メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 経済を止めるな
402
archive,tag,tag-402,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

経済を止めるな Tag

  こんにちは!Piece of Syriaの中野貴行です。   昨日は、東京の外出自粛要請の発表がありました。 欧米・アフリカに住む友人から聞いていた状況の「始まり」が、 日本にやってきたような印象です。   世界各地で飛行機の便が減って、空港が閉鎖される中で、 海外にいた友人達も、多くが日本に帰国してきています。   僕も、できるだけ外出を控えたいと思いますが、 昨日のお昼、外出自粛の要請が出る前に、ある若者と会っていました。     トルコの西海岸イズミルにある、シリア難民支援団体「ReVi」で活動する菊地泰基くんです。   彼は今、トルコ人のビジネスパートナーと、 トルコに住むシリアの人たちの仕事を生み出す クラウドファンディングを実施しています。     https://readyfor.jp/projects/ReVi     この投稿をInstagramで見る @kikuchi_taiki(@kikuchi__taiki_)がシェアした投稿 - 2020年 3月月18日午前2時33分PDT         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ イズミール〜レスボス島、訪問記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   僕がシリア難民の人たちを訪ねる旅の中で、ReViも訪れたことがあります。 家庭訪問にも同行させてもらいました。       またイズミールは港町です。     トルコからヨーロッパに向かう「難民希望者」が経由地として有名になりました。   2016年に訪れた際には、アラビア語の表記や、     密航のための救命道具などが売られていました。       僕はその後、レスボス島というトルコのすぐ近くにあるギリシャの島を訪れました。   MITILINIと書いてあるのが、レスボス島。ここからギリシャ本土、マケドニアを経由してドイツに向かう   ヨーロッパがまだ受け入れをしていた時期だったのでアラビア語の看板がありました。   ギリシャのレスボス島。その半年後にまた訪れた際には、難民の受け入れを禁じ、こうした看板は消えていた     トルコのイズミールにいると、ヨーロッパに向かおうとする人たちもいますが、 そこに住み続けようとしている人たちもいました。   農業経験のあるシリアの人たちを季節労働者として雇っている人たちもいて、 トルコ人NGOが、消費期限が迫った商品を企業から寄付してもらって配布する活動にも参加させてもらいながら、 シリアの人たちに話を聞いたりもしました。       「バルカンルート」と呼ばれる、トルコ・ギリシャからのヨーロッパに向かうルートは、 しばらく落ち着いていたのですが、 今年2020年2月にトルコが欧州越境を容認したことから、再びギリシャに殺到してる状況だそうです。 トルコ ギリシャの国境に11万人超の難民 シリア男児が死亡 #nhk_news https://t.co/Qjjn734Xqd — NHKニュース (@nhk_news) March 3, 2020     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 無理せず、今できることを ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   日本国内が大変な中で、世界で起きていることに目を向けることはとても難しいと思います。     寄付は施しとかじゃなくて、未来をつくる資本、共感や応援の資本として発揮されるといいな。世代によって考えは違うとは思うが、そうした方がそのお金の使い道に意味が生まれると思う。 — 今井紀明 寄付で経営するNPO代表 (@NoriakiImai) March 14, 2020 #経済を止めるな は消費行動だけじゃない。寄付も同じ。税金を支払うのもそうだと思う。自分で仕事を稼いで、意義を感じるところに選択して寄付をする。納税するのでもいい。選択肢は多様だ。選んで、自分の意志で #経済を回そう — 今井紀明 寄付で経営するNPO代表 (@NoriakiImai) March 14, 2020     10年ほど前まで僕たちと同じような生活をしていたシリアの人たちも、支え合い乗り越えていっています。         紛争と制裁に苦しむシリアの若者だからこそできる新型コロナ感染予防のためのボランティア活動(青山弘之) - Yahoo!ニュース 新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、外出・移動制限を強化されるシリアで、住民、とりわけ高齢者に生活必需品を配送する試みが、若者のイニシアチブのもとで行われている。     彼のページを読んだり、共感してもらったら、シェアやご支援にご協力頂けたら嬉しいな、と思います!       https://readyfor.jp/projects/ReVi             [instagram-feed]    ...