイベントを実施してきました。一方で、どこからも支援が届かない地域に住む、シリア国内の子ども達1000人以上に、教育を届けてきました。 そしてこの度、「どこからも支援が届かない場所」として、今までのシリア国内に加えて、シリアからトルコに逃れて生活する子ども達への教育支援を始めます。イベントでは、Piece of Syria事業の実績やこれから実施することの詳細をお伝えし、プロジェクトだけでなく、教育、治安、コロナなどのトルコの最新情報についても、現地NGOの教育マネージャーのウサマが、トルコから生中継をしてお話をさせて頂きます。また、イベント終了後は交流会も企画しております。私たちができることに気づき、未来への勇気、明日の元気がもらえるオンラインイベント!スタッフ一同、皆様とお会いできることを楽しみにしております。▼今までのイベントへのご参加者様の声・20代「シリアの難民への教育支援について勉強になりました」・40代「子どもたちの生き生きとした表情や、ウサマさんたちの熱意をみて、これを大切にしていかなければならないなと思いました。自分自身も、日本の国も、彼らの感謝の気持ちに恥じない未来にしていきたいです。」・40代「ウサマさんのお話を生で聴けたり、子どもたちや先生のメッセージを聴くことができてよかったです。 教育支援は未来を創る支援なのだと思えたし、子どもたちや先生やそのご家族の支援にとどまらず、幼稚園や小学校に子どもたちを通わせたくても通わせられなかった親御さんたちも支えられる支援なのではないかと感じました。」・60代「子どもたちの様子や支援の成果が分かってとても良かったと思います。特に日本人の支援のやり方が評価され喜ばれていることは嬉しいことで、Piece of Syria 関係者の皆さんの貢献に感謝したいと思います」【日時】5月9日(日)19:00〜20:30(+交流会)【参加費】無料【お申込】 https://turkey-pos.peatix.com/ 【イベント内容】・Piece of Syriaの団体紹介・トルコ・シリアの概要・トルコでの教育事業について・トルコにおけるシリア難民の今について・私たち一人ひとりができること・パートナー会員募集キャンペーンのお知らせ 【パートナー会員募集キャンペーンのご案内】2021年5月9日(日)より、月額1000円よりご支援いただけるパートナー会員の募集をスタートします!約1ヶ月で150名の一緒に未来を創る仲間を募集するキャンペーンです。下記の寄付ページを是非ご確認くださいませ。 https://syncable.biz/campaign/1645 ...

アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。週末の4月24・25日に実施される、協力隊祭りのご案内をさせていただきます。(Piece of Syriaは参加しないのですが、シリアに関心がある方に是非お勧めしたイベントなので!) 【スケジュール】4月24日(土) 11:00~11:15 OV会の紹介と今日のプログラム 11:15~11:45 JICAボランティア体験から見たシリアとシリア人11:45~12:00 留学生のシリアに関するクイズに挑戦 12:00~12:30 シリア写真展        (撮影者&シリア人留学生の解説付き) 12:30~13:00 アレッポ石鹸を通してシリアを学ぶ (13:00〜14:00 写真展示) 14:00~14:30 カリグラフィー① (留学生がお名前をアラビア語で書きます) 14:30~15:00 シリアの料理番組 (実際に作っている映像と解説付き)    4月25日(日) 11:00~11:15 OV会の紹介と今日のプログラム 11:15~11:45 関西地区でのシリア支援活動ご紹介 11:45~12:30 東京外国語大学 青山弘之教授の講演ビデオ        「シリアの現在、過去、未来」 12:30~13:00 カリグラフィー② (留学生がお名前をアラビア語で書きます) (13:00〜14:00 写真展示) 14:00~14:30 留学生との触れ合いの場 (シリア人留学生と日本語でおしゃべり) 14:30〜15:00 シリアに心を寄せる友好団体ご紹介   是非、ご参加下さいませ!https://www.jocv-fes.net/   また毎週木曜日の夜21時から実施している「木曜サマル〜シリアの思い出を肴に語らう夜」という企画が始まります。サマルとは「日が暮れた後、夜更かしをして、友達を過ごす時間」というアラビア語。前回は10名近くで夜11時までワイワイしていました(好きな時間に退出可能です!) #木曜サマルご参加ありがとうございました!今回は「第一回」ということで、説明をさせていただく回でしたが、次回からは「シリアの思い出を語る」通常回に戻ります。※サマル=「日がくれた後、夜更かしして、友達と楽しく過ごす」という意味のアラビア語。 https://t.co/nybOWUyTud— Piece of Syria (@piece_of_syria) April 16, 2021 「宗教や音楽の話をしてもらえるゲストを呼べないかな?」「シリアや中東でも人気の『キャプテン翼』などのアニメや漫画を元にした話は?」「ジブリ映画の『八百万の神様』や『紅の豚』って、イスラム圏ではどう思われてるの?」といった話題が続々と・・・。次回も楽しみです!(へむり)— Piece of Syria (@piece_of_syria) April 16,...

こんにちは!Piece of Syriaの中野貴行です。 Piece of Syriaは、「サービスグラント」という団体を通じて、プロボノで6名の方に伴走して頂きました。 最終報告をいただいた時に、「すごすぎる!!!」と本当に言葉にならない衝撃をスタッフ全員が受けました。「これだけのことをして頂いたのだから、私たちも、もっと頑張らないと!」と引き締まる想いでした。 サービスグラントさんで紹介いただいた活動報告はこちら 「サービスグラント」というサービスを使って、6名の方に関わってくださったのが最初なのですが、実はそこだけではなく、終了後も様々な形で皆さんからサポートをいただいています。Kevinさんから高度なExcelの使い方を教えて頂いたり(整理にめちゃくちゃ助かっています!)、ヨネさんが、今やろうとしている情報整理の自動化について、コーディングについてのサポートの打ち合わせに参加して頂いたり、りえさんと、Piece of Syriaがこれからやろうとしている企画についての相談にのって頂いたり。 りえさんが描いて下さいました!    …だけにとどまらず、シリアに行ったことがある、うらさんとようこさんには、イベントに登壇までして頂くという…! ようこさん「なぜ旅をするのか?シリアが自分に与えた影響」   うらさん「20年前の旅を振り返る 〜ひとりではなかった一人旅〜」   本当に多くの人たちに支えられながら、毎日一歩ずつ進んでおります。Piece of Syriaという名前に込めた想い。「一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、 パズルのPieceのように、力を合わせることで、Peaceを実現していく」 まだまだこれからではありますが、その名前に込めた思いのように力を合わせていきたいと思いますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━イベントご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ●2月23日(火・祝)17時〜 「人生の選択は世界の中にある」【申込】https://note.com/hemuri/n/n83194aa70a6c ●2月27日(土)14時〜シリア和平ネットワーク公開シンポジウム「10年経って何ができるか、何をすべきか:シリアの現在、過去、未来」【申込】https://piece-of-syria.org/archives/19294 https://piece-of-syria.org/archives/19294   ●2月30日(日)朝10時〜 「大阪在住シリア人先生が語る!ここが面白い日本の教育」(仮) 【申込】不要。Piece of SyriaのFacebookページでお時間から始まります。 ●3月14日(日)19時〜・3月24日(水)20時〜Piece of Syria活動報告会「あなたが届けた希望」【申込】https://pos-2020.peatix.com  https://piece-of-syria.org/archives/19289 ...

  日頃からご支援を届けてくださり、ありがとうございます。 Piece of Syriaは2016年から、他から支援が届いていないシリア国内の幼稚園・小学校が継続できるための教育支援の活動を実施しております。   2020年は、コロナ禍の中、例年の2倍近い寄付にご協力していただき、シリアの子ども達、約400人に教育を届けることができました。(「コロナでも支援を止めない。シリアの未来を担う子ども達に教育を」)   皆さんのご協力のもとに実施したシリア国内への教育支援の成果について現地パートナーNGO代表ウサマが、トルコから報告をさせていただきます。 皆さんが居なければ、届けられなかった未来がありました。そして、皆さんが居たからこそ、叶えられる夢が生まれています。本当にありがとうございます。 プロジェクトだけでなく、教育、治安、コロナなどのシリアの最新情報やトルコで実施している教育支援についてもお伝えさせていただきます。  【日時】①3月14日(日)19:00〜20:30②3月24日(水)20:00〜21:30【参加費】無料 【申込】 https://pos-2020.peatix.com 【イベント内容】● Piece of Syria代表・中野貴行から団体紹介・現在の取り組み● 現地パートナーUsamaから現地活動の成果報告(英語・逐次通訳あり)● Usamaへの質疑応答● スタッフから感謝のメッセージ 【登壇者】● Usama Ajjan(Piece of Syria現地パートナー) 元英語教師で、アレッポ大学 英語学科卒業。在学中、日本語を学ぶ。卒業後、小中高それぞれの学校で英語教師として働く。現在はトルコに住みながらシリア国内の教育支援を行なう。大きな支援もなく、時に私財を投げ打って活動する姿に感銘を受けたPiece of Syriaと、協力関係を結ぶ。トルコにて、Education Without Borderのスタッフも兼務しており、同団体にてトルコのシリア難民向けの補習校も支援を担当している。 ● 中野 貴行(シリア支援団体Piece of Syria代表) 青年海外協力隊としてシリアの田舎で生活し、難民となったシリア人の話を聞くために中東・欧州を10か国を訪れた唯一の日本人。2016年にPiece of Syriaを立ち上げて、シリアの国内の教育支援を行いながら、小学生から社会人まで幅広く「シリアの今と昔」を伝える。大学時代にバックパッカーとして中東一人旅、日本企業のUAE駐在員、シリア難民支援NGOのトルコ駐在員など、中東に深く関わる。Twitter: @hemuri_Instagram:@hemuri.syria.love/●シリア支援団体 Piece of Syria「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。★Facebook:  https://www.facebook.com/piece.of.syria/★Instagram: @piece.of.syria★Twitter: @piece_of_syria★Youtube: https://www.youtube.com/c/PieceofSyria 【昨年までの実績や活動の経緯について】 ※私たちの団体は、人道的立場から、どこからも支援がない場所に教育を届ける、という想いで活動をしております。政治的な立場についての発信は行なっておりませんので、イベント内で質問があった場合もお答えできかねます。ご了承のほど、何卒お願いいたします。シリアの戦争についての経緯や今の状況についてご関心がある方は、下記Youtubeや2月27日のイベントをご参照くださいませ。【シリアの歴史的・政治的な内容について】    【申し込み】https://syriapeacenet.themedia.jp/posts/13719089?categoryIds=540593 ...

   Piece of Syriaも参加しているシリア和平ネットワークと、明治学院大学国際平和研究所が、シンポジウムを共催いたします。     パネルディスカッション内で、Piece of Syria代表の中野も登壇いたします。 シリアの戦争が始まったとされる2011年3月から10年。 この10年の中で起こった出来事と、今のシリア、そしてこれから私たちができることについて、皆さんと共に考える時間を共にできればと思います。       【申込み・詳細】https://syriapeacenet.themedia.jp/posts/13719089/      ...

本当に多くの方にご参加いただいた「お家からシリアを学ぶ オンラインスタディツアー」ですが、9月30日(水)23:55までのチケット販売となります! 買い忘れがございませんよう、お気をつけ下さいませ! ✈︎✈︎✈︎全10回のオンラインのシリアツアーはこちらから!✈︎✈︎✈︎  https://minogashi-syria-tour2020.peatix.com/ ✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎ https://minogashi-syria-tour2020.peatix.com/ ...

一緒にシリアの子ども達に希望を届けませんか? シリア支援団体Piece of Syriaでは、 他から支援が届かない地域に住むシリアの子ども達に 教育を届けるプロジェクトを実施しています。 しかし、私たちの団体では、シリアの悲しい写真ではなく、 シリアの人たち、歴史、文化の持つ魅力をお伝えすることを大切にしています。 PoS代表 中野貴行が語る、そこに込められた想いとは? そして、今実施中のクラウドファンディングではどんな支援を行なうのか? 私たちにできることってあるのか? 聞き手役として、特別出演していただくのは、中野の奥様でもあり、 青年海外協力隊やJICAでアフリカの教育支援に携わる中野麻衣さん。 活動を身近で見てきた麻衣さんからのコメントも楽しみにしながら、 シリアの今と昔、そして未来について、考えていきましょう! 1.Piece of Syriaについて 2.シリアってどんな国? 3.戦争で何が変わった? 4.クラウドファンディングに参加すればどうなる? 【こんな方は、是非ご参加ください!】 ●シリアについて関心がある方 ●いつかシリアに行きたいと思っている方 ●国際協力、海外でのボランティアや仕事に興味がある方 ●「私たちにできること」について一緒に考えたい方 ●シリアについて、全然知らない方も大歓迎です! 【日時】9月27日(日)20:00-21:00 【場所】Zoom / Facebook Live 【Zoom申込】https://pos2020-9.peatix.com/ ・Zoomでご参加の方は、21時以降のオンライン交流会にもご参加いただけます。 ・質問はZoomのチャット欄を優先的に回答させていただきます。 ・Facebook LiveはPiece of Syriaのページより行ないます。 ・後日、Youtubeにて、見逃し配信を行ないます。 ● 中野 貴行(シリア支援団体Piece of Syria代表) 青年海外協力隊としてシリアの田舎で生活し、難民となったシリア人の話を聞くために中東・欧州を10か国を訪れた唯一の日本人。2016年にPiece of Syriaを立ち上げて、シリアの国内の教育支援を行いながら、小学生から社会人まで幅広く「シリアの今と昔」を伝える。大学時代にバックパッカーとして中東一人旅、日本企業のUAE駐在員、シリア難民支援NGOのトルコ駐在員など、中東に深く関わる。 Twitter: @hemuri_ Instagram:@hemuri.syria.love/ ● 中野 麻衣(特別出演) 高校生から憧れたアフリカの地(ケニアのマサイ族が暮らす村)にてフィールド調査を行い、修士号を取得。2014年から2年間ガーナで青年海外協力隊として二輪車を乗り回しながら小学校でICT教育を実践し、ホームステイ中の家族のもとでガーナ人の暮らしにどっぷり浸かる。2017年より3年間JICA本部にて教育プロジェクト(ケニア、エジプト、TICADなど)を担当する。現在は、JICAのプロジェクト専門家としてケニアへ派遣されるのを夫と狭い東京で、うずうず待っている。国際協力女子のキャリア形成に常に悩める30代。 ●金澤 鮎香(Piece of Syria ファンドレイジング担当) Piece of Syria ボランティアスタッフ。社会人の傍らトルコ紹介屋さんとして活動。 会社を辞めてトルコを放浪していた時に、へむりさんと出会いトルコに住むシリア難民の補習校などを訪問。現在はフェアトレードのセレクトショップで働きながら絶賛人生模索中。 ●シリア支援団体 Piece of Syria 「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。 紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。 ━━━━━━━◆プロジェクト概要◆━━━━ 『コロナでも支援を止めない。シリアの未来を担う子ども達に教育を』 URL:https://readyfor.jp/projects/pos2020 目標金額:300万円 公開期間:2020年10月30日(金)23:00まで 資金使途:17人分の先生の1年分の給与、教室・図書館の増設:約30万円 (目標を超えた分は、同じ学校の越冬支援・光熱費として使わせていただきます) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ...

シリアでなぜ戦争が起きたのか? そして、なぜ終わらないのか? シリア政治専門家・青山先生と朝日新聞・春日さんに、 「アラブの春」の経緯、帰還する難民、コロナなど 歴史から最新情報まで網羅してご解説いただきます! どなたでも満足いただける内容となっていますので、お楽しみに! 【日時】8月28日(金)20:00〜21:30 【場所】Zoom (開始1時間前に視聴用のURLをお送りします) 【申込】https://syria-tour2020.peatix.com/ 【参加費】500円(見逃し配信付き) 【ゲスト】 ●青山弘之さん/シリア政治専門 1968年東京生まれ。東京外国語大学教授。東京外国語大学卒。一橋大学大学院修了。1995~97年、99~2001年までシリアのダマスカス・フランス・アラブ研究所(IFPO、旧IFEAD)に所属。JETROアジア経済研究所研究員(1997~2008年)を経て現職。専門は現代東アラブ地域の政治、思想、歴史。編著書に『シリア情勢:終わらない人道危機(岩波新書)』(岩波書店、2017年)、『「アラブの心臓」に何が起きているのか:現代中東の実像』(岩波書店、2014年)などがある。ウェブサイト「シリア・アラブの春顛末記」を運営。 ●春日芳晃(かすが・よしあき)さん/ 朝日新聞国際報道部次長 1997年に朝日新聞入社。社会部記者、カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズムスクール客員研究員(2006~ 2007年)を経て、2011年から2014年までニューヨーク特派員として国連を担当。2014年から2017年までイスタンブール支局長としてシリア内戦や中東報道を担当した。2012年から2017年にかけて、計9回、約90日にわたってシリアに入り、アレッポや首都ダマスカスなどで内戦下の市民生活を取材した。2017年4月から現職。 出演者の紹介はこちら→https://note.com/syria_tour       ...

  【あなたの日曜の朝を彩る30分。9月はシリアの思い出と一緒に。】   これまでのSunday Morning Talkが、パワーアップして再登場!シリアにゆかりのある人たちが、かつて過ごしたシリアの思い出を語りながら、バトンを繋ぎます。    朝のコーヒーを淹れながら、洗濯物を干しながら。日曜の朝を豊かに過ごす30分をお届けします。   【日時】毎週日曜日の朝10:00〜10:30【申込】不要【参加費】無料 【視聴方法】毎週日曜日の朝10時からPiece of SyriaのFacebookページからライブ配信をします。Facebookページのフォローをお願い致します。イベント開催時間になると、LIVE配信が表示されます。(イベント終了後、オンライン交流会を実施します。詳しくは当日に!) 【登壇者】●毎週登場:ファシリテーター/中野貴行 (へむり)Piece of Syria代表。青年海外協力隊として、2008-10年、シリア北部のマンベジで活動。結婚式やお葬式、ラマダンやイードなど現地の人たちと生活を共にしていた。当時の友人達と2016年にレバノンで再会したり、トルコでシリアの人たちと仕事をするなど、今もシリアの人たちとの交流を続ける。     ●9/6 【武田 祐輔さん】〜バレーボール隊員が見たシリアの青春・スポーツ事情!20年前のなつかしの思い出を振り返る〜 Piece of Syria副代表。青年海外協力隊として2000年から2002年まで首都ダマスカスにてバレーボールの普及活動を行う。帰国後デザイナーに。Piece of Syria設立当初から運営に携わり、現在はデザイン会社を経営する傍ら、Piece of Syriaの副代表として活動を続けている。1児の父。      ●9/13【大橋 さえ子さん】〜人口の約1割はキリスト教徒!首都ダマスカス、旧市街のクリスチャン地区に下宿していた時の経験をご紹介!〜 遺跡&歴史&写真好き。元はただの旅好き。体力のある若いうちに欧米以外を旅行しておこう!と中東に行ってみた結果ドはまりして今に至る。勢いあまって大学院に進学、博士課程修了。今は知りたがりを活かしてリサーチ業務に携わっている。     ●9/20【小林 ますみさん】〜日本語教師として過ごしたシリア。言葉が繋げてくれた出会いと魅力を語りたい!〜 横浜で外国人に日本語を教えています。異文化、言語、新しいことが好き。初めて日本語教師として派遣されて2年間過ごしたシリアが大好きで、現在もJICAシリアOV会のメンバーとして日本在住のシリア人の皆さんとの交流活動に参加しています。     ●9/27【千葉 玲子さん】〜古代から続く風景、古代から続く暮らし。そんな歴史と共にあるシリアとワタシ〜 整体師兼趣味の朗読家。昭和な少女漫画『王家の紋章』に出会って以来、アラブに恋して40年。人生初念願の中東旅行で訪れたシリアに一目ぼれ、「住むならここ!」と暮らしに行く。今現在は、整体に中世イスラームの民間療法を取り入れるべく、また朗読でアラブやイスラームの物語を発信すべく試行錯誤中。いつか『活劇 ムハンマドの物語』を演るのが夢。生活に、もっとアラブを!それが理想です。     https://piece-of-syria.org/event ...