メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 「これは何のパーティー?」…その答えが衝撃でした
18538
post-template-default,single,single-post,postid-18538,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

「これは何のパーティー?」…その答えが衝撃でした

「これは何のパーティー?」…その答えが衝撃でした

 
 
アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。
青年海外協力隊としてシリアにいる時、色んなパーティーに呼ばれました。
 
 
結婚式に友人に連れて行ってもらうだけでなく
花嫁花婿を知らないままに行って、「初めまして」と挨拶をして、
食事をご馳走になって、他の参加者と一緒に「ダブケ」という踊りを踊る、
なんてのもしょっちゅうでした。
 
 

仕事仲間に連れられて参加した結婚パーティー
 
 

遺跡に行ったら、ちょうど結婚パーティーの一団がいて、逆に僕らが写真に撮られた
 
 

たまたま訪れた村で「今日は結婚式があるから泊まっていけ!」と言われて紛れ込んだ

 
 

ダブケは手を繋いで円形になって、
肩や足のステップを音楽のリズムに合わせる踊りです。

ダブケの様子はこの動画をどうぞ!

 
 
ある日、いつものように友人に連れられて、誰かの家に行きました。
リビングでのお茶会かと思いきや、室内でダンスが始まりました。
 
 
太鼓と手拍子に合わせてクルクル回るお兄ちゃん。
 


 
 
 
 
「これは何のパーティー?」と尋ねた、答えが衝撃でした。
 
 
 
 
「”交通事故に遭ったけど、死ななかったから良かったね”パーティーだよ」
 
 
 
 
え・・・・?
 
 
 
 
そっち!?
 
 
 
 

 
 
 
 
「世界は『何が起きたか』ではなく『起きた出来事をどう捉えるかだ』」
 
 
 
 
…という教訓で収まるかどうかはわかりませんが、とにかくビックリしました。
 
 
思いやりもそうですが、シリアの人たちに沢山のことを教えてもらっています。
その恩返しになるように、少しずつですが活動をしっかりと続けていきます。
 
 
 

 
 


 
 

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください