メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | シリアに住んだ記録を残すのは何のため?
18785
post-template-default,single,single-post,postid-18785,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

シリアに住んだ記録を残すのは何のため?

シリアに住んだ記録を残すのは何のため?

 
 
アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。
 
 
今日はオンラインのトークイベントに参加してきました。(聴く側です!)
 
 
実際に、集まってのイベントがしばらくできない状況が続くだろうという中で、
私たちも主催したいという思いから、
興味があるオンラインのイベントに参加してきました。

 

【緊急企画】アフリカトークリレー開催!-8名の講師たちと空間を超えて-


 
 
本当に為になるお話がいっぱいだったのですが、
その中でも印象的だったのが、トーク内で紹介されていた、このやりとりでした。


 
 
僕も青年海外協力隊時代に書いたものを記事に残しています。
(売れた記事はシリア支援のために使わせていただきます)
 

 
 
また、協力隊時代のシリアの写真とエピソードをインスタグラムにて投稿中です。
 


 
 
Piece of SyriaのSNSは、フォロワーが多いわけではありませんが、
記録を、発信を続ける、という意味を感じさせていただきました。
 
2008年〜10年のシリアの記録を残しながら、シリアの魅力を伝え続け
「シリアを行きたい国に」していきたい。
 
そして、いつか平和になったシリアに、皆さんと一緒に行ける日が来ることを目指しています。

 
 

 

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください