メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 難民受け入れ国だったシリア
18508
post-template-default,single,single-post,postid-18508,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

難民受け入れ国だったシリア

難民受け入れ国だったシリア

 
 
こんにちは!Piece of Syriaの中野貴行です。
 

「シリア」と聞くと、今や「難民」のイメージを強く持たれる方が多くいらっしゃると思います。

実際、この数年のデータで、世界で最も多く難民を輩出している国はシリアです。
 

The Top Origin Countries For Refugees In 2018
 
 
しかし、元々シリアは難民を非常に多く受け入れてきた国でした。

 

●アルメニア人

 
1915年、オスマン帝国軍によって、アルメニア人の大虐殺事件があり、
80~150万人が犠牲になったと言われています。
 
その当時、およそ25万人にのぼるアルメニア人が難民となってシリアに逃れてきて、
シリアの人々は彼らを温かく迎えたそうです。
(参照:国枝昌樹「テレビ・新聞が決して報道しないシリアの真実」)
 
 
アレッポ市には「アルメニア人地区」があり、
僕が協力隊の時にベーコンを買いに行ったのが鮮明に覚えています。
(アルメニア人の多数がキリスト教徒)
 

モスクの前に教会、というのもよく見た風景でした
 
 

●パレスチナ人

 
世界大戦後、イスラエルの建国に伴って、パレスチナに住んでいたアラブ人が土地を奪われました。
その後、シリアには50万人近いパレスチナ人が移り住みました
 
UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)がシリアにもあり、
僕が協力隊で派遣時には、UNRWAの学校で、
非常に多くの隊員が体育や音楽の教師をして活動していました。
 

JICAとUNRWAが行った音楽コンサート(2009年)
 
 

●イラク人

 
2003年から始まったイラク戦争で、国境を越えシリアに逃れた難民数は約140万~150万人と言われます(参照)。
 
僕がシリアで退院をしている際には、お金持ちのイラク人がやってきたために、
ダマスカスの家賃が上がった、という噂も聞きました。
 
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/6286129.stm
 
 
 

また、世界大戦の際には、ナチスから逃れてきた30万人ものポーランド人を受け入れてきた、という記事もあります。

Syria hosted European refugees during World War II

By Selen Temizer and Sena Guler It is a long-forgotten fact that some Middle East nations, including now war-torn Syria, hosted European refugees during the second World War. Civilians from Eastern Europe and the Balkans migrated to the Middle East crossing the Mediterranean Sea and Turkey to escape the Nazi and Soviet occupation during the harshest period of the war.


 
  
 
シリアは「宗教的少数派の坩堝(るつぼ)」だと言われます。
(参照:ジャニーン・ディ・ジョヴァンニ「シリアからの叫び」)
 
僕自身も、戦争前のシリアに暮らし、そして戦争後もシリアの人たちと仕事をする中で、
宗教・宗派・民族を超えた寛容さを、彼らから感じることは多くあります。
 
そうした土台があるからこそ、シリアに非常に多くの難民が移り住んでいたのではないでしょうか。
 
 

キリスト教とイスラム教の装飾品が並べて売られていた(2005年)
 
しかしながら、「今のシリア」においては、
宗教・宗派・民族を理由にしたグループ分けや迫害がある、というのは否めないように思います。
 
 
「そこに何があったのだろうか?」
 
戦争が始まった「後」だけに目を向けるのではなく、
そうした「変化」に目を向けることが、
戦争を理解するために、平和を実現するために、大切な視点の一つだと信じています。
 
 
 

イベントレポート「戦争の起こる少し前〜シリアで何が起こったか〜」

 
 

【2020年1月活動報告】紛争の前を知るから、戦争が奪ったものがわかる

 
 

 
 
 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください