メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | シリアのマテ茶の思い出
18521
post-template-default,single,single-post,postid-18521,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

シリアのマテ茶の思い出

シリアのマテ茶の思い出

 
 
アッサラームアライクム!
Piece of Syriaの中野貴行です。
 
 
シリアでよく飲まれるのは「アラビックコーヒー」と「紅茶」ですが、
「ズフラート(ハーブティー)」と「マテ茶」もよく飲まれていました。

 
マテ茶は南米の飲み物ですが、
移民として南米に渡ったシリア人がシリアに持ち帰ったそうです。
 

金属製のストローの先端に穴が開いていて、茶葉が入らないようにしている
 
 
僕が初めてシリアを訪れたのは大学生の時。
「地球の歩き方」を片手に、トルコからヨルダンまで南下していました。
 
立ち寄った町で、次の目的に向かうバスを探して、バス停の中を歩いていると、
「ちょっとこっちにおいで」と、ごついおじさんに声をかけられました。
 
ちょっとビクッとしたのですが、
「次のバスまで時間があるだろう?お茶でも飲んでいきな」と
優しい笑顔で話しかけてくれました。
 
どうやらお茶やコーヒーを売っているお店みたいです。
 
 
談笑したのち、バスが来たのでお茶の料金を払おうとしたら、
驚いた顔で「君は俺たちのゲストだ!お金なんてもらえないよ!!」と言い、
「気をつけて!良い旅を!!」と笑顔で見送ってくれました。
 

 
 
実は、それがマテ茶だと知ったのは、
その後、協力隊としてシリアにまた戻った時でした。
(マテ茶がペットボトルになって売られるのは、更に最近の話です)
 

 「なんていうお茶だろう?」と思いながら飲んでました(笑)
 
 
数年前、UAEで働いている時にシリアの人が経営するお店を発見しました。
そこにマテ茶も!!嬉しくなり、お土産にコップとストローも買って帰りました。
 

 
 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください