メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | D×P
249
archive,tag,tag-dxp,tag-249,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

D×P Tag

こんにちは!Piece of Syriaのへむりです。   1週間の写真展が無事に終了! ​ ​ 仲の良い友達がたくさん来てくれたり、 ご近所や通りすがりの方が足を運んでくださったり、 誰かのいいねやシェアで興味を持って、他県から来てくださった方々もいらっしゃって、 新しい出会いに満ち満ちた時間でした!   (お客さんがいない時間が7日間で数分ほどでした!)   ​ ​ ​   大変なことが多くって、本当にクッタクタではありましたが、 楽しいことがそれを凌駕しました!!     総合プロデューサーの小林 郁乃 (Ikuno Kobayashi)ちゃんのもと、 ​ 人望でたくさんの人を招待してくださった、倉永真紀子ちゃん、 北山 マキ子 (Makiko Kitayama)さんというマキコンビの、お気遣いに支えられ、 ​ お忙しい中を塗って、アドバイスをくださった、武田 祐輔 (Yusuke Takeda)さん、 そして、イランの素晴らしい写真で「びっくりした!!」と来てくださった方々に驚きをプレゼントした西森 佳奈 (西森佳奈)ちゃんの写真で、 素晴らしい時間を生み出すことができました! ​ また、スーパーゲストとして、8年前から仲良くさせてもらってる、 砂漠マラソン出発前の多忙な時期の間をぬって登場していただいた 認定NPO法人D×P代表のNoriaki Imaiさんのトーク、 ​ 大阪にアメリカに、めちゃくちゃ長い時間を一緒に過ごしている 籔本由貴ちゃんのトークと旅会、 ではたくさんの人たちと共に、目から鱗の時間を過ごせました! ​   また2年前と引き続き、素晴らしい場所でできたのは、 谷六Villageの谷村 英高 (谷村英高)さんのご協力があってのこと! 本当にありがとうございました!!! ​     東京のイベントから、毎日が怒涛で、 一時期、体調を壊したりもしていますが、寝たら復活してます!     あと3日はクラウドファンディングに専念したいと思います! 100人のシリアの子ども達の夢を叶えるお手伝いを! 残り3日間、69%諦めずに動き続けます! ​   是非、身近な方に「一緒に応援しよう」と一言、 お声がけしていただければ嬉しいです!! 【9月28日(金)23時までに100万円!】       お時間がある方は、下記の動画(70分)にて、 私たちの活動を説明をさせていただいていますので、 ぜひ聞いていただければ幸いです! 【Piece of Syria 活動説明会】   Facebookページ【Piece of Syria】 #ピースオブシリア #アッサラームアライクム #シリア #私たちは微力だけど無力じゃない #世界を変えるのはいつもたった一人の想いから #D×P #写真展...

        アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。         認定NPO法人 D×Pの活動報告会に参加してきました。     通信・定時制高校の高校生に「つながる場」と卒業後の「いきるシゴト」をつくる団体で、 設立代表者の今井紀明くんとは、2010年に出会いました。 (ノリくんとの出会いは、この記事をご参照ください)       ノリくんには大阪で、Piece of Syriaの写真展をした際に、 ゲストとして一緒にトークもしてもらいました。           設立7年の大先輩の団体で、活動内容も規模も、すごく勉強になります。 「僕たちに置き換えたら?」ということも考えながら話を聞かせてもらいました。     D×Pの活動の詳細は、是非、HPや報告会を見聞きしていただければと思いますので、 ここでは、僕の感想をメインで書かせていただきます。           ●寄付型NPO = 企業や行政がやっていないことができる     Piece of Syriaも寄付型で、それがゆえに他から支援が届いていないシリア国内の学校に対して支援ができています。 課題は、その寄付基盤をしっかりと作ることで、数千万円規模のD×Pさんを見習いながら、シリアの学校の継続支援とともに、日本国内のスタッフにもきちんと報酬を支払える仕組みを作りたいと思っています。       http://piece-of-syria.org/2017/12/16/report/           ●一人ひとりと向き合う     D×Pさんでは「コンポーザー」という大学生や社会人の「高校生よりちょっと大人」の人たちが、通信・定時制の高校生と長期にわたって、自分の話や夢の話を共有していきます。   お互いを否定せずに、しっかりと耳を傾いてくれる環境や、同じく通信制や定時制の高校を卒業したコンポーザーさんという「自分の未来」に触れる機会を通じて、卒業後にやりたいことがあるという生徒さんが増える結果を出しています。       先日参加したパルシックさんでもそうでしたが、「支援対象グループ」ではなく「一人ひとりの人間」として向き合うことは、僕らも大切にしたいと思います。       [caption id="attachment_17136" align="alignnone" width="400"] 写真展を手伝ってくれた仲間と。[/caption]               ●リアルとオンラインでコミュニティを作る     コミュニティが自由に選べる時代において、コミュニティは分断されがちです。   ですが、リアルとオンラインの双方を用いて、「コミュニティは横断できる」とノリくんは話していました。   オンラインで出来ることは何か? リアルで出来ることは何か?       僕個人としては、アラビア語を話す機会を創りたいと思っているのですが、 それをオンラインでするか、オフラインでするか悩んでいます。     アラビア語使う機会が減ったので、東京で【アラビア語サークル】作れないかなあ、って考えて。 【アラサーの為のアラサー】って名前いいやん!って思いついた直後に、僕がアラフォーだったことが判明したので、どうしようか悩んでます。時が経つの早いわ。#アラサー #アラビア語 #語学サークル — へむり。@シリア国内への教育支援 (@takayuki18aug) 2018年7月19日               ●発信力をつける         ノリくんは、TwitterやNOTEを通じて常時情報発信をしています。 サハラ砂漠マラソンのクラウドファンディングでも話題になりました。 D×P支援者限定のFacebookライブ動画配信やLINE、メルマガなどもしています。         僕たちはどんな情報発信をできるだろう? 僕たちの想いである「私たちは、課題ではなく、シリアの魅力を伝えたい。 ファンとして、一緒に応援する方法を考え、行動する仲間が生まれてほしい」という願いを実現するには?   今度、そんなディスカッションをする場を作れるよう考え中です。   http://piece-of-syria.org/2018/07/18/weddingparty/               ●「子ども達は可能性の塊です」       D×Pが関わっている高校生は、普通の高校よりも起業願望が高いそう。 高校生のコワーキングスペースや起業支援、クラウドファンディングのサポートなど、D×Pでは、多岐にわたる支援を行なっています。     可能性を閉ざす、大きな要因は「環境」だと僕は思っています。    得てして自身の経験をもとに、人は「できない理由」を「アドバイス」と称して話しがちですが、 それを「こうしたらできるよ」「それをやっている人がいるけど紹介しようか?」という内容に変えた時、 少なくとも「やらない」から「やってみよう」に変わる可能性があります。   やってみたら、「やらない」時の0%だった可能性が、50%に上がります。     やったことがある人からアドバイスをもらえる環境があるかどうかは、 子どもだけでなく、大人になった僕たちにとっても、可能性を広げる分岐点です。         NPO法人 D×P 通信・定時制高校の高校生に「つながる場」と卒業後の「いきるシゴト」をつくる団体 僕も大好きなNPO団体なので、一緒に応援してくれたら嬉しいです!                   ●僕自身の「夢と可能性」は?     D×Pは「Dream × Possibility」、夢と可能性という意味です。     シリア国内の状況は徐々に良くなっているという話を聞きます。 しかし僕たちが支援をしている地域では、教育機会がないままの子供達がまだいるのが現状です。     近日中に、200人の子ども達が通う幼稚園が1年間運営できるためのクラウドファンディングを立ち上げたいと思っています。 目標金額は200万円で、今までの経験からすれば「難しい数字」ではあります。       子ども達の未来のために、夢を、可能性を、追い求めていきたいと思っています。 皆さんとともに、ワクワクする未来を求められる活動にしていきますので、どうぞよろしくお願い致します!                     ・ネットでのご寄付     ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。       #僕らは微力だけど無力じゃない #ピースオブシリア#シリア#教育支援                         ...