メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | Wedding Donation 〜結婚パーティーに参加すると、シリアに教育が届く〜
18638
post-template-default,single,single-post,postid-18638,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

Wedding Donation 〜結婚パーティーに参加すると、シリアに教育が届く〜

Wedding Donation 〜結婚パーティーに参加すると、シリアに教育が届く〜

 
 

アッサラームアライクム!
Piece of Syriaの中野貴行です。 

 

今日は私たちの活動を応援する一つの「Wedding Donation」をご紹介させていただきます。
結婚パーティーの引き出物を支援する、という試みです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パーティー参加者からの声
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

僕は、2018年に結婚パーティーを開いたのですが、
パーティーの参加費の中の一部を、
Piece of Syriaが支援する幼稚園の運営費として寄付しました。
 
パーティーにみんなが参加してくれたおかげで、
シリアの子ども達が教育を受けることができたんです!
 
参加してくれた友人たちにお渡しする「プチギフト」にはポストカードを手渡しました。
 
 

 
 
カードに書かれたQRコードを読むと、動画に飛び、
僕たち夫婦、現地パートナーNGOのウサマさん、
そしてシリアの先生と子ども達からのメッセージムービーが流れる、という仕組みです。
 

ムービーの一部です
 
 
結婚パーティーをする僕らと、祝福してくれる友人達の幸せを、
シリアの子ども達にも、先生達にも、おすそ分けできたらいいなぁ、という想いで、
妻と相談して、実施しました。
 
 
すると、「一緒にHappyを届ける」という贈り物に、
結婚パーティーに参加してくれた友人からこんな感想が届きました。
 

「今までずっと、こうした活動に参加できないことが情けなくて、悔しかったんです。
今回、ずっとやりたかったことに参加させていただけて嬉しかったです!」

 

 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お金で幸せは買えるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
こうしたことをやろうと思ったきっかけは、
トルコ人の夫婦が、結婚式の食事を難民キャンプの人たちとシェアをする、というニュースでした。
 
 

結婚式の予算でシリア難民の子どもたちをお腹いっぱいに トルコ人の新郎新婦が話題 – Peachy – ライブドアニュース

結婚式という自分たちにとって人生で最も特別な日に、他人に尽くすことを選んだトルコ人カップルが海外で話題になっています。


 
記事にはこう書かれています。
 

他人を幸せにすることで自分たちが幸せになる

このアイディアを思いついたのは新郎の父親でした。
トルコの伝統的な結婚式は、豪勢な宴会を楽しむ前夜祭と次の日の披露宴とで2日かけて行います。

しかし、彼はこの方法はふさわしくないと考え、食事をシリア難民に提供するアイディアを思いついたんだそう。

「家族や友人たちが大量の豪華なディナーをシェアすることは必要ではない。
すぐ隣の国に、数多くの食料を必要としている人々がいる。
このアイディアをすぐに受け入れ、エスラさんとともに利己主義ではない行動をした息子を持てて幸せに思う」

 
 
Wedding Donationからしばらく経ってからですが、
マイケル・ノートンのTEDのスピーチを聞きました。
 

Michael Norton: マイケル・ノートン: 幸せを買う方法

TEDxケンブリッジにおいて、幸せはお金で買うことができるという興味深い研究についてマイケル・ノートンが話します。その方法とは自分以外のためにお金を使うことなのです。様々な向社会的なお金の使い方があなたや、あなたの仕事、そして(もちろん)他の人に恩恵をもたらすという驚きのデータをお聞き下さい。


 
 
彼が調べたデータによると、
「世界中のほとんどの国で、慈善活動に寄付行為をする人たちのほうがしない人たちより幸福度が高かった」んだそうです。
 
 
トルコの新郎の父が話していた「他人を幸せにすることで自分たちが幸せになる」と話していた内容とまさに一致するような話です。
 

紛争と制裁に苦しむシリアの若者だからこそできる新型コロナ感染予防のためのボランティア活動(青山弘之) – Yahoo!ニュース

新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、外出・移動制限を強化されるシリアで、住民、とりわけ高齢者に生活必需品を配送する試みが、若者のイニシアチブのもとで行われている。


 


 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Piece of Syriaのきっかけになった少女
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Piece of Syriaのきっかけになった当時12歳のシリア人の女の子は、
僕に、こんなことを教えてくれました。
 

「私の夢はお金持ちになること。
 お金ってね、天国に持っていけないの。
 
 だから、生きている間に使うのが大事。
 私は、子ども達が夢を叶える学校を作りたい。
 そこで育った子ども達が、私みたいになりたいって言って、
 夢を叶える学校を、他にも作っていくような、そんな学校。
 
 そのためにお金が要るの。
 だから、お医者さんを目指してるんだ」

 
そして、その夢が持てるようになったのは、僕のおかげだよ、と。
 
 

「言ってはいけない」とシリアの女の子に教えてもらったこと

Piece of Syriaには、きっかけになったシリアの女の子が「あなたが居たから夢が持てた」と僕に言いました


 
 
2010年3月。僕は任期を終え、シリアを離れました。
そして翌年から、シリアで戦争が始まりました。
 
やがて、彼女の住んでいた町がイスラム国に占領され、画像検索をすると処刑場が出ました。
 
彼女の安否が気になりましたが、情報を得る手段がありません。
その中で、僕はPiece of Syriaを始めました。
 
「子ども達の夢を応援する、という彼女の夢の続きを、僕が叶えよう。
いつか彼女に再会し、伝えたい。『あなたのおかげで夢が持てた』って」
 
 

 
そして初めてのクラウドファディングを立ち上げると、すぐFacebookでシリア人から連絡がきました。
なんと、少女の親戚である、僕の友人でした。
 
 
「覚えてる?元気?」と。
 
元気かどうかはこちらのセリフだ!!と思いながら、彼女の安否も聞くと無事だと分かりました。
その後、彼女の弟がいるレバノンにも行きました。
 
 
しばらくすると、弟から彼女が結婚し、子どもが生まれたことも教えてもらいました。
 
 
まだシリアに行けていませんが、
シリアに行けるようになった時に、会いに行きたいって思っています。
 
 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Wedding Donationをしたいと思ったら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
是非、ご一報くださいませ。
一緒に色々と考えていきましょう!
 
 

お問い合わせ

詳しくは投稿をご覧ください。


 
 

 

 

 

 
 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください