メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 難民キャンプ
186
archive,tag,tag-186,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
 

難民キャンプ Tag

  アッサラームアライクム。Piece of Syriaのへむりです。 ● トルコの市民権を得る ● 中東の「難民」、欧州の「難民」 についてお伝えさせていただきます。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ トルコの市民権を得るメリット ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   トルコ便り⑤でお伝えしましたが、トルコに住むシリア人のステータスは、 「来たばかりの人」、「Kimlik(外国人登録)」、「市民権」の3種類です。     市民権を取得するには、 ・トルコに5年住み続けていること ・トルコ語が話せること、 ・トルコにとって品行方正であること ・学歴や技術を持っていること 等、条件があります。   しかし、話を聞いていると、その条件がピッタリ当てはまる人でなくても市民権を得ていたり、 逆に取れていない人もいる、とのことです。   Kimlikがあれば、教育や医療を受けることができますが、移動の自由がありません。(参照)トルコ便り⑤   Kimlikを登録した県以外への引っ越しどころか、移動さえ難しく、 移民局の許可がなければ、県外に出られず、許可もなかなかおりないため、 仕事探しや家族に会いに、隣の町にいくことができない、という話をよく聞きます。 (日本で県外に出られない、という制約を想像してもらえたら、その大変さがイメージできそうです)   <僕らにとっては非常に便利なトルコのバス事情だが…>   トルコの市民権を得た場合、トルコのパスポートを取得することができ、 トルコ国内だけなく、日本をはじめ海外に行くこともできます。 家を購入することもできます。   トルコの与党は、シリア人に対して、無理に追い出すような政策をしていませんが、 野党はその反対の姿勢になるので、当然、シリア人を追い出すような対案を持っています。 「いつか選挙で与党が負けた際には、急にシリアに退去強制させられるかもしれない」 そんな不安もある中、トルコの市民権の取得は、 トルコに住む家族の仕送りに頼っている家族にとっても、 シリアに帰ったら徴兵制で戦前に送られるかもしれないと不安を感じている若者にとっても、 自分と家族の安定と安全を守ってくれるものなのです。   ただし、それが認められたケースは非常に限られています。 (聞いた話だと3万7000人。多そうだがトルコに住むシリア人全体の1%)     http://piece-of-syria.org/2019/03/03/kimlik/       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 中東の「難民」欧州の「難民」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   「難民」といえば、難民キャンプに生活しているイメージをお持ちかもしれませんが、 実際には数%程度で、ほとんどが家賃を払って、都市で生活をしています。 そして「難民キャンプ」と名前がついていますが、 そこに住んでいる人たちは、実際には「難民(Refugee)」というステータスではありません。 「Asylum Seeker」(亡命希望者)というステータスです。 言い換えると、「難民になりたい」ということで、「難民」にはなっていません。   <イラクの難民キャンプ>     「難民申請」「難民認定」という言葉があるように、 申請し、認定されないと難民にはなれないからです。 シリアから国外に避難する際、周辺国のトルコ、ヨルダン、イラク、レバノンに向かうことが多いです。 しかし、それらの国では「難民」となれず、 ドイツやスウェーデン、カナダやアメリカなどで「難民」を目指すわけです。   例えば、僕が2016年にスウェーデンに訪れた際に教えてもらった例で言いますと、 難民申請から認定まで2年ほどかかりますが、 その間、語学訓練が実施され、授業に行けば生活費が支給され、家も個室(相部屋の場合も)でした。 難民認定後、5年以上定住し、安定した就労していることが認められると、国籍を得ることもできるそうです。   <スウェーデンの難民キャンプと語学学校>   シリア周辺国はまだ途上国で、ここまでの保障ができかねます。 制度が変わることも珍しくなく、いつ追い出されるかもわかりません。 就労そのものが認められていなかったり、仕事がなかったりします。 周辺国のシリア人は仕事がなくなれば「ゆっくり死んでいく」と表現している人さえいました。 トルコを除けば、国籍の付与も少ないため、特に子ども達の将来を考えて、不安だと言います。 子どもは、今住んでいる国しか知らないが、その国の国籍もないままで、その国の教育しか受けておらず、 いつしか実際の故郷にも、縁がない状態になってしまうからです。 将来への保障が感じられる「難民」と、 特に子ども達が不安定な立場になる不安が大きい「難民希望者」。     「ゆっくり死んでいくくらいなら」と、命をかけて死のリスクを負って ヨーロッパに密航する人たちがいたのです。 そして、家族を呼び寄せて、子ども達への未来を紡ぐために。   <トルコから見えるほどの距離にあるギリシャのレスボス島。かつては難民が殺到していた>      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ シリア人は難民になりたかったのか? ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   シリアの人たちは、シリアという国が大好きです。 難民や難民希望者として受け入れている国への感謝をしつつも、 「シリアの方が豊かだったし、いい国だよな」という声ばかりです。 ヨーロッパに渡ったシリア人でさえ、その調子です。 (もちろん、そこに、三丁目の夕日的な「昔は良かった」という美化されたノスタルジーがあると思いますが) 離れ離れで暮らす家族、戻れない故郷は、いつも彼らに影を落としているように感じます。   いつか、シリアに戻れる日を。家族が集まれる日を。 僕らができることは限られていますが、 できることを、ひとつでも積み重ねられたらと思っています。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【トルコ便り】 ①【シリアはどうなるのか?】● トルコに残る人たち  ● シリアの今 ②【トルコに住むシリア人の声】● 閉じ始めた難民キャンプ ● シリア人とトルコ人の中で起きた衝突 ③【シリアからトルコへ。トルコからシリアへ】● 難民は負担なのか? ● トルコから去りたいシリアの人たち ④【移動ができない、という日常】● トルコのバス事情 ● シリアの中のトルコとクルド ⑤【シリア人のIDと医療と教育】● トルコに住むシリア人のID      ● 医療と教育事情 ⑥【シリア人のID ~教育と医療~】● 母国語で学べない● 病院に行きたい時は ◉【トルコでの僕の仕事とクルド民族について】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。    ...

  アッサラームアライクム。Piece of Syriaのへむりです。   ● 外国人登録証Kimlikとは   ● 難民キャンプが閉鎖する理由 についてお伝えさせていただきます。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  トルコ密入国、直後 ~ Kimlik取得 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   トルコに住むシリア人のステータスは、3つあります。 「来たばかりの人」「Kimlik」、そして「市民権」です。 2011年の戦争前までは、買い物のために国境を越えるくらい自由でしたが、 今では多くの場合、シリアからトルコに来るのは密入国です。 相場は、時期や業者(安全度)によって違うのですが、最近は一人3500$と聞きます。 壁やフェンスができており、業者はその警備のスキマを探して国境を越えさせるのですが、 見つかれば射殺されるというリスクがあります。 (トルコ軍が密入国を斡旋しているケースもあるらしいですが、定かではありません)   2011年3月以降トルコ軍国境警備隊は避難しようとしたシリア人400人を射殺(2018年8月28日)#シリア #トルコ #難民 https://t.co/Qiikn6unK3 — シリア・アラブの春顛末記 (@SyriaArabSpring) 2018年8月29日   国境を越えた後、Kimlikという外国人登録証(Protection Card)の申請を行ないます。 「以前はそれほど重要視されていなかった」というこのKimlikが、 1~2年前から死活問題になる程に重要になっているとのことです。 Kimlikなしでは、学校に行けず、病院も保険なし、仕事もままなりません。 銀行口座や携帯電話を取ることもできないそうです。 (なので、国境を越えてすぐのところに、ヤミのSIMカードが売る人たちがいるんだとか。  ヤミなので、数ヶ月で使えなくなることもあるそうです)   <難民が殺到していた時期、ギリシャの島レスボス島の難民キャンプ前では携帯会社がSIMを売りに来ていた>   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  Kimlikとトルコの難民キャンプ閉鎖 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   Kimlikは申請してすぐに取れるわけではなく、数ヶ月から1年かかることも。 身内に障がいを持った人や病気の人がいた場合などは、優先して発行してくれるそうです。   Kimlikは県ごとの管理になるそうで、シリア人が特に多く流入しているトルコ南部の町では、 Kimlikを発行するイミグレーションオフィスが一時閉鎖したことも(しかも数ヶ月!)。 一度登録してしまえば、その県とIDが紐づくので、引っ越しは難しいと聞きました。 僕が訪れた、あるシリア人の家族は、トルコの難民キャンプに数年住んでいたのですが、 難民キャンプは今年から閉鎖が進んでいます。   トルコ内務省はシリア難民13万人を収容していたキャンプ6カ所を閉鎖(2018年11月22日)#シリア #トルコ #難民 https://t.co/nGrnRt9pNk pic.twitter.com/SSOCYJmlvz — シリア・アラブの春顛末記 (@SyriaArabSpring) 2018年11月24日   そのため、その家族は難民キャンプから出て、自分たちの家を探さないといけないのですが、 キャンプがあった県はシリア人がほとんどいなかったそうで、 シリア人が多く住む、シャンルウルファ県にやってきたのです。 <トルコの難民キャンプ>   しかし県が異なるので、Kimlikがまだ取得していないことも多く、様々なサービスが受けれない状況にあります。 シリア国境近くの難民キャンプの閉鎖の裏には、お金の問題だけではなく、 トルコ軍のシリア侵攻が関係している、という人もいます。 (シリア国内にトルコ軍占領地があり、そこを拡張しようとしています。参照:トルコ便り④)   キャンプのあったところに、軍が配備されており、そのためにキャンプが撤去された、 と、あるシリア人は僕に話してくれました。   ※僕が見た限り、報道では、軍の配備とキャンプ閉鎖との関連は書いていませんでしたが、 軍の配備している場所については、キャンプのある地名(スルチ区・アクチャカレ区)と重なります。 (参考) ●【テロ掃討】 国境向かい側からの挑発に対しトルコ軍が瞬時に報復 TRT2018.11.4   ●Turkey closes six Syrian refugee camps (2018.11.22) トルコ内務省は、19あるシリア難民キャンプのうち6つを経済緊縮を理由に閉鎖した。トルコに住むシリア人は、2017年の340万人から、2018年には360万人に。トルコ政府は、トルコ軍が占領するシリア北部の安全地帯へのシリア人帰還を進める政策をしているが、実際にはトルコのシリア難民の数は増えている。トルコ南部のガズィアンティップ県、マルディン県、シャンルウルファ県の、13万2000人の住む6つの難民キャンプを閉鎖した。 内務省は、閉鎖の理由について経済の緊縮とし、キャンプに住んでいたシリア人は経済支援を使って家を借りていたと話した。3万1000人のシリア人はトルコの他のキャンプに移動した。6つのキャンプ閉鎖によって、7690万リラ(1450万ドル)が節約できたという。   <スルチ>  <アクチャカレ>   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  僕らは、夢の中にいる ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   「数ヶ月あれば、状況は変わってしまう。  だから、僕らは帰るのは難しいんだ。まだまだリスクが高い」 と、言うと、友人は涙目になりながら、僕に語ります。   「まるで、夢の中にいるみたいだ。  7…いや、もう8年だよ。戦争が始まってから。  僕の故郷も、政府軍に、ダーイシュ(IS)に、クルド軍に、  めまぐるしく支配する組織が変わり、そのたびに破壊されてきた。  帰っても、僕の住んでいた家はもうないんだ」   朝起きて、家族とご飯を食べ、学校や職場に行き、 2時には仕事を終えて、家に帰って、家族とご飯を食べ、 夕方から夜にかけて、友人たちとおしゃべりしたり、親戚の家に行ったり・・・。 のんびりと、人と人とのつながりを、家族を大切に生きてきたシリアの人たちの「当たり前」。 それが再び、「当たり前」になる日がくるように、僕たちができることはあるのでしょうか。 答えは出ないままですが、今できることを少しずつ積み重ね続けたいと思います。   次回は、シリア人のIDの続き、「kimlik取得後」と「市民権」について、解説したいと思います。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【トルコ便り】 ①【シリアはどうなるのか?】● トルコに残る人たち  ● シリアの今 ②【トルコに住むシリア人の声】● 閉じ始めた難民キャンプ ● シリア人とトルコ人の中で起きた衝突 ③【シリアからトルコへ。トルコからシリアへ】● 難民は負担なのか? ● トルコから去りたいシリアの人たち ④【移動ができない、という日常】● トルコのバス事情 ● シリアの中のトルコとクルド ⑤【シリア人のIDと医療と教育】● トルコに住むシリア人のID      ● 医療と教育事情 ⑥【シリア人のID ~教育と医療~】● 母国語で学べない● 病院に行きたい時は ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【ご寄付】 ・ネットでのご寄付     ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。   ...

  アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。ヨルダンにあるザータリ難民キャンプを訪問し、伺ったお話を共有させて頂きます。   ※見聞きした話になるので、公式なデータではなく、ご参考としてお読み下さいませ。  また、時期によって状況は異なります。こちらは2017年11月時点です。   ● キャンプ内の教育はどうなっているの?   基本的に、無料で誰でも教育を受けることができます。 ですが、村落部から逃げて来た親達が、教育に関心を持っていないケースがあり、学校より働いて欲しいと願う場合も多いと聞きました。   キャンプ内の学校は、ヨルダンの教育省が運営しているもので、 卒業すれば、普通の公立学校と同じ卒業証明書をもらえて、大学に行けます。 学校は午前が女子、午後が男子、と行った風に分かれています。   学校は、年齢ではなく学力がベースで学年が振り分けられています。 (シリア騒乱直後に、学校に通っていないケースもあるため)   そうした正式な学校の他に、NGOが運営する補習校のようなものがあり、 学生の補習のほか、学校に行っていない子ども達のために、読み書き計算や情操教育を実施しています。   そうしたNGOでは、学習に関心がない家庭の子ども達に、学校に来てもらうように家庭訪問をしたりもしますが、 最終的には自分の意思で来てもらうことを重視しています。   ヨルダンの大学の授業料は高く、奨学金を得て行くケースが多いとの話で、キャンプから大学へ通うバスを大学が準備してくれたりもするそうです。キャンプ内で短期の授業を行なったりすることも。   https://www.youtube.com/watch?v=20qpq6Y7Lk4&t=8s     ● キャンプ内の医療はどうなっているの?   治療、出産、予防接種など、基本的には無料で受けられます。 しかし、薬が不足しており、薬局はキャンプの外の街に行かなければありません。 また、歯科医療は3ヶ月待ちだそうです。   ● 離れている家族(シリア国内にいる場合も含めて)とのやりとりはSNSや電話でできているのですか?   できてます。 しかし、キャンプ内の電波は非常に弱いです(外部と連絡してテロなどのリスクを避けるためと聞きました)。   電気も計画的に停電しています。   また、シリア市内も電力不足や電波が弱いこともありますが、 小さな村に住む、僕のシリアの家族ともWhatsAppでビデオ通話ができるほどにはアクセスができました。         ●キャンプでの生活で困っていることは何ですか?  暑さと寒さが厳しいことと、すべてに許可が必要なこと、という話を聞きました。 (マイナス面を質問したくなかったので、あまり聞けていません)   寒さを防ぐためのブロック塀の積み方などがあるそうなのですが、治安上の理由からできなかったそうです。   [caption id="attachment_16535" align="alignnone" width="500"] キャンプの入り口[/caption]   ちなみに、セキュリティゲートを抜けると、「シャームゼリゼ通り」と呼ばれる商店街がある。 (シリアの首都ダマスカスの別名”シャーム”と、”シャンゼリゼ通り”を掛け合わせた名前だが、以前はシャンゼリゼ通りと呼ばれていた)   普通の街と見間違うほど、八百屋、服屋、仕立て屋、レストラン、携帯ショップなど充実した店が並んでいます。 正確には違法だそうですが、限られた有力者が卸問屋らしく、その辺りは曖昧になっているそうです。         普通の街と大きく違うのは、自転車屋さんが多いこと。 シリアでは慣習的に子ども達しか乗っている姿を見ませんでしたが、 東京ドーム112個分という広大なキャンプ内の移動に、自転車が大活躍しています。     https://www.youtube.com/watch?v=N6uwFqZpkv8     ●以前と比べてキャンプ内の状況の変化について(待遇の良し悪しなど)   インフラや治安面を見ても、よくなってると聞きました。 水インフラは、今は給水車やバキュームカーで供給していますが、来年には上下水道を通す予定だそうです。   ですが、あるキャンプ内の施設で働くヨルダン人によると、 「シリアの状況が良くなって来たから、ザータリ難民キャンプの半分近くのシリア人がシリアに戻ったよ。 キャンプを出て行った人が皆、シリアに戻るとは限らないけれど、大半はシリアに戻ったみたいだ」と。   他のスタッフからは「シリアに農地や家などがある場合に限るから、帰る人はそれほど多くない」とも。   ちなみに、ザータリ難民キャンプの人口は8万人とされていますが、実際はその倍近い、という話も聞きました。 現在、新たなシリア人の受け入れは行なっておらず、アズラック難民キャンプという別のところで受け入れています。   アズラックは、砂漠のど真ん中にあり、夏冬の寒暖差や、砂嵐がひどく、 ザータリと違って、近くに街がないため、買い物や労働ができないため、非常に人気がありません。   [caption id="attachment_16539" align="alignnone" width="500"] 近くの町マフラックからキャンプにバスが行き来する[/caption]       ● 笑顔は指標にならない 2016年1月に1度、今回、2017年11月に2度目の訪問になります。   一度目の訪問は、自由行動でしたので、その辺りをぶらっと歩いていると、 通りすがりの方にコーヒーをご馳走になって、そのまま家の中まで案内してもらいました。     水タバコを吸いながら、話を聞いたり、家庭菜園の様子を見せてもらったり。 そのあとは子ども達とサッカーをしたり、また昼ご飯を別のおうちでご馳走してもらったりもしました。   自分たちが大変な立場になっても変わらない、シリアの人たちの「おもてなし」の心に感動しました。       [caption id="attachment_16537" align="alignnone" width="500"] キャブセという鶏肉ご飯[/caption]       今回もまた、感じたのは、決して悲観的には見えないシリアの人たちの姿です。 ただ、じっくりと話を聞いて見ないことには、もちろん分かりません。 僕が以前、このような記事を書きました。。   「笑顔は貧困の指標にならない。 この言葉を教えてくれたのは、日本人の現地スタッフの人だ。 コミュニティができる、日常がある。そうである以上、笑顔がない、ということはあり得ない。 「貧しさ」を「哀れなもの」として強調する時に使われる悲しみの表情に満ちた写真は ある種の“虚像”で、自然災害や戦争などの異常事態、つまり短期間で突発的な非日常だ。 だが本来、貧困というのは慢性的で、じわじわと人々を苦しめている。 が、そこには笑顔があるのだ。」 「笑顔は貧困の指標にならない  ~僕がフィリピンで見てきたこと~」   僕が訪れたわずか2日間で見えたものは本当にわずかではありますが、 一つの視点として、皆さんと共有できれば幸いです。     ● 私たち支援の詳細     1000円から始められる、子ども達の未来を創る活動。 ポストカードを買っていただくこと、 シェアをしていただくこと、 そうした一つひとつが世界を変える力になります。 未来を変える力になります。 是非、一緒に動いてもらえたら嬉しいです!!!   ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。        ...