メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | メディア
184
archive,tag,tag-184,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

メディア Tag

    ●内戦前の「平和」知って 奈良でシリア写真展   元青年海外協力隊で、内戦以前のシリアに派遣されていた、シリア支援団体サダーカのメンバーの中野貴行さんの写真展が16日、奈良市三条本町の市はぐくみセンター1階で始まった。22日まで。   会場には中野さんがシリア滞在中に撮影した約40点の写真を展示。学校の授業を熱心に受ける子どもや、笑顔がはじける人物、さまざまな場所の穏やかな風景など、画面を通して平和な世の中が感じられる作品が並んでいる。   きょう17日午後1時30分から、21日午後午後1時30分と同4時からは、中野さんが作品を紹介しながら、平和の尊さを訴える。中野さんは「シリアは、シルクロードで奈良とつながっている。一番大切なのは早く戦争を止めること」と話した。 奈良新聞 2016年5月16日   ------------------------------------------------------------------   「シリアの人たちに話を聞こう」と決めて、訪れた中東ですが、どうして話を聞けば分かりませんでした。     そこで、日本にいる時からつながりのあった、シリア支援団体「サダーカ」さんを頼りました。   シリアで青年海外協力隊を経験した人たちを中心に、「戦争を止めること」を目指して政策提言を日本政府に向けて行ないながら、創設者の田村さんが(当時)住んでいたヨルダンでのシリア難民支援を行なっていました。     サダーカさんから始まるご縁で、シリアのために動いている様々な団体やメディア関係者、そしてシリアの人たちとつながることができ、多くの人たちの話に耳を傾けることができました。   継続的にサダーカさんと関われていないという意味で、記事にあるような「メンバー」と言うにはおこがましいのですが、写真展や新聞に取り上げていただくのも、サダーカさんの今までの実績があってのこと。   それもあって、サダーカのメンバーとして掲載していただきました。     http://idea-journey.com/refugeecamp/       もともと、写真展の写真は、サダーカが所有する誰かの写真だったのですが、   どこで誰がどんな状況を撮った、と言った説明がついておらず、これではいくらなんでも僕が解説できません。     と、言うことで、昔のシリアやシリアの人たちが難民として生活している国々で撮った写真を印刷して、写真展で飾らせていただき、ギャラリートークをさせていただきました。               これをきっかけに、「写真展ってできるんだ!」という自分の殻を破ることができて、以後、写真展を各地でやれるようになった、という、本当にありがたい機会でした。       http://piece-of-syria.org/2017/10/10/shikoku/     http://piece-of-syria.org/2016/03/15/nagano/      ...

  アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   ザータリ難民キャンプで活動をしているメディアチーム【The Road( الطريق )】を訪問させて頂きました。     ● 受け手を発信者に変える   メディアチーム【The Road( الطريق )】は、キャンプ内で取材をして読み応えのある雑誌を出版していたり、   <月刊誌 The Road>   めちゃくちゃ魅力的な動画を作成していたりするのですが、     元々は、生活情報などを共有するためのチラシを作成していたところから始まったそうです。     しかし今は、「取材される側」として、待つことしかできなかった「難民」という立場にあったシリアの人たちを、 メディアが取材をするのを待たずに、自らが「発信側」にまわる大きな役割を果たしています。     政治的にデリケートで、答えたくない質問を浴びせかけられたときも「答えなくてはいけない」という思い込みから無理やり答えていたり、 取材者があらかじめ「こう答える」と決めてかかって、その答えを引き出すための「取材」という名の素材集めをされて、事実とは違った報道がなされたり、 そういった「受け手」だった立場にありました。   取材する中でわかってくる「答えたくない質問には答えなくて良い権利」。 同じ立場だからこそ伝えてくれる、難民という立場になった人たちの「本当の声」。 それを欧米のステレオタイプに当てはめることなく、 発信側が伝えたい方向に脚色されることなく、伝えられる事実。   是非、彼らの作っている動画を見てください。 映像の美しさ、彼らの等身大の人生の過去や今が垣間見れます。                     ● このThe Roadをご支援されたい場合は、こちら。   ● 私たち支援の詳細   1000円から始められる、子ども達の未来を創る活動。 ポストカードを買っていただくこと、 シェアをしていただくこと、 そうした一つひとつが世界を変える力になります。 未来を変える力になります。 是非、一緒に動いてもらえたら嬉しいです!!!   ・ネットでのご寄付 https://pieceofsyria.thebase.in/   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。        ...