メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 未分類
1
archive,category,category-1,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

未分類

アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。 Twitterでこのような投稿を見ました。 【感染拡大受け、都立学校、GW明けまで休校延長へ】という投稿に、「日本の休校って休んでるだけ?」とNYの方が疑問を呈します。 https://twitter.com/inspiring_dots/status/1245184223318867972   シリア人が多く住むトルコではどうなってるのか気になったので、トルコに住むシリア人の友人に尋ねました。すると、     その点は心配いらないよ。 トルコ政府が、新しいTVチャンネルを作って、公式のカリキュラムを提供してる。小・中学生にはテレビで、高校と大学はオンラインで講義が受けられるんだ。担任の先生達が、生徒達とSNSグループを作って、リモートでの特別授業もあるよ。 教育プログラムを利用する、トルコ人やシリア人の生徒・先生達が使える無料のインターネットパッケージを、トルコ政府が配布してる。   とのことでした。       トルコで行われている予備校の授業。オンラインでシリア国内とも結べないか?と模索するシリア人の友人も       トルコでも、一万人を超える新型コロナの感染者が出ています。 もちろん、トルコの人たちのとっても経済的な影響は大きいですが、シリアの人たちにとっては、レストランや建築現場の日雇いで働いていることが多く家賃や光熱費さえ払えなくなるかもしれないような、危機的な状況だそうです。         【新型コロナ】トルコのシリアの人たちの声   僕たちが教育を届ける理由                   [instagram-feed]       ...

    アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。 青年海外協力隊としてシリアにいる時、色んなパーティーに呼ばれました。     結婚式に友人に連れて行ってもらうだけでなく 花嫁花婿を知らないままに行って、「初めまして」と挨拶をして、 食事をご馳走になって、他の参加者と一緒に「ダブケ」という踊りを踊る、 なんてのもしょっちゅうでした。     仕事仲間に連れられて参加した結婚パーティー     遺跡に行ったら、ちょうど結婚パーティーの一団がいて、逆に僕らが写真に撮られた     たまたま訪れた村で「今日は結婚式があるから泊まっていけ!」と言われて紛れ込んだ     ダブケは手を繋いで円形になって、 肩や足のステップを音楽のリズムに合わせる踊りです。 (ダブケの様子はこの動画をどうぞ!)     ある日、いつものように友人に連れられて、誰かの家に行きました。 リビングでのお茶会かと思いきや、室内でダンスが始まりました。     太鼓と手拍子に合わせてクルクル回るお兄ちゃん。           「これは何のパーティー?」と尋ねた、答えが衝撃でした。         「”交通事故に遭ったけど、死ななかったから良かったね”パーティーだよ」         え・・・・?         そっち!?                 「世界は『何が起きたか』ではなく『起きた出来事をどう捉えるかだ』」         …という教訓で収まるかどうかはわかりませんが、とにかくビックリしました。     思いやりもそうですが、シリアの人たちに沢山のことを教えてもらっています。 その恩返しになるように、少しずつですが活動をしっかりと続けていきます。           [instagram-feed]      ...

    アッサラームアライクム! Piece of Syriaの中野貴行です。     シリアでよく飲まれるのは「アラビックコーヒー」と「紅茶」ですが、 「ズフラート(ハーブティー)」と「マテ茶」もよく飲まれていました。   マテ茶は南米の飲み物ですが、 移民として南米に渡ったシリア人がシリアに持ち帰ったそうです。   金属製のストローの先端に穴が開いていて、茶葉が入らないようにしている     僕が初めてシリアを訪れたのは大学生の時。 「地球の歩き方」を片手に、トルコからヨルダンまで南下していました。   立ち寄った町で、次の目的に向かうバスを探して、バス停の中を歩いていると、 「ちょっとこっちにおいで」と、ごついおじさんに声をかけられました。   ちょっとビクッとしたのですが、 「次のバスまで時間があるだろう?お茶でも飲んでいきな」と 優しい笑顔で話しかけてくれました。   どうやらお茶やコーヒーを売っているお店みたいです。     談笑したのち、バスが来たのでお茶の料金を払おうとしたら、 驚いた顔で「君は俺たちのゲストだ!お金なんてもらえないよ!!」と言い、 「気をつけて!良い旅を!!」と笑顔で見送ってくれました。       実は、それがマテ茶だと知ったのは、 その後、協力隊としてシリアにまた戻った時でした。 (マテ茶がペットボトルになって売られるのは、更に最近の話です)    「なんていうお茶だろう?」と思いながら飲んでました(笑)     数年前、UAEで働いている時にシリアの人が経営するお店を発見しました。 そこにマテ茶も!!嬉しくなり、お土産にコップとストローも買って帰りました。       ...

    こんにちは!Piece of Syriaの中野貴行です。   「シリア」と聞くと、今や「難民」のイメージを強く持たれる方が多くいらっしゃると思います。 実際、この数年のデータで、世界で最も多く難民を輩出している国はシリアです。   The Top Origin Countries For Refugees In 2018     しかし、元々シリアは難民を非常に多く受け入れてきた国でした。   ●アルメニア人   1915年、オスマン帝国軍によって、アルメニア人の大虐殺事件があり、 80~150万人が犠牲になったと言われています。   その当時、およそ25万人にのぼるアルメニア人が難民となってシリアに逃れてきて、 シリアの人々は彼らを温かく迎えたそうです。 (参照:国枝昌樹「テレビ・新聞が決して報道しないシリアの真実」)     アレッポ市には「アルメニア人地区」があり、 僕が協力隊の時にベーコンを買いに行ったのが鮮明に覚えています。 (アルメニア人の多数がキリスト教徒)   モスクの前に教会、というのもよく見た風景でした     ●パレスチナ人   世界大戦後、イスラエルの建国に伴って、パレスチナに住んでいたアラブ人が土地を奪われました。 その後、シリアには50万人近いパレスチナ人が移り住みました。   UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)がシリアにもあり、 僕が協力隊で派遣時には、UNRWAの学校で、 非常に多くの隊員が体育や音楽の教師をして活動していました。   JICAとUNRWAが行った音楽コンサート(2009年)     ●イラク人   2003年から始まったイラク戦争で、国境を越えシリアに逃れた難民数は約140万~150万人と言われます(参照)。   僕がシリアで退院をしている際には、お金持ちのイラク人がやってきたために、 ダマスカスの家賃が上がった、という噂も聞きました。   http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/6286129.stm       また、世界大戦の際には、ナチスから逃れてきた30万人ものポーランド人を受け入れてきた、という記事もあります。 Syria hosted European refugees during World War II By Selen Temizer and Sena Guler It is a long-forgotten fact that some Middle East nations, including now war-torn Syria, hosted European refugees during the second World War. Civilians...

アッサラームアライクム!Piece of Syriaのへむりです。 新型コロナからの経済への影響がとても大きく、 僕たちの周りの商売をしている人たちから様々な声を聞きます。 その中で、いつもお世話になっている大阪・大正にあるBar&Hostel MONDOが 「こんな時だからこそ」と、【笑顔の写真展】という、とても素敵なイベントを開催しています。 僕も、写真を送らせていただきました! 本当に大変な状況でありますが、 「そんな時だからこそ出来ることは何だろう?」と、 精一杯、僕も頭をひねってみたいと思います。 travelbar 大阪・大正区に2016年10月オープンしたゲストハウス&バル。1階は世界の料理をつまみにお酒が飲めるバルスペースで、3階部分がゲストハウスになっています。国内外からの旅人と地元の人が交わる場所を目指しています。 ...

私たちがお世話になっているReadyForさんが、 新型コロナウイルスで中止になったイベントの主催者へのクラウドファンディングを実施しています。 READYFORが新型コロナウイルスの影響で中止となったイベントを支援 企業ニュース | クラウドファンディング - READYFOR (レディーフォー) 新型コロナウイルスの被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 ...

    こんにちは!Piece of Syriaの中野貴行です。   200名を超える方からの、210万円を超えるご支援をいただきました! (振込待ちの方がいらっしゃるので、今の金額より少し増えるかもしれません!)     これで安心して1年間、シリアの子ども達が幼稚園に通うことができるようになります!     本当にありがとうございます!!!       今回のクラウドファンディングでは(今までは大阪で写真展だけでしたが)各地で報告会・イベントをしながらの挑戦となりました。   「支援を集める」という目的のために「シリアがかわいそうだから支援を」というメッセージが多い中、   イベントに来てくださった方からは「平和になったら、いつかシリアに行ってみたい」というご感想を持っていただきました。 そして、支援やシェアにご協力してくださいました。     「シリアをいつか行きたい国にする」という私たちの想いが伝わる形で、目標を達成できたことは本当に嬉しく思います。         【シリアの「おもてなし」エピソードは、訪れた人の”あるあるネタ”です】           この投稿をInstagramで見る                   【毎日シリア】ホスピタリティ ①バスに乗る . 博物館に向かうために、バス停を探していると、急に声をかけられました。 . 「#どこに行きたいんだ?」 . 1人目を皮切りに、続々と集まってきて、人だかりができて、 「この外国人の若者をどうやって助けようか会議」が開かれます。 . 僕の目的地を把握し、1人のおじさんが「こっちについてきな!」と手を引っ張って バス停まで連れて行ってくれます。 . バスに僕を乗せると、 「この日本人が、博物館に行きたいらしいから、着いたら降ろしてやってくれ」と、 他の乗客に言い残し、来た道を引き返して帰ります(わざわざ遠回りしてくれた!)。 . バス代を払おうと、ポケットをゴソゴソしていると、隣に座っていたおじさんが、 「君の分はもう払ったから」と。 . #なんで? #優しすぎない? . 疑問しか湧いてきませんでしたが、「#ありがとう」と伝えて、バスに揺られます。 そして「着いたよ。降りるぞ」と、そのおじさんが一緒に降りて、博物館まで連れて行ってくれました。 . バス代くらい払わしてよ!と伝えましたが「俺に恥をかかせんなよ」と、颯爽と去っていくおじさん。 . . . . 惚れてまうやろー!!! . . そんなシリアのエピソードは、シリアに行ったことがある人の中では「#あるある話」でした。 . . #シリアの写真を毎日投稿 #課題ではなく魅力を伝える #シリア #写真 #カメラ #シリアの昔 #国際協力 #教育支援 #教室 #平和 #NGO #クラウドファンディング...

    福岡でのイベントが決まりました!申し込み不要です。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎「しごとの寄り合い」とは…? ひとつのテーマで3人のゲストが語り合う様を周りから見る、新感覚のトークイベント。たまたま居合わせて聞き耳を立てるようにして、それぞれが妄想を膨らませるうちに話に巻き込まれていく、そんなことが起こったらいいなと思っています。   ◎緊急!裏企画テーマ「(元)青年海外協力隊の本音」 青年海外協力隊と聞くと、なんとなく良い人そう…国際協力の活動に携わっていると聞くと、エラいなあと感じる…もしかすると、ひっくるめて「良い人」「エラい人」だと思っている人もいるかもしれません。 今回寄り合うのは、元青年海外協力隊員で、現在は国際協力に携わる仕事をしている3人。隊員時代や現在の活動の中でのエピソード、そして本音を存分お話していただきます。仕事として活動する中で、怒りや戸惑い、迷いを含んだ一面を見ることができるかもしれません。果たして「良い人」「エラい人」なのか、ついつい聞き耳を立ててしまいそうです。   日時|2019年9月29日(日) 19:30〜21:00場所|博多南駅前ビル2Fイベントスペース料金|無料(予約不要 / 先着15名程度)   寄り人| 中野 貴行(シリア支援団体 Piece of Syria 代表)大阪生まれ。シリアにて青年海外協力隊(2008~10)。2015年より、中東・欧州10カ国を計半年かけて難民となったシリア人や支援団体100人以上から生の声を聞いて周る。ヨルダンに滞在中に、青年海外協力隊として活動していた鬼丸氏と出逢う。2016年、Piece of Syriaを創設。「シリアを行きたい国にする」を目標に、復興の主体であるシリア人の土台作りのためのシリア国内向けの教育支援と、シリアの今と昔を伝える講演・写真展などの啓発活動を日本で行なう。2019年11月までクラウドファンディングを実施中。http://piece-of-syria.org  https://twitter.com/hemuri_ www.instagram.com/hemuri.syria.love/コージコーダイ(バーチャルYouTuber「SDGsマン」/社会課題解決のための講演家を育てる「コーシの学校」主宰) 兵庫県明石市出身、福岡県福岡市在住。私立高校に勤務後、福岡教育大学大学院(教育科学専攻)に進学し、同大学院修了後、青年海外協力隊に参加。ミクロネシア連邦チューク州の小学校にて主に算数科のカリキュラム作成、現地教職員への指導方法の改善のための取り組みを行った。帰国後はJICA九州の国際協力推進員、国際理解教育推進のためのNGO「学校から世界のミカタを考える会」の立ち上げを行う。現在は広島大学大学院国際協力研究科(教育文化専攻)の社会人ドクターとして、社会課題解決の主体を市民にするための研究をしている。福岡を代表する国際協力の祭典「地球市民どんたく」の実行委員会の委員長として20年を節目に解散させ、現在は九州SDGsアクションサミットとして立て直し中。グローバル教育コンクール2016、グローバル教育取り組み部門で佳作入賞。趣味はウクレレ。好物はココナッツ。詳細はこちら▶︎ https://kodai-koji.com/     鬼丸 武士(日本初アラビアンコーヒー専門店ターメルコーヒー代表/NPOグラリオ理事) 福岡生まれ 。2015-2017年ヨルダン北部シリアとの国境がある街マフラックで理学療法士として活動。二年間の中東生活によりアラブ人の温かさに魅了され、メディアで伝えられる中東のイメージと実際の現地生活の大きなギャップに気付く。2017年帰国後より、彼らの魅力を伝えるために全国で講演会活動やイベントを開催。2018年10月には自身の活動をまとめた本「僕がみてきた中東、ヨルダン。」を出版し、その記念として日本縦断ツアーを軽トラ1台で敢行。北海道から九州まで15日間で13カ所のトークイベントを行う。2019年3月より日本初のアラビアンコーヒー専門のターメルコーヒーを始める。アラブコーヒーや現地の料理を通じて中東の魅力を伝える活動を行なっている。◎今後のテーマ予定・飲食店の本音・30代独身の本音・芸術家の本音・内部研修のススメ・営業のススメ・二代目の本音   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   <福岡の他のイベント>   [caption id="attachment_18076" align="alignnone" width="419"] https://www.facebook.com/events/523735628385315[/caption]   [caption id="attachment_18049" align="aligncenter" width="424"] https://www.facebook.com/events/2424874914413053/[/caption]     http://piece-of-syria.org/event/ ...

  こんにちは!Piece of Syriaの中野貴行です。 Piece of Syriaは現在、クラウドファンディングに挑戦中です。   [caption id="attachment_17390" align="alignnone" width="524"]                    9月12日午前の時点で31%の達成率です[/caption]     今日は、リターンにある「Wedding Donation」について説明をさせて頂きます。 僕たちは今年7月に関西の友人達を招いて、結婚パーティーを行ないました。     引き出物として、参加してくれた友人達に送ったのが、こちらです。 ​   [caption id="attachment_17391" align="alignnone" width="523"]                                    QRコードのリンク先に、私たちの想いをこめて[/caption]       パーティー参加費の中の一部から、 Piece of Syriaが支援する幼稚園の運営費を寄付しました。 つまり、パーティーにみんなが参加してくれたおかげで、 シリアの子ども達が教育を受けることができたのです。           僕たち夫婦、現地パートナーNGOのウサマさん、 そしてシリアの先生と子ども達から そのお礼をお伝えする動画を作成しました。 ​ ​ ​ ​ ​ ​ その動画は、カードの裏にあるQRコードを読み込んでもらったら リンク先で、見られるようになっています。     この「一緒にHappyを届ける」という贈り物に、 参加してくれた友人からこんな感想が届きました。     「今までずっと、こうした活動に参加できないことが情けなくて、悔しかったんです。  今回、ずっとやりたかったことに参加させていただけて嬉しかったです!」     二人の門出に、世界を幸せにするという贈り物。 是非、ご検討くださいませ!!!     【流れについて】 今回のクラウドファンディングで、こちらのリターンを選んでいただき、   ① 時期について相談をさせて頂きます(なるべくご希望に沿う形にしたいと思っています) ② ポストカードで使う画像について、相談をさせていただき、ポストカードをお届けします ③ お二人からのメッセージ動画を頂き、子ども達などシリアからの感謝動画を合わせて動画作成します(3分程度)   という流れで考えています。 ポストカードや動画などが不要な場合は、お伝えください!         ご質問などがありましたら、 piece.of.syria@gmail.comまでご連絡下さいませ。       刺激をもらったのがこの記事でした。 結婚式の予算でシリア難民の子どもたちをお腹いっぱいに。トルコ人の新郎新婦が話           そしてなんと最近、日本でWedding Donationをされている方とも出会いました!         幸せになり、家族と友人達に幸せをおすそ分けし、 その幸せのカケラをシリアの子ども達に届ける! そんな試みに参加してみませんか?       是非、ご検討のほど、よろしくお願い致します!     【イベントご案内】 9/17-24 @大阪 写真展(トークイベント多数。詳細はリンク先で) http://piece-of-syria.org/photo2018/   http://piece-of-syria.org/2018/09/11/syrianews/  ...

アッサラームアライクム!ピースオブシリアの武田です。 さて、報告会イベント、いよいよ明日開催となりました。 おかげさまで満席となりました!ありがとうございます!! 連休初日なので、参加者が少ないだろうなと思って、もともと少なめの席数に設定していましたので、若干の増席をいたしました。 なので、まだ申し込み可能です! そういえば時間あるな…、という方はぜひ参加ボタンをポチっとしていただき、私たちに会いに来ていただけると嬉しいです。 http://www.kokuchpro.com/event/pos_2017_8_11/ さて、「シリア」と聞いてどんなイメージを持ちますか?シリア人ってどんな人たちだと思いますか? テロ、紛争、難民、貧困、、、etc...