メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 活動報告
369
archive,category,category-369,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

活動報告

アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野です。 毎年講演をさせていただいて、もう4年目の伊丹高校でお話をさせていただき、東京に戻ってました。 さて、2020年1月12日のイベント「シリアの人から聞くシリアの今と昔 / Piece of Syria活動報告 ~寄付だけじゃない!私たちができること~」のレポートを書かせていただきます。     (参加者さんやスタッフから見たイベントレポートも、後日発信していきます!)   【2019年2月のイベントレポート】 http://piece-of-syria.org/archives/17639   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Piece of Syriaが支えるシリアの子ども達━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Piece of Syriaの事業は大きく2つ。一つは「シリアの戦争の前と今を伝える」、もう一つは「シリアの子ども達の教育を支える」です。   教育を支えるために、2019年はクラウドファンディングで200万円以上を集め、現地で活動している幼稚園が継続できるための資金を送りました。 【シリアの先生たちのお給料に】 【越冬のためのストーブの灯油を】 【生徒が増えて、足りなくなった教室を送りました】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━寄付だけじゃない?私たちに何ができる?━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2019年の大阪の写真展から、「アラ人(ジン)」というチームが発足しました。 シリア料理の料理教室、アラブ雑貨を中心にしたフリマ、旅トークなど、どうしても堅くなりがちな「アラブ文化」を楽しんでもらうなかで、収益を出して、その一部をPiece of Syriaの支援にしていくチームです。 社会人から学生まで、幅広い年齢層とバックグラウンドの人たちで構成されています。 また昨年末より「書き損じハガキを集めよう」というプロジェクトも始まりました。年賀状の余りなど、是非ご検討いただければ嬉しいです!   http://piece-of-syria.org/letter   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ シリアに観光客━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ゲストのハルドゥーンさんは昨年2月にも講演いただきましたが、今回も前回同様に、「シリアについて知らなかったので、本当に驚きました!」「いつか行ってみたい!」との声が多く届きました。   「シリアの悲しい話、難しい話もできるんだけど、 シリアの嬉しい話、良くなっているという話を伝えたかったんだ」と、ハルドゥーンさん。   シリアの歴史ある文化や、シリアの人々の人柄など、シリアの人たちから直接聞ける機会は、改めて本当に貴重だと思いました。 ハルドゥーンさんが言うには、「シリアのうち80%は安全になっている」とのことです。 ただし、日本政府は、シリア全土の危険度を「レベル4」(退避してください。渡航は止めてください)としていますのでまだ僕たちが簡単に行ける状況ではありませんが、いつかまた、僕のシリアの家族のような友人達に逢いに行きたいと思います。   「10ドルでシリアでできること」(ハルドゥーンさんがイベントで紹介してくれた動画) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 収益報告と支援のご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   今回のイベントの【収益】は下記のようになりました。 ●参加費   30,000円●グッズ販売 7,650円●寄付    4,000円 ハルドゥーンさんへの謝礼や会場費などの経費を除いて、活動費にさせていただきます。 シリアで少しずつ復興の兆しが見えてきたとはいえ、一部の地域では教育を受けることができず、字の読み書きができない子ども達がいます。   もともと97%の就学率、大学まで無料で高い教育水準を誇っていたシリア。字の読めない子ども達がいるなんて、想像もできませんでした。 皆さんからのご支援は、シリアの子ども達の教育支援のために大切に使わせていただきます。 これからも、どうぞ宜しくお願いいたします!     支援はこちらから http://piece-of-syria.org/archives/18359    【ご支援の方法】 ●インターネットでのご寄付 ●ゆうちょ銀行へのご寄付 口座 ピースオブシリア店名 408(ヨンゼロハチ)普通 4328753(記号 14060   番号 43287531 ) お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、お振込みの場合は、問い合わせでご一報くださいませ。 ●書き損じハガキで ●着なくなった洋服、眠っているブランド品で   【2018年の越冬支援】   ...

      「中東シリア」と聞くと、暑いイメージをお持ちかもしれません。 しかし、日本と同じように四季があります!     氷点下にもなるシリアの冬。 私たちが支援する幼稚園では、寒さのあまり泣いてしまうほどの寒さに。 (そして教室が寒いと、幼稚園に行かなくなるため、越冬支援は教育に直結する大切な支援なんです!)   皆様のおかげで、2019年のクラウドファンディングで 目標金額以上のご支援が集まったおかげで、 越冬支援(灯油・冬服)を届けることができました!   ありがとうございます!   感謝の気持ちを込めて、現地の様子を届けさせていただきます。   また、こうした幼稚園は他にもあります!ご支援に興味がある方は下記まで!  【ご支援の方法】 ●インターネットでのご寄付 ●ゆうちょ銀行へのご寄付 口座 ピースオブシリア店名 408(ヨンゼロハチ)普通 4328753(記号 14060   番号 43287531 )お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、お振込みの場合は、問い合わせでご一報くださいませ。 ●書き損じハガキで ●着なくなった洋服、眠っているブランド品で       【2018年の越冬支援】   ...

  こんにちは。Piece of Syriaの中野貴行です。年の瀬となりましたが、いかがお過ごしでしょうか? のべ206名の方から、目標金額を上回る2,172,000円ものご支援をいただきましたこと、改めまして、本当にありがとうございます!!     今回は下記4点についてお伝えをさせていただきます。 ① 収支の報告② 現地の状況と活動③ 日本での活動について④ サポーターグループのご案内   ①【収支報告】 ●クラウドファンディングの収入 ¥1,740,821ご寄付総額 (¥2,172,000)ー ReadyFor手数料 (¥431,179) ●現地活動費  US$15,700(¥1,750,000)・16人分の給料(先生14名+スタッフ2名)×75$×12ヶ月=14,400$・冬季のストーブ燃料費 600$・子ども達の冬服  700$ ここから、リターンにかかる経費(見積もり ¥40,000)があるのですが、イベントの収益・グッズ売上、直接のご支援からカバーをさせていただきます。   以上の経費から差し引いた金額につきましては、状況に応じた急遽必要になるプロジェクト費用(※)として、残させていただきます。 リターンは当初の発送予定2020年3月を目処に、報告書とともに発送をさせていただきます。もうしばらくお待ちくださいませ。   ※2018年のクラウドファンディング以降に集まったご支援は、「生徒数が増えた幼稚園の校舎の増設」(1500$)「トルコのシリア難民の女性達へのワークショップ」(1000$)「トルコのシリア難民の補習校へラマダン中のイフタール支援」(500$)として活用させていただきました。   ●生徒数が増えた幼稚園の校舎の増設 ②【現地の状況と活動】 私たちが活動をしているシリア北部の状況は、今も複雑です。ただ、現地からは幸いなことに「幼稚園のあるエリアは安定している」と聞いており、180人の子ども達が、安全に学び、遊ぶことができています。   また目標金額以上のご支援をいただき、かつ、イベントなどでも直接ご寄付をいただくなどしていただいたので、越冬支援(ストーブの灯油、冬服)を送ることが可能になりました。 皆様のご協力、本当にありがとうございます!     [caption id="attachment_18316" align="alignnone" width="550"] 昨年届けた越冬支援の様子[/caption]     ただし、支援地周辺の教育に関わる状況は厳しいです。小学校の先生達の給与をカバーする予算がカットされ、35万人の子ども達が教育の危機にあります。「その中で、私たちの支援がとても重要さを増している」というのが現地の声です。 一人でも多くの子ども達に希望を感じてもらえる教育を届けられるよう、これからも活動を続けていきます! https://readyfor.jp/projects/syria2019/announcements/112442   ③ 【日本での活動について】 11月は講演活動を行なっておりました。今、日本側の体制を整えているところです。 また、現地パートナーのUsama Ajjanが日本に来れる状況が整ったこともあり、2020年に、東京・大阪で講演・ワークショップなどを実施していこうと思います。 お楽しみにお待ちくださいませ!     11月10日「ISとUSがいなくなったシリアはどこへ向かうのか」 [caption id="attachment_18211" align="alignnone" width="550"] 「IS後」シリアどうなる アサド政権、復興画策―都内でシンポ:時事ドットコ[/caption] 11月15日「シリアにいったい何があるというんですか?~国際協力の現場の声を聴く~」   11月20日「今シリアの子どもたちはどうしてる」@日本大学11月23日「シリアの今とむかし、これから」(「アレッポ最後の男たち」上映会)   11月26日 @兵庫県立学校・市立高等学校教頭協会研修総会11月29日 「卒業生が話すシリアの話」@神戸市外国語大学   ④ 【サポーターグループのご案内】 今後もイベントなどはこちらで発信はしていきますが、ご支援してくださった皆様を、Facebookのサポーターグループに招待させていただきます。   [caption id="attachment_18314" align="alignnone" width="550"] https://www.facebook.com/groups/pos.change.makers/[/caption]   ●シリアからの活動報告(限定公開の現地動画)●代表 中野のトルコからの実況中継●いち早いPiece of Syriaの活動予定●日本でのイベント情報を先行でお知らせ などを配信していきます。   今からでも入りたい!とお考えの方は、是非ご支援をお待ちしております。 https://pieceofsyria.thebase.in/about(銀行振込、カード各種)https://syncable.biz/associate/piece-of-syria/donate(VISA/Master Card) また、下記でも情報を発信していきますので、「まずは知ることから」とお考えの方は是非、チェックしてくださいませ! https://www.facebook.com/piece.of.syria/https://www.instagram.com/piece.of.syria/   http://piece-of-syria.org/contact/     ...