メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 「あれだけ優しい言葉を、語り合える素敵な場所を経験したことがありません」飯野さんのイベントの振り返り
19653
post-template-default,single,single-post,postid-19653,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

「あれだけ優しい言葉を、語り合える素敵な場所を経験したことがありません」飯野さんのイベントの振り返り

「あれだけ優しい言葉を、語り合える素敵な場所を経験したことがありません」飯野さんのイベントの振り返り

 

素晴らしいイベントができました!

「課題ではなく魅力を伝える」という私たちの想いを形にすることができたイベントとして、
7月17日に実施した「聞くと思わず伝えたくなる。人々の“言葉”から考えるシリア」
 

登壇していただいた飯野真理子さんから届いたイベントの振り返りをお伝えをさせていただきます。
 

 

 

 

あなたにとって大切な言葉は? 

 
今回は様々なシリアの方の言葉を紹介した講演部分の後に、みなさんにも大切な言葉を考えてもらい、
そこからできることを考えていくためのファシリテーションによる対話の時間を取りました。

「あれだけ優しい言葉を、語り合える素敵な場所を経験したことがありません」

という感想が出たくらい、シリアの人々の珠玉の言葉に加えて、参加者のみなさんの中から出てきた言葉もまた、
他の参加者を勇気づけ、それぞれの思いや決意をさらに引き出していきました。
 
平和につながる「対話」を自分たちからやってみたい、そんな主催者やスピーカーの思いが叶うかのように、
“言葉”によってチカラあふれていく場をご覧いただけたらと思います。

 

 

見逃し配信はこちら

  

【講演】

タクシー運転手のおもてなし、ガールズトーク、よく話される笑い話など
シリアの人々の文化や人柄がわかるような言葉に始まり、

落ち込んでいた時にかけられた言葉、
シリア危機の中で子供を想う母親の言葉、
ノーベル賞候補の詩人のつぶやき、
故郷を追われた人たちの言葉、
シリア内戦で片足を失った後立ち上がったパラアスリートの決意、
日本の震災時に「家を失う気持ちは同じ」と空爆下のシリアから被災地への応援メッセージを寄せてくれた人たちの言葉など、
シリア市民の息遣いが垣間見える言葉を紹介しました。

 

 

【ワークショップ】

数人のブレークアウトルームに分かれ「自分にとって大切な言葉」を考え、全体で共有しました。
記録としてほしいという声からまとめたものから一部ご紹介します。

「縁」
「笑う門には福来る」
「意志」
「リスペクト」
「過去を変えることはできないが過去の解釈は変えることができる」
「心からのワクワク」
「次にどんな夢を描けるか、それがいつも重要だ」
「恩送り」
「おかえり」  

 

みなさんにはどんな言葉が響きますか?

  

 

さらに、この会で聞いて印象に残ったこと、伝えてみたい、やりたいと思ったことを問いかけたところ、次々にみなさんチャットや発表をしてくださいました。

「幸せはすごくシンプル。笑顔でいられること、家族がいること、“おかえり”って言ってくれるひとたちがいること、それだけで十分幸せ」

「自分にも何かできることがあるはずだし、そう思ったからきっと何かができる」

「“自分の大事にしたいこと”を安心して言えて、それをお互い“いいね”と言い合える社会はとても素敵で、一つの平和の形」

「遠くからでもできることがある! 自分が無力じゃない、と知るのは、自分の力にもなる」

「世界の人々がみんなで繋がるために、自分でできることを一歩ずつ進めていきたいと思う」


 


 

イベントが「終わり」ではなく「始まり」になるような、そんなイベントだったように思います。

今回のイベントの動画は、「より多くの方に聞いていただきたい!」という思いから、Piece of Syriaにご寄付をいただいた方に見逃し配信をお届けさせて頂く形を導入しました。

※継続支援の「パートナー会員様」になっていただきますと、青山先生の回も含めてアーカイブ視聴可能です。

パートナー会員登録はこちらから

  
 

また、本編の前の、へむりの「シリア概略」と「Piece of Syria事業説明」はどなたでも見れるようにしておりますので、こちらも宜しければご覧下さいませ。

 

 

  

「第二回も期待しています!!」との声も参加者さんから出ていますので、
是非また、企画できたら嬉しいなぁと思っています。

飯野さん、本当にありがとうございました!!(中野 貴行)

 

 

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください