メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 「言ってはいけない」とシリアの女の子に教えてもらったこと
18573
post-template-default,single,single-post,postid-18573,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

「言ってはいけない」とシリアの女の子に教えてもらったこと

「言ってはいけない」とシリアの女の子に教えてもらったこと

 
アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野 貴行です。
Piece of Syriaには、きっかけになったシリアの女の子がいます。
 
 

━━━━━━━━━━━━━━
あなたが居たから夢が持てた
━━━━━━━━━━━━━━

 
青年海外協力隊として活動していたシリア北部。
活動先の、ある村に住んでいた当時12歳の少女は、いつも僕の活動を手伝ってくれていました。
 
彼女は僕に「子ども達の夢を叶える学校を作るのが私の夢なの。
だから、今、一生懸命勉強をして、お医者さんを目指しているの」と語ってくれました。
 
 
飛び級するほどに勉強をしていた彼女が語る夢に、素直に感動して、
「すごい!いい夢やね!キミならできるよ!」って伝えました。
 
ですが、その僕に「あなたがいたからよ」と彼女は言うのです。
 
「大人達は、そんなことできっこないって言う。夢なんて叶わない、って。

でも、あなたは、私ならできるよって言ってくれるでしょ?
だから私は夢を持つことができたの」と言ってくれました。
 
 
僕は「夢を叶える大人でありたい。
夢を追いかけていいって、子ども達に伝える大人でありたい」と思いました。
 
 

一緒に健康に関するポスターを作りました
 
 
 
Piece of Syriaの活動は、子ども達の夢を叶える学校を作り、夢を応援することです。
 
その原点にあるのは、いつか大きくなった村の少女に再会し
「今、子ども達の夢を叶える学校を作ってるよ。あなたのおかげで、僕は夢が持てたんだ」と感謝を伝えたい!という想いです。
 
そして、ご寄付やボランティアで協力してくださっている皆さんと、
「あなたのおかげで夢が持てた」という「あなた」となる経験を共有したいと願い、活動しています。
 
 

 
 
 

━━━━━━━━━━━
言ってはいけない言葉
━━━━━━━━━━━

 
その少女に、ある日、僕は怒られたことがあります。
「そんなこと、言っちゃダメ」と。
 
慣れないアラビア語の生活は大変で、
毎日のように、会話の中で新しい単語と出会います。
覚えた!と思っても、次の日には忘れたりします。
 
村に行くたびに、その子は僕に合わせたアラビア語の語彙を使ってくれて、
難しい単語を教えてくれたりしました。
 
日本語も積極的に覚えようとしてくれて、理由を尋ねると
「あなたがこの村に来た時に、リラックスできるようによ!」と
めちゃくちゃ嬉しいことを言ってくれます。
 
 

 
 
その日々の中、自分の記憶力に嫌気がさして、
「頭が悪いからなぁ。僕は全然ダメだ」って呟いたんです。
 
するとその子はたしなめるように、僕にこう言いました。
 

「ダメだよ。そんなことを言っちゃ!
言葉には力があるの。あなたはとてもスゴイ人よ。
でも『ダメな人』なんて言ってたら、本当にダメな人になっちゃうわ。
自分を信じてあげて。そして、私はあなたがすごいって知ってるよ」

 
 

かわいそうだから、じゃなく
シリアの人たちが素敵だから。
 
 
そんな想いを活動の軸にしているのは、
僕が出逢った、そうしたシリアの人たちがいるからです。
 
 

私たちについて

詳しくは投稿をご覧ください。

 
 

 
 

 
 


 
 
 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください