メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | Blog
122
archive,category,category-blog,category-122,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

Blog

(今回の記事はクラウドファンディングのページから抜粋しました) 一般的なシリア国内の教育の状況について、 トルコからシリア国内向けに支援活動をしている、 シリア人の友人から教えてもらったことをお伝えします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「現在、700万人以上のシリアの子どもたちが戦争の影響を受けています(UNICEF報告書)。 そのうち260万人は、家に閉じこもっているか、海外で難民となっています(Save the Chilrdren報告書「The Cost of War」)。 もともと、シリアの就学率は、15-24歳の年齢で97%でした。 今日、8年間の戦争の結果、シリアは世界で最も低い就学率になった、と言われています。 [caption id="attachment_18082" align="alignnone" width="524"] 2010年、シリアにて。小さな村にも学校はあった[/caption] かつてのシリアでは「当たり前」だった教育。 しかし、紛争地に暮らす子ども達や難民となった子ども達にとっては「贅沢品」です。 子ども達が家族の生活のために、働くことを余儀なくされているからです。 教育への投資は、将来の投資です。 しかし、子ども達の教育の機会を失ったことによって、将来的にGDPの5.4%の損失が推定されています。 教育が大事なのは、子ども達だけでなく、シリアとその周辺の経済成長と安定性を変えることができるからです。 [caption id="attachment_18083" align="alignnone" width="524"] 皆さんと共にサポートしているシリアの幼稚園から最近送られてきた写真[/caption] 教育の重要性は、将来だけでなく、現時点でも同様です。 学校は、武装集団、早期結婚、児童労働に採用されるリスクを下げ、 子ども達にライフスキルと保護を提供するからです。 (ライフスキル=日常生活に生じるさまざまな問題や要求に対して、 より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力(WHO)) すべての子どもは、あらゆる状況下で教育を受ける権利があります。 それは戦争下であっても優先事項です。 シリアの子ども達への支援と投資がなければ、豊かで平和な未来が失われてしまいます。 貧困状態から抜け出し、生活状況を改善し、社会を回復させるには、教育を受けた子ども達の成長が不可欠です。 厳しいシリアの現状の中であっても、やはり教育が最優先すべきことなのです」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [caption id="attachment_18084" align="alignnone" width="524"] レバノンの幼稚園。シリア人が多数を占めていた(2017年)[/caption] この友人とは、トルコで難民支援を行なう団体を通じて4年前から知り合いました。 人道支援のNGOのスタッフで、トルコの難民やシリア国内向けの支援も実施してます。 私がトルコ南部に訪れた際は、頻繁に会って、色々な意見を教えてもらい、 2019年からは共に活動をしています。その理由に、彼はこう言ってくれました。 「シリアの子ども達のためにあなたがやっていることは、 俺にとっても嬉しいことだし、手伝えることがあれば、なんでもするよ。 僕は準備ができている」 戦争というのは、僕1人では、微動だにしない「世界の問題」かもしれません。 ですが、力を合わせていくことで、世界は変えることができます。希望を創り出すことができます。 シェアしていただくこと、ご友人に、家族にプロジェクトについてお話しいただくこと、 そうした「ちょっとした何か」が、世界を変える大きな力につながっていきます! どうぞ宜しくお願い致します! <各地でイベントも実施します!> [caption id="attachment_18061" align="aligncenter" width="500"] 画像をクリックすれば、詳細ページへ[/caption] この投稿をInstagramで見る 【毎日シリア】世界遺産①アレッポ . 紀元前19世紀には都として栄えており、「人が住んでいる歴史的に最も古い都市」と言われています。 「アレッポ石鹸」が日本でも有名なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。 . . 僕が住んでいたマンベジ市からセルビス(ワゴン車のバス)で1時間。 . ちょっとした都会の生活を味わいたい時に、カフェをしに行ったり、 豚肉が恋しくなってベーコンを買いに行ったりしていました。 . キリスト教徒のアルメニア人地区があり、そこでは豚肉やお酒が売っていたのです。 (酒屋は、イスラム教としか住んでいないマンベジにも2軒ありました) . . 首都ダマスカスに次ぐ大都会ですが、シリアの人の優しさは変わりません。 . 通りすがりに、文房具屋さんに声をかけられて、「お茶を飲んで行きなさい」と誘われたり、 道を聞いた人に、マスバハ(イスラム教徒が持っている数珠状の祈りの用具)をプレゼントされたり、 手を引っ張って、遠回りまでしてバス停まで案内してくれることもありました。 . 戦争で激戦区となりましたが、今は少しずつ復興の兆しがある、との話を聞いています。 . ....

アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。 8月21日(水)に、大阪・弁天町でトークイベントを実施しました! 小学生や中学生にも、ご参加がありまして、 最後まで大人たちと一緒に聞いてくれました!         一緒にイベントをしたのは、世界90カ国で国際ワークキャンプを実施されている「NICE」。 なんと100年もの歴史がある団体です! (修正)2020年でワークキャンプを初めて100周年!ですが、団体設立が100年というわけではありません。失礼をいたしました。     最初は、大学4年時に休学し、NICEの「ぼらいやー(旅×ボランティア×1年間)」に参加して、 ボランティアをしながら世界一周した金澤 鮎香ちゃんのトーク。 トルコが大好きで、トルコを知ってもらうイベントを企画している、情熱の人です! ご感想を読ませていただくと、彼女のトークを通じて、 「NICEのワークキャンプに参加したい!」と思った方がたくさんいらっしゃいました!         この投稿をInstagramで見る   トルコで肉で胃もたれしている方に🍗 🥙ファラフェルがおススメ🥙 👉ひよこ豆やそら豆で作ったコロッケで中東で広く食べられている 👉アラビア語の看板があったら高確率で置いてある 日本ではお肉殆ど食べないので(肉嫌いではない)胃が疲れたこのタイミングでは有難い🤤 #トルコ #シリア #ファラフェル 金澤 鮎香(トルコ紹介屋さんayuka)さん(@turkey_ayuka)がシェアした投稿 - 2018年12月月10日午後1時26分PST         僕の方からは、「シリアの昔」「今のシリア国内の状況」「難民の状況」、 そして、Piece of Syriaが実施している活動についてお話しさせていただきました。   「身構えて聞きに来ましたが、笑いながら、話に引き込まれました。  いつか、平和になったらシリアに行ってみたいと思いました」とのご感想。     シリアの話は複雑ですし、ニュースでは悲観的なものが多いです。 (というより、悲観的だからニュースになるのですが…) 戦争になる前のシリアを知っている僕だからこそ、 私たちと変わらないような、戦争の前の「当たり前の日常」を伝えることで、 今の戦争の影響の大きさを感じてもらえるお話ができる、と思っています。     そして、「かわいそうな人たち」という目線ではなく、 「魅力的な人たちを応援したい」という視点で、 皆さんと一緒に活動していけるように、日々、考えて動いています。   今後も様々なイベントを企画しています! 今回も、「2回目でしたが、違う感動がありました」とのご感想もいただいたり、と、 単なる報告会を超えたものをいつも考えておりますので、 初めての方も、リピーターの方も、是非ぜひ、ご参加ください! (リピーターの方は、スタッフ参加をオススメしております!!)     また、今回のイベントでは、「おひねり制」をとらせていただきました。 皆さんの温かなご支援で、 おひねり+懇親会の差額 26500円 グッズ売り上げ 3500円  の合計 30,000円 をお預かりすることができました! Piece of Syriaの活動費として、大切に使わせていただきます!       この水曜日のイベントは、徹夜で準備したのですが、 翌日は、大阪の高校でお話させていただきました! 「私の学校でも、話して欲しい」とのご要望も、いつでもお待ちしております。       この投稿をInstagramで見る   【新聞11紙に、記事を掲載いただきました】 先日、共同通信を通じて、熊本日日新聞に、 記事を紹介いただいたことをお伝えいたしましたが、 11紙で紹介されたとのことです! http://piece-of-syria.org/2019/07/11/kumamoto/ #共同通信 #新聞掲載 #シリア #分身 Piece of Syriaさん(@piece.of.syria)がシェアした投稿 - 2019年 8月月8日午前12時46分PDT     【今後の Piece of Syria イベント予定】 東京 9月22日(日) 福岡 9月27日(金)、28日(土)、29日(日) with 鬼丸 武士(アラブの珈琲) 東京 10月5日(土)昼 札幌 10月12日(土) 広島 10月19日(土) 京都 10月20日(日) 大阪 10月27日(日)D×P代表 今井紀明さん 東京 11月 国境なき医師団 白川優子さん Peace Winds Japan 井上慶子さん     【中野が企画参加するイベント予定】 大阪 10月6日(日) 【恋するイスラーム】主催 ※未定 大阪 10月27日(日)朝【アラ人(ジン)】主催 本山シェフと作るアラブ料理教室(仮) 大阪 11月 【アラ人(ジン)】主催 プロGPSランナー志水直樹と一緒に走ろう!     「報告会の手伝い希望」「詳細希望」の方は、下記へご連絡頂ければ幸いです piece.of.syria@gmail.com http://piece-of-syria.org/contact/ https://www.facebook.com/piece.of.syria/ 件名に「報告会の手伝い希望」と、ご記入の上、 ①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④地域 ⑤お手伝いしていただける内容(報告会企画・当日ボランティア・広報など)をお知らせくださいませ。   【2019年9月2日〜クラウドファンディングが始まります!】 シリア国内の、政府や国際組織などからの支援がない地域に住む200人の子ども達が通う幼稚園をサポートし、シリアを復興する未来の人財を守ります。目標金額200万円。 [caption id="attachment_17907"...

こんにちは!Piece of Syriaの中野です。 今日は【私たちのこれから】をお伝えします。 ① クラウドファンディング ② 各地で報告会(福岡、東京、札幌、広島、大阪) ③ 支援になる楽しいイベントを創ろう!     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ① クラウドファンディング ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 私たちはこれまで、3年間、毎年100万円を目標に、 クラウドファンディングを実施してきました。 今年も挑戦しますが、目標金額が270万円で考えています。(8/11現在、金額は調整中)   理由は、私たちがサポートしている幼稚園のある地域に国内避難民が増えており、生徒数が倍になっているためです。 現在、校庭にテントを張って授業を受けている状況です。     結果、先生への人件費が倍になり、教室も追加で買う必要が生まれました。 そうした現地の事情を考え見た結果、目標金額が大幅に増えています。 期間を今まで2倍にし、各地の報告会も実施していき、目標金額が達成できるよう、是非、皆さんと一緒に行動していければ嬉しいです!         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ② 各地で報告会(福岡、東京、札幌、広島、大阪) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 特にご支援者の多い東京・京都・札幌・愛知・大阪・福岡・広島にて報告会を実施する運びとなりました。 (8/21の大阪以外は、詳細が決まり次第、こちらのサイトか、Facebookなどでお伝えしていきます) 大阪 8月21日(水) 福岡 9月27日(金)〜29日(日) 東京 10月5日(土)昼 札幌 10月12日頃 広島 10月19日頃 大阪 10月27日(日)昼   「報告会の手伝い希望」の方は、下記をご連絡頂ければ幸いです piece.of.syria@gmail.com http://piece-of-syria.org/contact/ https://www.facebook.com/piece.of.syria/   件名に「報告会の手伝い希望」と、ご記入の上、 ①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④地域  ⑤お手伝いしていただける内容(報告会企画・当日ボランティア・広報など)をお知らせくださいませ   これに加えて、自分の町でも勉強会を!と思われた方向けに、 このような企画もございます!   【50円で、シリアの話を聞く勉強会ができる権(期間限定)】     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ③ 支援になる楽しいイベントを創ろう! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 6月に実施した写真展に来てくれた方を巻き込んで、 「ワクワクしながら社会を良くする会議」を企画しました。 その中で、アラビックパーティーというアイデアが生まれ、 僕がトルコに不在の間にも、会議を重ね、動いてくれているメンバーと、 下記イベントを実施します!       「色々な形で、Piece of Syriaと関わる機会を増やす」 「楽しんでいただくことで、Piece of Syriaに協力できる機会を創る」 ことを目指して、イベントを準備しています!   本イベントの交流会と、そのあとの「秘密会議」では、一緒にエンターテイメントを考える機会を創ろう!という時間もございます! 是非、遊びに来てくださいませ!     http://piece-of-syria.org/2019/07/09/summer/   http://piece-of-syria.org/2019/02/19/event-report-osaka/   http://piece-of-syria.org/2019/06/04/photo/   【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。   ...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむり(中野貴行)です。 先日、トルコ駐在から日本に帰ってまいりました。     ● 生の声を聞きに来てください!(8/21(水)24(土)@大阪)   トルコで感じたこと、聞いたこと(シリア国内含む)の詳細は、 イベントでお話ししたいと思っています。 まずは地元の大阪でお話をさせて頂きます。   【8月21日(水)19:00〜 @弁天町 (参加費 1円〜)】 また、アラブ在住経験者さんとこんなイベントも実施します。 【8月24日(土)15:30〜@梅田 アラブの歩き方 〜知ってるようで知らないアラブ〜】 24日の方では、スピーカーとしては登場しませんが、 会場にいますし、交流会にもずっといますので、お気軽にお話しかけ下さいませ。     報告会は、東京・広島・福岡・札幌で実施が決まっていますので、詳細が決まり次第、お伝え致します。 (企画や当日ボランティアでご参加希望の方はお声がけ下さいませ) http://piece-of-syria.org/2019/07/09/summer/     ● イスタンブールのシリア人の今   「IDを持っていないで外に出て、警察に見つかれば、”不法移民”として即シリアに帰される」 「今月(2019年7月)から、シリア人を追い出すキャンペーンが始まった」 「差別があり、ヒジャーブをトルコ人の子どもに剥ぎ取られる事件があった」     私が駐在中に主に滞在していたのは、シリア国境の近くシャンルウルファです。 そのため、僕の知るイスタンブールの情報の、ごく一部でしかありませんが、そのような声を聞きました。      シリア人家庭の状況を調べるために、シリア人スタッフが家庭訪問をしていると、 「ここに住んでいるシリア人は、共益費(道路の掃除などを依頼するお金)を払おうとしないんだ!シリア人はこの国から出て行け!」 と言われたこともあるそうです。 (ただ、実際にその部屋を訪問すると、住んでいたのはシリア人ではありませんでした。 イスタンブールにはエジプト、アフガニスタン、ウズベキスタン、イランなどから来た外国人が住んでいます)     イスタンブールの市長選で野党が勝利し、対シリア難民の政策が高圧的になったと感じているそうです。     「トルコ シリア難民に退去命じる動き 住民とのあつれき表面化」(NHK 2019/7/23) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190723/k10012005141000.html 「『殺される』襲撃者の影に脅えるシリア人、トルコで反移民感情高まる」(REUTER 2019/7/10) https://jp.reuters.com/article/turkey-syria-refugee-idJPKCN1U50SF     ● イスタンブールの「不法移民」とは?   シリアから逃れてきたシリア人は、トルコで「一時的な身分証」の登録をします(Kimlik)。 Kimlikがあれば、公的な医療や学校を、無料で利用することができます。 申請から受理まで時間がかかることもありますが、病気や出産などがあれば、すぐに登録をしてくれるそうです。 Kimlikは、県ごとの登録となり、原則として、登録した県から出ることができません。 仕事が多いイスタンブールに行きたいと願うシリア人も多いですが、イスタンブールはKimlikの新規発行を停止しています。 そのため、違う県でKimlikの登録(シリアから来たばかりで登録することが多いので、よく分からないまま登録する、という話も聞きました)し、 仕事を求めて、イスタンブールにやってきて、身元確認が不十分でもできる仕事に就くケースがあります。 それが、ここで言う「不法移民」です。   こうした「不法移民」が「即シリアに帰らされる」と話すシリア人がいる一方で、 「ソイル大臣は、一時保護制度の対象となっているシリア国民が国外追放になることはないと強く述べた。 ソイル大臣は、一時保護制度の対象となっているシリア国民で移民登録がない人はキャンプに、 移民登録がある人は登録されている県に送られると説明した」とのことです。   「ソイル内相、移民政策について発言」(TRT 2019/7/24) https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2019/07/24/20190724-002-1241849       ● シリアが、シリア人がこれからどうなるのか?   この問いを、当のシリア人に尋ねても「分からない」という返事がかえってきます。 私たちができることは決して多くないかもしれませんし、大きいものではありませんが、 「まず知ることから始めたい」とお考えの方は、イベントに足を運んでいただければ嬉しく思います!   ( ↓ 画像をクリックすればイベント申込ページに飛びます)     【トルコ便り】 ①【シリアはどうなるのか?】● トルコに残る人たち  ● シリアの今 ②【トルコに住むシリア人の声】● 閉じ始めた難民キャンプ ● シリア人とトルコ人の中で起きた衝突 ③【シリアからトルコへ。トルコからシリアへ】● 難民は負担なのか? ● トルコから去りたいシリアの人たち ④【移動ができない、という日常】● トルコのバス事情 ● シリアの中のトルコとクルド ⑤【シリア人のIDと医療と教育】● トルコに住むシリア人のID      ● 医療と教育事情 ⑥【シリア人のID ~教育と医療~】● 母国語で学べない● 病院に行きたい時は ⑦【シリア人のID ~市民権と欧州の難民~】● トルコの市民権を得る ● 中東の「難民」、欧州の「難民」 ◉【トルコでの僕の仕事とクルド民族について】     http://piece-of-syria.org/2019/07/09/summer/   【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。    ...

  アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。 トルコ駐在もあと2週間ほどになりました。   トルコにいる今も、日本でも様々な企画が動いていまして、 東京、大阪、広島、福岡で、イベントの企画をしております。   もし「手伝いたい!」「私が住む町でも!」というお声がけを頂ければ、 是非、一緒に動ければと思いますので、ご一報くださいませ。   そんな中、私たちの活動を取材をしてくださった共同通信の記者さんから、 新聞掲載のご一報をいただきました!       【追記】新聞11紙に掲載されました。     この投稿をInstagramで見る   Nakano Takayukiさん(@hemuri.syria.love)がシェアした投稿 - 2019年 8月月8日午前12時45分PDT     この投稿をInstagramで見る   【新聞11紙に、記事を掲載いただきました】 先日、共同通信を通じて、熊本日日新聞に、 記事を紹介いただいたことをお伝えいたしましたが、 11紙で紹介されたとのことです! http://piece-of-syria.org/2019/07/11/kumamoto/ #共同通信 #新聞掲載 #シリア #分身 Piece of Syriaさん(@piece.of.syria)がシェアした投稿 - 2019年 8月月8日午前12時46分PDT     http://piece-of-syria.org/2019/07/09/summer/   ●クラウドファンディングにご協力を!   1つは、8月末からクラウドファンディングを実施しますので、 ご支援や広報にご協力をお願い致します!(①の幼稚園を中心に考えています)   「身近なご友人にお伝えして頂く」ということも、本当に大きな支えになります!   これからサイトの準備をしていきますので、少々お待ちくださいませ。   ●イベント作りにご協力を!   クラウドファンディングで伝えるメッセージは、 インターネットよりも、実際にお会いして伝える力の方がとても強いです!   8月以降、私たち発信でイベントを企画していく予定ではありますが、 「私たちの町で報告会を!」というお声がけをいただけましたら嬉しいです!   特にご支援者の多い東京・京都・札幌・愛知・大阪・福岡・広島の方!! 是非、一緒に企画を考えていきましょう!   (大阪・福岡・広島は企画チームが発足しています)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【問い合わせ先】 piece.of.syria@gmail.com http://piece-of-syria.org/contact/ https://www.facebook.com/piece.of.syria/   「報告会の手伝い希望」を件名に、下記をご連絡頂ければ幸いです ①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④地域  ⑤お手伝いしていただける内容(報告会企画・当日ボランティア・広報など) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   <昨年度の報告書> 【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。   ...

  「教育は全て。未来であり、希望です」    -私たちの支援する幼稚園の先生の言葉-   報道こそ少なくなりましたが、シリアをめぐる騒乱は今も続いています。   10年前まで「日本より平和で豊かだった」と感じるシリアの生活は、戦争で一変。 高かった就学率、他国に誇れる教育レベルは一気に低下してしまいました。   私たちPiece of Syriaは、他からの支援がない幼稚園や学校を支援し続けています。 現場は今、どうなっているのでしょうか?   【報告者:Piece of Syria代表 中野貴行】   ① シリアの幼稚園の支援  ② トルコのシリア人補習校の支援 ③ あなたと一緒にできること    現地パートナー【A Little Help is Enough】代表のウサマ氏と。@Gaziantep https://www.instagram.com/p/BzlG72KH43N/?utm_source=ig_web_copy_link       【① シリアの幼稚園の支援】   私たちは、シリア北西部イドリブ県にある、 100人の子ども達が通う幼稚園をサポートしてきました。   <前回のクラウドファンディング>     皆様からの暖かいご支援のおかげで、先生達・生徒さん達から感謝の言葉を頂いています。     幼稚園は、基礎的な教育だけでなく、心理的ケアの役割を果たしています。         現在のシリアの勢力図はこのようになっています。       反政府支配地域であるイドリブには、 東グータなど、他の地域から避難するシリア人が急増しました。  300万人以上の人がこの地域に集まっていると言われています。   戦争前のシリアの総人口が2200万人で、うち560万人ほどが国外で難民になったとされます。 その数字からも「300万人以上」という数の多さを感じます。   その結果、もちろん子どもの数も増え、100人の定員の幼稚園にも希望者が殺到しました。   遊具のあった校庭にもテントを立てるなどして、200人の子どもをなんとか受け入れています。             今年もこの幼稚園のサポートを考えておりますが、 増えた生徒数のため、昨年度以上の支援が必要となっております。     (注)当団体は、政府支持・反政府支持といった立場ではなく、 もっとも支援が届きにくく、かつ必要とされる場所として、 人道的な立場で、イドリブでの教育支援を実施しています。   ② トルコのシリア人補習校の支援   トルコでは360万人のシリア人が生活していると言われています。 2011年から始まったシリアの戦争は、いまだに続いています。 長期化する滞在に「定住化」を視野に入る中、 シリア人向けのアラビア語の学校が禁止されました。   トルコ人と同じ学校で、トルコ語で勉強することが義務付けられたのです。  家庭では家族とアラビア語で会話しつつ、学校ではトルコ語で学ぶことになります。 結果、語学力を理由に学校の授業についていけなくなり、退学する子ども達も。   そのような子ども達のため、トルコ人の学校に通うための基礎学力やトルコ語を教える Integration Centerを運営しているのが、NGO【Education without border】。         シリア国境に接するトルコ南部の町、ガズィアンティップという町に2校あります。  それぞれの生徒数は85人(4クラス)、170人(うち7人がトルコ人)です。  女性のエンパワメント授業(コンピューター、英語、トルコ語)も実施していく予定。   昨年、私たちはPiece of Syriaは、このうち1校に勉強机を送りました。     学校が必要としているものを聞くと、以下のものでした。         ③ あなたと一緒にできること    是非、皆さんにご協力をいただきたいことが2つあります!   Piece of Syriaの名前に込めた「小さな力を合わせて、平和を目指す」という想いを、 皆さんお一人おひとりと一緒に創っていければ嬉しいです!!     ●クラウドファンディングにご協力を!   1つは、8月末からクラウドファンディングを実施しますので、 ご支援や広報にご協力をお願い致します!(①の幼稚園を中心に考えています)   「身近なご友人にお伝えして頂く」ということも、本当に大きな支えになります!   これからサイトの準備をしていきますので、少々お待ちくださいませ。   ●イベント作りにご協力を!   クラウドファンディングで伝えるメッセージは、 インターネットよりも、実際にお会いして伝える力の方がとても強いです!   8月以降、私たち発信でイベントを企画していく予定ではありますが、 「私たちの町で報告会を!」というお声がけをいただけましたら嬉しいです!   特にご支援者の多い東京・京都・札幌・愛知・大阪・福岡・広島の方!! 是非、一緒に企画を考えていきましょう!   (大阪・福岡・広島は企画チームが発足しています)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【問い合わせ先】 piece.of.syria@gmail.com http://piece-of-syria.org/contact/ https://www.facebook.com/piece.of.syria/   「報告会の手伝い希望」を件名に、下記をご連絡頂ければ幸いです ①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④地域  ⑤お手伝いしていただける内容(報告会企画・当日ボランティア・広報など) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   <昨年度の報告書> 【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。   ...

  アッサラームアライクム!Piece of Syriaのへむりです。   5月9日〜16日、難波にて「報道されない写真展ーシリアの声を聴くー」を実施、 そして、5月11日、中之島の「かわるフェス」に出店して参りました。 写真展の来場者は100名ほど、 かわるフェスを含めたご寄付・グッズ売り上げを合わせると、190,393円となりました!   ご支援いただいた皆様、会場のハラールレストランNagomi様、 設営・受付などご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます!   普段はレストランの日本家屋にほっこり 設置・受付を手伝いに来ていただきました たまたま同じタイミングで来られた方同士で仲良くなることも! ●アラビアンコーヒーが大好評!! 今回、アラビアンコーヒーマイスターの鬼丸 武士氏に福岡から来ていただき、 「かわるフェス」ブース、トークイベント参加者にふるまってもらったのですが、 声を揃えて「わぁ!美味しい!!」と大好評でした! アラビアンコーヒーは、カルダモンが入っていて、ちょっと癖があります。 僕は好きですが、「好みがわかれちゃうんじゃないかな?」と思っていたのですが、 満場一致の「美味しい!」   鬼丸さんは、普段は九州で活動をされています。 アラビアンコーヒーを通して、アラブの文化を知る、 イメージとは違う、リアルな体験談を聞く・・・という、とっても素敵な活動をされています! <イベント情報は、鬼丸さんのfacebook、もしくはこちらのサイトから>   クロストークにたくさんのお客様来ていただきました トークイベント終了後も、参加者同士で交流が生まれていました! ●写真展・トークイベントが伝える「報道されないシリア」 ご来場来てくださった方々に、たくさんのご感想をいただきました。 「もっと知りたいと思うきっかけになりました」 「『シリア=戦争』のイメージしかなかったのですが、 争いが始まる前にこんな豊かな生活や思想があったことを知り、 またそれが戦争によって壊されることを現実的にイメージすることができました」 「メディアではほとんど報道されていないことばかりで戸惑いました」 「シリアでの美しい景色、人々の温かみ、そして彼らが過ごしている日常を少し知って、そのイメージを壊すことができてよかったです。  シリアが少し身近なものになりました。来て良かったです」 「シリアという国、そこに住む人々、暮らしの美しさを感じることができました。本当に行きたくなりました」   noteにご感想を書いていただいた方も!        どうしても、戦争が始まった後にシリアに関わった方が多い中、 平和だった頃のシリアが伝えられることは、非常に限られています。 そうした報道や活動の結果、 「想像もできない」「問題が複雑でわからない」と、 「シリアは、僕たちとは無関係な話」になってしまい、 「怖いね、と言ってディナーを続けるだけ」(映画「ホテル・ルワンダ」の台詞より) となりかねません。(もちろん、そうした話を伝えるのも大事なことですが)   シリアの人たちが、私たちと変わらない生活をしていた、 むしろ私たちが尊敬するところがたくさんある人たちだと感じてもらいたいと思っています。 「かわいそう」という他人事から、皆さんにとって「気になる国」「行ってみたい国」になり、 身近なこととして「考える」きっかけを届けられたらと幸いです。   写真展内に掲示したメッセージ   ●「かわるフェス」からご寄付をいただきました! 中之島公会堂で行われた、社会貢献に楽しく関わることを目指して開催された「かわるフェス」。 著名なインフルエンサーのトークイベント、野外パフォーマーが混ざるイベントで、 私たちは鬼丸さんのアラビアンコーヒーと一緒に出店しました。 アラビアンコーヒーの不思議な器に吸い寄せられるように、ブースを覗いてくださり、 アラブの話、活動の話に耳を傾けてくださりました。   素敵なコーヒーカップはイスタンブールで購入したそう 見た目も目を惹く二人でした   また、「かわるフェス」のチケット売上の一部を、関西の4団体に寄付する、という取り組みで、 その限られた寄付先として、Piece of Syriaを選んでくださりました。 https://twitter.com/musubu_power/status/1111389965798133767 https://twitter.com/gan0918/status/1111427318214361089   写真展会場として、場所を提供してくださった、ハラール神戸ビーフ Nagomiさんから、 シリア国内の私たちの支援する学校・幼稚園に、断食月(ラマダン)の、 断食明けのご飯(イフタール)をご寄付いただきました。     この投稿をInstagramで見る   We are hosting charity event to raise more money to help Syrian education! 🇸🇾☺️🇯🇵💕 #halaljapan #halalosaka #halalosakafood #halalkobebeef #halaljapanesefood #halaljapanese #halaljapaneserestaurant 当店はシリアの教育支援の為、チャリティーイベントを開催しています!🇸🇾☺️🇯🇵💕 #ハラール #ハラール大阪 #ハラール日本 #ハラール神戸牛 #ハラールレストラン #ハラールフード #ハラール認証 #ハラール認証店 Halal Kobe Beef Nagomiさん(@halal_kobe_beef_nagomi)がシェアした投稿 - 2019年 5月月15日午前9時28分PDT   実際に届いたイフタールの風景@シリア   加えて、今まで私たちの活動を支えてくださっている皆様からも、新たにご支援をいただきました! 引き続き、シリアの子ども達が未来に希望を持てるよう、 現地と密に連絡を取り合いながら、必要としている所に必要なものを、 大切に届けさせていただきます!     今回、最も好評だったのがフォトブックでした         http://piece-of-syria.org/2019/07/09/summer/       http://piece-of-syria.org/2019/05/07/ramadan-2/  ...

  先週、報告書発送作業が完了しました!     お待たせしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。 報告書データを希望されたサポーターの皆様には、 順次お一人お一人にメールをさせていただきますので、 お待ちいただけますと幸いです。 皆様からお預かりしたご支援は、 報告書に記載の通り、大切に使わせていただきました。 (下記は、私がデザインした報告書で、当団体スタッフの、プロのデザイナーの修正が入る前のデザインになります。)   私個人のスケジュールといたしましては、 6月10日より1ヶ月半ほど、トルコ駐在をして参ります。 帰国後は東京・大阪を中心に活動しつつ、 報告会を札幌・京都・福岡で実施していく予定です。 シリアのすぐ近くからの情報発信は、下記にて行いますので 是非、引き続き私たちの活動を見守っていただければ幸いです。 【Facebookページ】https://www.facebook.com/piece.of.syria/ 【公式サイト】http://piece-of-syria.org/blog 【instgram】https://www.instagram.com/piece.of.syria/ シリアをめぐる状況は、予断を許しませんが、 これからも、私たちはシリアの人たちの希望を絶やさないために活動を継続していきます。 どうぞ宜しくお願い致します! 中野貴行         http://piece-of-syria.org/2019/05/07/ramadan-2/  ...

中東って、アラブって、怖くないの? そんな不安がふっとんじゃう、笑える”移住系”トークライブ!   「子どもの頃に抱いた夢を、大人になった自分が叶えてあげなければならない」   その想いから青年海外協力隊としてアラブに住み、 今、”好き”を仕事にする生き方に挑戦中! 「ひたすらおごってもらったので、恩返しで活動しています」という2人。   ヨルダン北部シリアとの国境がある街マフラックで、理学療法士として活動。 帰国後に「僕がみてきた中東、ヨルダン。」を出版し、日本縦断ツアーを実施。 日本初のアラビアンコーヒー専門のターメルコーヒーを始め、 中東の魅力を伝える活動を行なっている、鬼丸 武士。
   シリア北部マンベジ市で、青年海外協力隊コミュニティ開発として母子保健プロジェクトに従事、 学校、モスク、役場、村に入り浸り、「シリア人みたいだな」と言われる活動を実施。   シリアで戦争が始まった後は、難民となったシリア人を訪ねる旅に出たり、 シリアの子ども達への教育支援の団体を立ち上げ、 トルコの現場では、シリア人と共に仕事をする日々を送る、中野貴行。       ・中東に住むってどんな感じなの?(ヨルダン、シリア、UAE、トルコ) ・なんで好きになっちゃったの? ・青年海外協力隊って、どんなことするの? ・青年海外協力隊って、帰ってきたらどうなるの? ・どんなふうに好きを仕事にしているの? ・アラブの「おもてなし」ってどんな感じ?     行かず嫌いはもったいない! 思わず行ってみたくなる!? 幸せに生きるヒントが盛りだくさんの時間をお届けします!
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【場所】「報道されない写真展ーシリアの声を聴くー」内     ハラール神戸ビーフNagomi  大阪市中央区日本橋2-12-21 (なんば高島屋から徒歩10分、日本橋駅から徒歩6分) <span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; width: 0px; overflow: hidden; line-height: 0;" class="mce_SELRES_start"></span> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【日時】 5月12日(日)13:00〜14:15 
5月13日(月)19:00~21:00   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  【ご注意】 ・ハラール認定されているレストランのため、飲食物のお持ち込みはご遠慮下さいませ。 (アルコール、豚肉など) ・もし、ご飲食される際は、イベントの前後、レストランの外でお願い致します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  【参加費】1500円(Piece of Syriaご支援者様、学生 500円)  ・ヨルダンでアラブコーヒーを学んだ鬼丸氏によるアラブコーヒー付き
  ・要予約(予約後、自動返信でメールが来なかった場合はお問い合わせくださいませ)  ・参加費は当日、会場でお支払いくださいませ。   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【講演者プロフィール】   ●中野 貴行(シリア支援団体 Piece of Syria 代表)    大阪生まれ。2008~10年、青年海外協力隊としてシリア北部の町マンベジにて、 母子保健活動プロジェクトにコミュニティ開発として従事。 
 2015年より、中東・欧州10カ国を計半年かけて 難民となったシリア人や支援団体100人以上から生の声を聞くために周る。 ヨルダンに滞在中に、青年海外協力隊として活動していた鬼丸氏と出逢う。 
 2016年、Piece of Syriaを創設。「シリアを行きたい国にする」を目標に、 復興の主体であるシリア人の土台作りのためのシリア国内向けの教育支援と、 シリアの今と昔を伝える講演・写真展などの啓発活動を日本で行なう。 
2017年から日本企業のUAE駐在員を兼務(2018年まで)、 2018年からシリア難民支援団体の専門家として、トルコ南部で駐在員を兼務。 国際協力を志事にするアフリカ大好きな妻とは、ときどき遠距離夫婦生活中。   https://twitter.com/hemuri_ www.instagram.com/hemuri.syria.love/ 

 ●鬼丸 武士 氏(日本初アラビアンコーヒー専門店ターメルコーヒー代表/NPOグラリオ理事)  福岡生まれ 。2015-2017年ヨルダン北部シリアとの国境がある街マフラックで理学療法士として活動。 二年間の中東生活によりアラブ人の温かさに魅了され、メディアで伝えられる中東のイメージと実際の現地生活の大きなギャップに気付く。   2017年帰国後より、彼らの魅力を伝えるために全国で講演会活動やイベントを開催。 2018年10月には自身の活動をまとめた本「僕がみてきた中東、ヨルダン。」を出版し、その記念として日本縦断ツアーを軽トラ1台で敢行。北海道から九州まで15日間で13カ所のトークイベントを行う。   2019年3月より日本初のアラビアンコーヒー専門のターメルコーヒーを始める。 アラブコーヒーや現地の料理を通じて中東の魅力を伝える活動を行なっている。
 
 https://love-jordan.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【主催団体】Piece of Syria 
 「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、 一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。 
 紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、 再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。 
 シリアの子ども達への教育支援のためのクラウドファンディングを行ない、 継続的に支援の届いていない地域にあるシリアの子ども達に教育を届けている。 2018年よりトルコに住むシリア難民向けの教育支援も開始。 
 http://piece-of-syria.org https://www.facebook.com/piece.of.syria/ piece.of.syria@gmail.com     


 
 
   ...

  アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。 現在、トルコ駐在と日本滞在を交互に繰り返しながら生活をしています。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「話を聞いてみたい」と思ってもらうことが最初 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   今年1月の日本滞在中、広島と兵庫の高校で講演を行ないました。 学校での講演は、普段の活動報告会でお伝えしているものと違う内容をお届けしています。 というのは、報告会は「シリアのことや支援活動について知りたい」という意思を持って、 大切な時間とお金を使って足を運んでくださっている皆さんにお話しするのですが、 学校の場合は「お前、誰やねん!!」という超絶アウェイからスタートします。     講師紹介で「国際協力」「世界中を飛び回り」「シリアで教育支援を」なんてフレーズが並ぼうものなら 「あ、僕とは無関係な、堅いマジメな話に違いない!」となる生徒さんが98%を超えます。   国際協力に関わる人なんて、日本でほとんどいません。 日本のパスポートは今、世界で一番ですが、その取得率は23%で、 そもそも海外に行くということが、「身近」ではありません。 なので、僕がお伝えする内容は、生徒さんにとって、 身近で、自分に関係のあると感じられるものにしたいと思っています。   <Henley Passport Index>       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日本の子ども達から届いた感想 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「自分の将来について考えさせられました」 「今まで何回も講演会を受けてきたが、こんなにも濃い50分初めてだった」 「進路に向けて、将来に向けて、自分の行き方を見直そうと思う」 「今、私たちが当たり前だと思っていること全て感謝したい」 「自分もやってみようと思うことをできるよう行動してみようと思いました」 「中野さんは笑顔いっぱいの人でパワーを感じました。私もそんな人になりたいです」 「終わった後は、いつも白紙のメモがぎっしり文字で埋まっていた」 「毎日勉強ができる環境がどれだけありがたいことか、完全に忘れてしまっていた。もっと頑張ろうと、前を向くことができた」   と、本当に、僕が驚くような感想がいっぱい届きました。   <講演感想の一部>       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ できなかったことができるようになる人生を ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   僕が講演のテーマにしているのは、 「当たり前ってなんだろう」「イメージと実際は違う」です。   最初に、僕の周りの人たちの変わった「仕事」を紹介して、 仕事や大人の「多様性」に気付いてもらって、 将来に対して、ワクワクする気持ちを届けるようにしています。 ペットボトルでイカダを作ったり、民族衣装でお花見をしたり、 アメリカをキャンピングカー、シルクロードを旅した話、 僕のサプライズバースデーの話やプロポーズ、結婚式やパーティーの話を伝えると、 「めっちゃいい!」と僕自身に興味を持ってくれます。   植松努さんがお伝えしてるように、 「夢とは、できなかったことをできるようにしていくこと」だと思っています。     ただ、できなかったことをできるようにすることは、簡単じゃないです。 例えば、バスケ部を3年間がんばって、将棋が上手くなる、とはならないはずです。 何を積み重ねたか。それが人生です。   英語の勉強をせずに、急に英語を話せる日は来ないわけで、 例えば、毎日2時間を積み重ねたりして、少し喋れるようになります。 (毎日2時間を積み重ねると、2/24=1/12、つまり1年で1ヶ月分になります)   五教科でダントツで英語ができなかった僕ですが、外国語大学に入り、 今では、年間の半分は海外で仕事をして、アラビア語も話せるようになって、 最近の仕事は就職活動せずに、スカウトのような形で仕事を依頼してもらっています。 「奇跡は準備した人にしか起きない」のです。     僕はシリアという国で「青年海外協力隊」として仕事をしていました。 シリアを画像検索すると、崩壊した建物や物騒な武器、押し寄せる難民などが出てきます。 「僕はその国に2年間住んでいました」というと、え?という顔になります。 そして、僕が住んでいた2008年から10年のシリアの話の平和でのどかで、 おせっかいなほど温かいエピソードを話すと、驚きと笑いを持って聞いてくれます。 「そんな国なら行ってみたい!」と思ってくれます。     ですが、2011年。シリアで起こった戦争で、その豊かな「当たり前」は一変しました。 一瞬、身近に感じたその国に起こった、あまりに急激な変化に驚きと戸惑い。 その中で、僕たちがやっている活動が届けられた希望の話をお伝えします。      ただ、そうした「誰かのために」という活動というのは、 自分自身に余裕がなければできないと思います。 (むしろ、その状態でしてしまうと、自身の心のスキマを埋めるために利用するものになると思っています)   一番大切なのは、あなた自身が、まず満たされること。   講演中にお伝えしたエピソードの中から、「当たり前」をキーワードに、 シリアの人たちや、身近な人たちから学んだ「幸せに生きるヒント」を3つお伝えするのが、 講演の軸になっています。(3つのヒントは講演のお楽しみに!)     30分ほどから2時間まで、求められる時間は違いますが、基本的にはこの流れです。 (具体的なエピソードが増えるので、長いほうが評判いいです)   日本と海外を行き来する生活はまだまだ続きそうで、 今後は海外の比重が増えていきそうな気がしますので、 こうした講演にご関心がありましたら、是非一度、ご連絡くださいませ!     http://piece-of-syria.org/2018/08/06/lecture/     ...