メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 伝える
246
archive,tag,tag-246,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
 

伝える Tag

    私たちは、課題ではなく、シリアの魅力を伝えたい。 ファンとして、一緒に応援する方法を考え、行動する仲間が生まれてほしい。   それが、Piece of Syriaが今、伝えたいこと、行動したいことです。     シリアはかつて、教育レベルも高く、豊かな食生活があり、家族と共に生きる時間に満ち溢れ、 安全に豊かな暮らしを営むことができました。 なにより、信じられないほどの温かさで僕らを迎えてくれるシリアの人たちは、世界で類を見ないほどです。         しかし、今やシリアと聞くと「戦争」や「難民」といったイメージが最初に思い浮かぶようになり、支援を行なう中でも、報告会のテーマは「困っている状況」にスポットが当たります。   [caption id="attachment_17120" align="alignnone" width="400"] 日本の20倍治安が良かった2010年までのシリア。見知らぬ人の結婚式にもちょくちょく参加しました。[/caption]         世界には「役割」があります。 個人や団体の、シリアの人たちに対する素晴らしい活動を目の当たりにする中で、 私たちの役割とはなんだろう?と考えました。   シリアの人たちが今、抱えている辛さや困難をしっかりと受け止めた上で、 僕たちはそれでも、彼らの中にある希望に、光に、目を向けて応援したいと思っています。   それは、彼らが「困っているから」ではなく、「大好きだから」です。   センセーショナルな画像や動画よりも、笑顔や希望に満ちた写真を使いたい。     それはインパクトに欠けるかもしれませんし、 結果、ご支援が集まらないのであれば、本末転倒かもしれません。   そんな葛藤はありますが、ぼく達が大切にしたい想いです。   [caption id="attachment_17116" align="alignnone" width="400"] 2005年、バックパッカーとしてシリアを訪ねて[/caption]     シリアの戦争が終わり、平和になり、「支援」の段階が終わったときに(あるいはその過程で)、  「シリアに行ってみたいな」って思ってもらえるような、 一緒に行きたいって思ってもらえるような、そんな活動にしていきたいと思っています。   [caption id="attachment_17118" align="alignnone" width="400"] いつか、一緒に僕が住んだ村に行きたい![/caption]       先日、京都で結婚パーティーをしたのですが、 妻と相談して、引き出物を「Piece of Syriaへの支援」にしました。   (結婚式の予算でシリア難民の子どもたちをお腹いっぱいに トルコ人の新郎新婦が話題というトルコで起こった出来事に影響を受けまして…) Bride and groom spend wedding day feeding 4,000 Syrian refugees in Turkey http://t.co/hbtLBpAnXK #BeInTheKnow pic.twitter.com/hzeyLJI5F9 — ktn (@KTNKenya) 2015年8月5日       参加者の皆には、「一緒に応援させてもらいました」というメッセージのカードをお渡ししました。 参加してくれた友人から、こんな感想が届きました。         「今までずっと、ピースオブシリアのクラウドファンディングなどにも参加したかったのに、 本当に自分のことで精一杯で。参加できないことが情けなくて、悔しかったんです。 今回、ずっとさせてもらいたかったことに参加させていただけて嬉しかったです!」     「幸せを共有する贈り物」として、こういう形が広がっていけばいいなぁと願っています。   シリアの結婚式の様子     ・ネットでのご寄付     ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。       #僕らは微力だけど無力じゃない #ピースオブシリア#シリア#教育支援           ...