メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 安田菜津紀
223
archive,tag,tag-223,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

安田菜津紀 Tag

  アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。     [caption id="attachment_16890" align="alignnone" width="400"] 奈良の写真展でギャラリートーク[/caption]   ● 平和で豊かなシリアから僕たちが学ぶこと   僕は、動画・講演・写真展で、「平和で豊かだったシリア」を伝えることを努めています。   愛に溢れ、「当たり前」の日常を豊かに生きるシリアの人たちに、触れて頂くことで、   「平和の大切さについて考える機会になった」 「シリアがこれほど豊かだったとは知らなかった。  なぜ、このような戦争が起こるのか。  メディアで伝えていることに疑問を持てるようになった」 「遥か遠くの出来事ではなく、身近な存在として感じられるようになった」   とのご感想を頂いています。     僕の出逢った、豊かな心を持ったシリアの人たちの姿は、 僕たちにたくさんのことを学ばせてくれます。   その学びを、広げて行くことが、彼らへの恩返しになるように、 これからも動いていきたいと思います。   [caption id="attachment_16893" align="alignnone" width="400"] 大阪の写真展にて[/caption]       ● 悲劇を伝えるのではなく   目を覆いたくなる悲劇は、瞬く間に大きく広がります。 また、その中には、不確かな情報も多くあります。   特にシリアは「情報戦争」と言われるほど、複雑な状況下にあるので、 安易に判断がつきません。   しかし、もっともらしい「解説」がつき、 真実かどうかを確かめられることなく、 無邪気な「共感」をのせて広がる時、僕は恐怖を感じます。   各々の方々が、平和のため、人権のため、生命のため、という想いから行動をしながらも、 ”結果として、かえって平和が遠ざかることもありうるのでは?”と 不安な気持ちを感じています。   とはいえ、僕自身も「何が正しいか」は伝えられず、 もどかしい気持ちで胸がかき乱されます。   僕が言えるのは、「何が確かな情報なのか」というのは、 様々な方向から伝えられることに、真摯に耳を傾けながらも、 自分の先入観を疑い続けることでしか、近づけられないように思います。   悲劇に感情的に反応するだけでは、決してたどり着けないものだと感じています。     http://piece-of-syria.org/2018/04/20/voicefromsyria/     ● 現地で活動をする素晴らしいNGO・ジャーナリスト   UAEから帰国して2週間、 AAR、 KnK、JIM NETの報告会、安田菜津紀ちゃんの写真展といった、 シリアの人たちのために活動をする人たちから話を聞きました。   僕が2015年以降に、難民となったシリアの人たちを訪ねて回った10カ国の旅の最中、 それぞれの活動を見させて頂いたことがあります。   本当に素晴らしく、関わっているシリアの人たちの目の輝きに驚き、 一人ひとりの人たちと信頼関係を築きながら、 シリアの人たちに、素晴らしい活動で希望を届けていました。   僕も現地でもお世話になって来ましたので、なんとか恩返しを、と 募金や広報のお手伝い程度ですが、させて頂いています。     [caption id="attachment_16892" align="alignnone" width="400"] 国際平和映像祭にて表彰される[/caption]     ● 平和な頃のシリアを伝えよう   その中で、なかなか手が届いていないところを、という視点で、 僕たちの活動の柱にしているのが、 「シリア国内への支援」と「今と昔のシリアを伝える」ということです。   シリアの戦争が始まって7年、今まで様々な団体の報告会に足を運ばせていただきましたが、 「平和な頃のシリア」についての説明は、意外なほど少ないように感じました。   難民となってしまったシリアの人たちの想いと共に、 僕自身が「外国人居住者」として、コミュニティに溶け込んだ日々について伝えることは、 記事の冒頭でお伝えしたような、皆様に「考えるきっかけ」をお伝えできると感じています。   https://www.youtube.com/watch?v=_dPA3bPs_nw 全国で講演・写真展の機会を増やしていければと考えていますので、 「一緒にやりたい!」という方がいらっしゃいましたら、是非、ご一報ください。   大阪・東京であれば、「少人数の勉強会から」という形も考えています。   お世話になったシリアの人たちの恩返しのため、 僕ができることは何か、考え、行動し続けたいと思います。     http://piece-of-syria.org/contact/ 5月26(土)27日(日) 福岡にて報告会イベント予定 詳細は近日中にお伝え致します。       ...

    僕が平和なシリアに住んでいた時、お世話になったシリア人スタッフのQさんは、 僕がFacebookで誕生日や結婚式の写真を挙げるといつも「おめでとう」とコメントをくれます。   今もダマスカスに住む彼に連絡を取ると、彼も彼の家族も無事であることを教えてくれました。     確認できてよかったとボイスメッセージのアラビア語で伝えると 「綺麗なアラビア語ですね!あなたの優しさにとっても幸せです。 このメッセージを友人達にも届けました!」と返事が返ってきました。     [caption id="attachment_16862" align="alignnone" width="332"] ダマスカスのQさんから送られてきた動画のキャプション[/caption]     先日伺った、安田菜津紀ちゃんの写真展で書かれていた、あるシリア人のメッセージ。   「私たちを苦しめてきたのは、これだけのことが起こりながら、 関心を寄せてないという無視されている感覚なのです」       Nakano Takayukiさん(@hemuri.syria.love)がシェアした投稿 - 2018年 4月月15日午前1時13分PDT           僕の周りのシリアの友人達とその家族で、昨日の空爆による被害は聞こえてきません。     シリアへの攻撃のニュースを聞いて、思考停止しそうになるほど、心が揺さぶられた。今、シリアに生きる友人達や現地支援をする仲間からは、無事であること、本格的なものでは無いようだ、との返事が来た。大きなことはできないかもしれないが、小さくとも一人ひとりの命に寄り添い続けたい。— へむり。@シリア国内への教育支援 (@takayuki18aug) 2018年4月14日       ですが、8年目になるシリア危機の中で、様々な悲しい出来事がありました。 それに対する無力感と僕たちは向かい合っています。     ただ、こうして関心を寄せること、 共にできることを模索し、力を合わせること、 小さくても、僕たちができることはきっとあります。   僕たちは、微力だけど、無力じゃない。   この言葉を胸に、引き続き、行動続けます。         「私たちに何ができるだろう?」と言ったとき、私たちは現場で頑張るその団体を支えることができます。…と言った内容の話を堀 潤さん@8bit_HORIJUN がお話しされてて、本当に!と思いました。僕たちは小さな団体ですが、現場の人たちの為に動き続けたいと思います。 https://t.co/u9Z2OsYEdq— へむり。@シリア国内への教育支援 (@takayuki18aug) 2018年4月13日     今からご支援をお考えの方も大歓迎です! (ゆうちょでもリターンもお選びいただけますので、ご連絡ください)   ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。         ● 今回のクラウドファンディング以前までの収支報告 (2016年10月〜2017年10月) となりました。      ...