メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 魅力
403
archive,tag,tag-403,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

魅力 Tag

    アッサラームアライクム。 Piece of Syriaの中野貴行です。   東京は外出自粛要請もあり、妻と一緒に自宅で作業をしております。   医療の最前線で働かれている方々はもちろんですが、 日常を送るために働いてくださっている インフラ、小売りや物流に関わってる皆様には、本当に感謝しかありません。   (そういう人たちが安心して買い物ができるように、 スーパーなどの買い占めが減るといいなぁと思います)   今日は、Piece of Syriaとしてではなく、私個人の意見として、 新型コロナの影響が強いイタリアに住む友人が伝える現状についてお伝えします。   イタリアとフランスの陸路(2017年撮影)     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 間接的なコロナの犠牲者とは? ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   イタリアにいる友人がシェアした記事を抜粋します。   ”友達のお父さんが癌で、病院に治療に行きたいと言っていたが、 「もうベッドがないし、今ここに来たらコロナに感染するよ。 今、彼が感染したら、助かる望みはない。家で療養して」と言われて家に帰った。   が、病院と同じように治療ができずに、家でお亡くなりになったそうです。   コロナの二次被害、医療崩壊が起こす危機がすでに起こってしまっています。   コロナウイルスにかからなくても、病院に行きたくても行けない人が今、 イタリアでもスペインでもあふれています。   そこで亡くなった命は「コロナ死亡者」ではないかもしれないけれど、 「コロナ関連死」になりますよね。”   イタリア、ローマの地下鉄にて(2017年撮影)     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ロックダウンの意図とは? ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   イタリアの友人は定期的に「日本の皆様へのメッセージ」を書いています。 その中にある「ロックダウン」への想いを、ぜひ知ってほしいです。   ”ロックダウンの真意は、コロナにかからないためではなくて、 「医療パンクを避けるため」です。   イタリアではしばらく前からすでに、このパンクの状態になっています。   パンクの状態とは、誰を助け、誰を見捨てるかを選ばなければいけない状態、です。 イタリアでは高齢者を見送り、若い人を助ける措置を続けています。   老人ホームなどでの感染が疑われても、病院に運び込むことすらしないのだと知りました。   飛び込む病院がない。 運んでも助ける医療設備が既にない。   そのまま救命措置なしに、集団で亡くなっていく現状なのです。 患者の目を見ることができない。 目を伏して、ただただすべきことを実行している毎日だと、 イタリア医療関係者が医療状況を訴えています。   ロックダウン処置をする理由は、パンクをなんとかして避けないといけないからです。 その波が来るのを遅くし、ベット数を増やす処理をすること、 波を小さくするために、とにかく感染者を減らすこと。   私やあなたが感染するのを防ぐのではなくて、 私やあなたみたいな、かかってもおそらく死なないだろうが、 そこら中にウイルスを撒いてしまう人を減らすことなのです。   日本の皆さん。本当にお気をつけて。 深刻さが伝わると幸いです。   死者の数の裏に、家族が、妻が、夫が、子供が、孫がいるのです。”       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 医療パンクを防ぐために私たちができること ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   医療パンクを防ぐには、爆発的な感染のピークを作らないことです。   (動画の4分40秒あたりからその解説が話されています)     8割の人が接触を極力避けた場合は感染が収まっていきますが、 7割の人のみが従った場合は、感染者の増加は止まりません。   https://www.facebook.com/1051130611/posts/10219273039670710/?d=n     もちろん、経済を止めてしまう懸念もあるので簡単ではありませんが、 「封鎖状況が長期化していくこと」を防ぐために、 「動かないこと」も、誰かの命を助ける大切な行為だと思います。   コロナ以外の病気で「病院にかかれない」という事態もありうるからです。   【参考】新型コロナ病床数まとめサイト 「ひっ迫した状況が一目瞭然」新型コロナ病床数まとめサイト、大反響に「バグを疑った」と開発者仰天 "医療現場の声"励みにスピード公開 新型コロナウイルス感染症の患者数や、感染者用の病床数などを都道府県ごとに表示した「 新型コロナウイルス対策ダッシュボード 」が、ネットで話題を呼んでいる。Twitterでは「病床の使用率が一目瞭然」「都市部の病床数がギリギリなのが分かる」と好評だ。Facebook上のシェア数は4000近くあり、開発者の福野泰介さんは「バグを疑ったくらいです」と驚く。 ...