メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | トルコ
289
archive,tag,tag-289,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

トルコ Tag

アッサラームアライクム!Piece of Syriaの中野貴行です。 8月21日(水)に、大阪・弁天町でトークイベントを実施しました! 小学生や中学生にも、ご参加がありまして、 最後まで大人たちと一緒に聞いてくれました!         一緒にイベントをしたのは、世界90カ国で国際ワークキャンプを実施されている「NICE」。 なんと100年もの歴史がある団体です! (修正)2020年でワークキャンプを初めて100周年!ですが、団体設立が100年というわけではありません。失礼をいたしました。     最初は、大学4年時に休学し、NICEの「ぼらいやー(旅×ボランティア×1年間)」に参加して、 ボランティアをしながら世界一周した金澤 鮎香ちゃんのトーク。 トルコが大好きで、トルコを知ってもらうイベントを企画している、情熱の人です! ご感想を読ませていただくと、彼女のトークを通じて、 「NICEのワークキャンプに参加したい!」と思った方がたくさんいらっしゃいました!         この投稿をInstagramで見る   トルコで肉で胃もたれしている方に🍗 🥙ファラフェルがおススメ🥙 👉ひよこ豆やそら豆で作ったコロッケで中東で広く食べられている 👉アラビア語の看板があったら高確率で置いてある 日本ではお肉殆ど食べないので(肉嫌いではない)胃が疲れたこのタイミングでは有難い🤤 #トルコ #シリア #ファラフェル 金澤 鮎香(トルコ紹介屋さんayuka)さん(@turkey_ayuka)がシェアした投稿 - 2018年12月月10日午後1時26分PST         僕の方からは、「シリアの昔」「今のシリア国内の状況」「難民の状況」、 そして、Piece of Syriaが実施している活動についてお話しさせていただきました。   「身構えて聞きに来ましたが、笑いながら、話に引き込まれました。  いつか、平和になったらシリアに行ってみたいと思いました」とのご感想。     シリアの話は複雑ですし、ニュースでは悲観的なものが多いです。 (というより、悲観的だからニュースになるのですが…) 戦争になる前のシリアを知っている僕だからこそ、 私たちと変わらないような、戦争の前の「当たり前の日常」を伝えることで、 今の戦争の影響の大きさを感じてもらえるお話ができる、と思っています。     そして、「かわいそうな人たち」という目線ではなく、 「魅力的な人たちを応援したい」という視点で、 皆さんと一緒に活動していけるように、日々、考えて動いています。   今後も様々なイベントを企画しています! 今回も、「2回目でしたが、違う感動がありました」とのご感想もいただいたり、と、 単なる報告会を超えたものをいつも考えておりますので、 初めての方も、リピーターの方も、是非ぜひ、ご参加ください! (リピーターの方は、スタッフ参加をオススメしております!!)     また、今回のイベントでは、「おひねり制」をとらせていただきました。 皆さんの温かなご支援で、 おひねり+懇親会の差額 26500円 グッズ売り上げ 3500円  の合計 30,000円 をお預かりすることができました! Piece of Syriaの活動費として、大切に使わせていただきます!       この水曜日のイベントは、徹夜で準備したのですが、 翌日は、大阪の高校でお話させていただきました! 「私の学校でも、話して欲しい」とのご要望も、いつでもお待ちしております。       この投稿をInstagramで見る   【新聞11紙に、記事を掲載いただきました】 先日、共同通信を通じて、熊本日日新聞に、 記事を紹介いただいたことをお伝えいたしましたが、 11紙で紹介されたとのことです! http://piece-of-syria.org/2019/07/11/kumamoto/ #共同通信 #新聞掲載 #シリア #分身 Piece of Syriaさん(@piece.of.syria)がシェアした投稿 - 2019年 8月月8日午前12時46分PDT     【今後の Piece of Syria イベント予定】 東京 9月22日(日) 福岡 9月27日(金)、28日(土)、29日(日) with 鬼丸 武士(アラブの珈琲) 東京 10月5日(土)昼 札幌 10月12日(土) 広島 10月19日(土) 京都 10月20日(日) 大阪 10月27日(日)D×P代表 今井紀明さん 東京 11月 国境なき医師団 白川優子さん Peace Winds Japan 井上慶子さん     【中野が企画参加するイベント予定】 大阪 10月6日(日) 【恋するイスラーム】主催 ※未定 大阪 10月27日(日)朝【アラ人(ジン)】主催 本山シェフと作るアラブ料理教室(仮) 大阪 11月 【アラ人(ジン)】主催 プロGPSランナー志水直樹と一緒に走ろう!     「報告会の手伝い希望」「詳細希望」の方は、下記へご連絡頂ければ幸いです piece.of.syria@gmail.com http://piece-of-syria.org/contact/ https://www.facebook.com/piece.of.syria/ 件名に「報告会の手伝い希望」と、ご記入の上、 ①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④地域 ⑤お手伝いしていただける内容(報告会企画・当日ボランティア・広報など)をお知らせくださいませ。   【2019年9月2日〜クラウドファンディングが始まります!】 シリア国内の、政府や国際組織などからの支援がない地域に住む200人の子ども達が通う幼稚園をサポートし、シリアを復興する未来の人財を守ります。目標金額200万円。 [caption id="attachment_17907"...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむり(中野貴行)です。 先日、トルコ駐在から日本に帰ってまいりました。     ● 生の声を聞きに来てください!(8/21(水)24(土)@大阪)   トルコで感じたこと、聞いたこと(シリア国内含む)の詳細は、 イベントでお話ししたいと思っています。 まずは地元の大阪でお話をさせて頂きます。   【8月21日(水)19:00〜 @弁天町 (参加費 1円〜)】 また、アラブ在住経験者さんとこんなイベントも実施します。 【8月24日(土)15:30〜@梅田 アラブの歩き方 〜知ってるようで知らないアラブ〜】 24日の方では、スピーカーとしては登場しませんが、 会場にいますし、交流会にもずっといますので、お気軽にお話しかけ下さいませ。     報告会は、東京・広島・福岡・札幌で実施が決まっていますので、詳細が決まり次第、お伝え致します。 (企画や当日ボランティアでご参加希望の方はお声がけ下さいませ) http://piece-of-syria.org/2019/07/09/summer/     ● イスタンブールのシリア人の今   「IDを持っていないで外に出て、警察に見つかれば、”不法移民”として即シリアに帰される」 「今月(2019年7月)から、シリア人を追い出すキャンペーンが始まった」 「差別があり、ヒジャーブをトルコ人の子どもに剥ぎ取られる事件があった」     私が駐在中に主に滞在していたのは、シリア国境の近くシャンルウルファです。 そのため、僕の知るイスタンブールの情報の、ごく一部でしかありませんが、そのような声を聞きました。      シリア人家庭の状況を調べるために、シリア人スタッフが家庭訪問をしていると、 「ここに住んでいるシリア人は、共益費(道路の掃除などを依頼するお金)を払おうとしないんだ!シリア人はこの国から出て行け!」 と言われたこともあるそうです。 (ただ、実際にその部屋を訪問すると、住んでいたのはシリア人ではありませんでした。 イスタンブールにはエジプト、アフガニスタン、ウズベキスタン、イランなどから来た外国人が住んでいます)     イスタンブールの市長選で野党が勝利し、対シリア難民の政策が高圧的になったと感じているそうです。     「トルコ シリア難民に退去命じる動き 住民とのあつれき表面化」(NHK 2019/7/23) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190723/k10012005141000.html 「『殺される』襲撃者の影に脅えるシリア人、トルコで反移民感情高まる」(REUTER 2019/7/10) https://jp.reuters.com/article/turkey-syria-refugee-idJPKCN1U50SF     ● イスタンブールの「不法移民」とは?   シリアから逃れてきたシリア人は、トルコで「一時的な身分証」の登録をします(Kimlik)。 Kimlikがあれば、公的な医療や学校を、無料で利用することができます。 申請から受理まで時間がかかることもありますが、病気や出産などがあれば、すぐに登録をしてくれるそうです。 Kimlikは、県ごとの登録となり、原則として、登録した県から出ることができません。 仕事が多いイスタンブールに行きたいと願うシリア人も多いですが、イスタンブールはKimlikの新規発行を停止しています。 そのため、違う県でKimlikの登録(シリアから来たばかりで登録することが多いので、よく分からないまま登録する、という話も聞きました)し、 仕事を求めて、イスタンブールにやってきて、身元確認が不十分でもできる仕事に就くケースがあります。 それが、ここで言う「不法移民」です。   こうした「不法移民」が「即シリアに帰らされる」と話すシリア人がいる一方で、 「ソイル大臣は、一時保護制度の対象となっているシリア国民が国外追放になることはないと強く述べた。 ソイル大臣は、一時保護制度の対象となっているシリア国民で移民登録がない人はキャンプに、 移民登録がある人は登録されている県に送られると説明した」とのことです。   「ソイル内相、移民政策について発言」(TRT 2019/7/24) https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2019/07/24/20190724-002-1241849       ● シリアが、シリア人がこれからどうなるのか?   この問いを、当のシリア人に尋ねても「分からない」という返事がかえってきます。 私たちができることは決して多くないかもしれませんし、大きいものではありませんが、 「まず知ることから始めたい」とお考えの方は、イベントに足を運んでいただければ嬉しく思います!   ( ↓ 画像をクリックすればイベント申込ページに飛びます)     【トルコ便り】 ①【シリアはどうなるのか?】● トルコに残る人たち  ● シリアの今 ②【トルコに住むシリア人の声】● 閉じ始めた難民キャンプ ● シリア人とトルコ人の中で起きた衝突 ③【シリアからトルコへ。トルコからシリアへ】● 難民は負担なのか? ● トルコから去りたいシリアの人たち ④【移動ができない、という日常】● トルコのバス事情 ● シリアの中のトルコとクルド ⑤【シリア人のIDと医療と教育】● トルコに住むシリア人のID      ● 医療と教育事情 ⑥【シリア人のID ~教育と医療~】● 母国語で学べない● 病院に行きたい時は ⑦【シリア人のID ~市民権と欧州の難民~】● トルコの市民権を得る ● 中東の「難民」、欧州の「難民」 ◉【トルコでの僕の仕事とクルド民族について】     http://piece-of-syria.org/2019/07/09/summer/   【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。    ...

「シリアが昔、日本より平和で豊かだった?」 「ハマってリピートしたり住んじゃうことが多い地域が中東?」 ニュースだと「怖い」「危険」「よくわからない」・・・ そんな国々をよく知る2団体の、今回だけ?!の共同イベント、”中東ナイト”! シリア国内の幼稚園をサポートする、シリア支援団体「Piece of Syria」 × 世界90ヶ国3000プログラムの国際ボランティアを主催、派遣している「関西NICE」 実際に住んだ人から話を聞くからこそ分かる、中東のリアルとは? そして「どうやって行ったらいいの?」が分かるボランティア説明会! 「中東に行きたい!」と行ったら「大丈夫?」と心配されたあなた! 是非、その友達・ご家族を連れて、一緒に遊びに来てください! 笑って、学んで、つながって。 中東が一気に身近になるひとときを。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【こんな方にお勧めします】 ・シリアやトルコ、中東について知ってみたい方 ・Piece of Syriaの活動やNICEが行う国際ボランティアに関心がある方 ・国際協力について関心がある方 ・シリアやシリア難民について関心がある方 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【日時】8月21日(水) 報告会 18:50開場 19:00開演 交流会 21:00〜22:00 【料金】1円〜 (おひねり制。トークライブを聞いて感じた金額をお渡しする封筒に入れてお支払下さい。 全額をPiece of Syriaが支援するシリア国内の幼稚園の教育支援としてご寄付させていただきます。 3000円以上お入れいただくと、トルコからのお手紙を届けさせていただきます) ※交流会(軽食・ソフトドリンク)にご参加の方は、別途1000円をお願い致します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【申込】Facebookの参加ボタンでは申込完了となりません。 こくチーズにて申し込みをお願い致します。 https://www.kokuchpro.com/event/nicenight/ https://www.facebook.com/events/357590461602903/   【定員】30名(先着順) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【第1部】 - 全体案内・自己紹介 個人で参加される方が多いので、和やかな雰囲気で行います。 - NICEとは?国際ワークキャンプとは?中長期ボランティアとは? 起源は1920年・・・から、どんな国で、どのようなボランティア活動が行われているのか、また参加手続きや参加費用についても簡単にご説明いたします。 - 中東地域の国際ワークキャンプ紹介 今年はどのようなプログラムが開催予定か、ご紹介いたします。 - 中東プログラムの経験談 実際に中東地域で活動してきた経験者にお話を伺います。 【第2部】 - Piece of Syria報告会「シリアの昔と今、そして私たちができること」 「今日初めて知ったことばかりでした」 「こんなにシリアを知らなかったのか!と驚きました」 毎回、満員御礼、「他の人にも聞いてほしい」の声多数のPiece of Syria報告会。 トルコ駐在から帰国したばかりの代表が、報告会を実施します。 報告をさせていただく、Piece of Syria代表の中野は、 戦争前のシリアに青年海外協力隊として2年間、アレッポ県マンベジ市で活動。 シリアの戦争後に中東・欧州10カ国で100名を超えるシリア人と話した経験に加え、 シリア国境近くのトルコ南部の街に駐在して見聞きした最新情報や、 シリア国内の幼稚園をサポートするパートナーNGOの活動についてお届けします。 メディアでは聞くことができない話が満載! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【場所】NICE関西オフィス 大阪市港区弁天4-5-21 benten LAND http://www.nice1.gr.jp/en/kansai-access/ JR環状線「弁天町駅」より徒歩約5分 地下鉄中央線「弁天町駅」より徒歩7分   <JR環状線「弁天町駅」からお越しの方>徒歩5分 ①北改札口を出て、すぐ右手のスロープへ進み、10m先つきあたり右折 ②スロープを下り、緑の歩道橋を登り道を渡る ③降りてきた方向に真っ直ぐ進み、タイムズ駐車場の手前を右折 ④右手5軒目のガラス張りの建物が「benten LAND」です。 <地下鉄中央線「弁天町駅」からお越しの方>徒歩7分 ①出口2-Aを出て、連絡橋を進み、OSAKA bey TOWERの方向へ直進 ②そのままOSAKA bey TOWERを真っ直ぐつっきり 右手パン屋さんの隣のエスカレーターを降り、左方向へ ③東進予備校を越え交差点へ ④インド料理屋 アグリム側の道に渡り、左へ直進 ⑤アグリムを越え、タイムズ駐車場の手前を右折 ⑥右手5軒目のガラス張りの建物が「benten LAND」です。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【報告者】 ●中野 貴行 (シリア支援団体 Piece of Syria 代表) 1981年、大阪生まれ。あだ名は「へむり」。 大学生の時にフィリピンにスタディツアー、トルコ・シリア・レバノン・ヨルダン・エジプト・カタールをバックパッカー、社会人になってからも旅や海外駐在で、海外生活6年、合計37カ国を周る。学校での講演、メディア掲載多数。 2008〜10年、青年海外協力隊としてシリア北部の町マンベジにて、母子保健活動プロジェクトにコミュニティ開発として従事。 2015年より、中東・欧州10カ国を計半年かけて難民となったシリア人や支援団体100人以上から生の声を聞くために周る。 2016年Piece of Syriaを創設。「シリアを行きたい国にする」を目標に、復興の主体であるシリア人の土台作りのためのシリア国内向けの教育支援と、シリアの今と昔を伝える講演・写真展などの啓発活動を日本で行なう。 現在、専門家としてトルコ南部で、シリア難民支援の駐在を兼務。国際協力を志事にするアフリカ大好きな妻とは、ときどき遠距離夫婦生活中。 ●金澤 鮎香(関西NICE運営委員、トルコ紹介屋さん) 高校の世界史の授業でオスマン帝国の皇帝メフメト2世に一目ぼれしたのをきっかけにトルコに興味を持ち、大学ではオスマン帝国史を専攻。 大学4年時に休学しぼらいやー(旅×ボランティア×1年間)に参加しボランティアをしながら世界一周。トルコでは国際ボランティア、中長期ボランティアに参加。 3年間企業で広報の仕事に携わった後、「トルコ・中東をもっと身近に感じてほしい」という想いでイベントを多数企画・主宰。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【主催団体】 シリア支援団体 Piece of Syria 「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、シリアの平和を目指して、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。 紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。 シリアの子ども達への教育支援のためのクラウドファンディングを行ない、継続的に支援の届いていない地域にあるシリアの子ども達に教育を届けている。 http://piece-of-syria.org https://www.facebook.com/piece.of.syria/     国際NGO NICE(日本国際ワークキャンプセンター ) Never-ending International workCamps Exchange 「カラフルでヘルシーな世の中に」 日本全国・世界各地の人々とともに、多様な生態系・文化・個性が生き生きと友好共存する地球社会を目指している。 海外90ヶ国165団体と提携、世界中にボランティアたちを送り出し、また国内にも海外から受け入れて活動している。 1990年、 開澤真一郎が「国際ワークキャンプをまたしたい」「日本で、国際ワークキャンプを始めようよ!」と 海外の国際ワークキャンプ参加者7名とともに結成。 国内・海外95か国でワークキャンプ等の各種事業を行い、日本で唯一(国際NGOの日本支部を除く)、国連・CCIVSに加盟し世界トップクラスのネットワークを持っている。 http://www.nice1.gr.jp/           ...

  「教育は全て。未来であり、希望です」    -私たちの支援する幼稚園の先生の言葉-   報道こそ少なくなりましたが、シリアをめぐる騒乱は今も続いています。   10年前まで「日本より平和で豊かだった」と感じるシリアの生活は、戦争で一変。 高かった就学率、他国に誇れる教育レベルは一気に低下してしまいました。   私たちPiece of Syriaは、他からの支援がない幼稚園や学校を支援し続けています。 現場は今、どうなっているのでしょうか?   【報告者:Piece of Syria代表 中野貴行】   ① シリアの幼稚園の支援  ② トルコのシリア人補習校の支援 ③ あなたと一緒にできること    現地パートナー【A Little Help is Enough】代表のウサマ氏と。@Gaziantep https://www.instagram.com/p/BzlG72KH43N/?utm_source=ig_web_copy_link       【① シリアの幼稚園の支援】   私たちは、シリア北西部イドリブ県にある、 100人の子ども達が通う幼稚園をサポートしてきました。   <前回のクラウドファンディング>     皆様からの暖かいご支援のおかげで、先生達・生徒さん達から感謝の言葉を頂いています。     幼稚園は、基礎的な教育だけでなく、心理的ケアの役割を果たしています。         現在のシリアの勢力図はこのようになっています。       反政府支配地域であるイドリブには、 東グータなど、他の地域から避難するシリア人が急増しました。  300万人以上の人がこの地域に集まっていると言われています。   戦争前のシリアの総人口が2200万人で、うち560万人ほどが国外で難民になったとされます。 その数字からも「300万人以上」という数の多さを感じます。   その結果、もちろん子どもの数も増え、100人の定員の幼稚園にも希望者が殺到しました。   遊具のあった校庭にもテントを立てるなどして、200人の子どもをなんとか受け入れています。             今年もこの幼稚園のサポートを考えておりますが、 増えた生徒数のため、昨年度以上の支援が必要となっております。     (注)当団体は、政府支持・反政府支持といった立場ではなく、 もっとも支援が届きにくく、かつ必要とされる場所として、 人道的な立場で、イドリブでの教育支援を実施しています。   ② トルコのシリア人補習校の支援   トルコでは360万人のシリア人が生活していると言われています。 2011年から始まったシリアの戦争は、いまだに続いています。 長期化する滞在に「定住化」を視野に入る中、 シリア人向けのアラビア語の学校が禁止されました。   トルコ人と同じ学校で、トルコ語で勉強することが義務付けられたのです。  家庭では家族とアラビア語で会話しつつ、学校ではトルコ語で学ぶことになります。 結果、語学力を理由に学校の授業についていけなくなり、退学する子ども達も。   そのような子ども達のため、トルコ人の学校に通うための基礎学力やトルコ語を教える Integration Centerを運営しているのが、NGO【Education without border】。         シリア国境に接するトルコ南部の町、ガズィアンティップという町に2校あります。  それぞれの生徒数は85人(4クラス)、170人(うち7人がトルコ人)です。  女性のエンパワメント授業(コンピューター、英語、トルコ語)も実施していく予定。   昨年、私たちはPiece of Syriaは、このうち1校に勉強机を送りました。     学校が必要としているものを聞くと、以下のものでした。         ③ あなたと一緒にできること    是非、皆さんにご協力をいただきたいことが2つあります!   Piece of Syriaの名前に込めた「小さな力を合わせて、平和を目指す」という想いを、 皆さんお一人おひとりと一緒に創っていければ嬉しいです!!     ●クラウドファンディングにご協力を!   1つは、8月末からクラウドファンディングを実施しますので、 ご支援や広報にご協力をお願い致します!(①の幼稚園を中心に考えています)   「身近なご友人にお伝えして頂く」ということも、本当に大きな支えになります!   これからサイトの準備をしていきますので、少々お待ちくださいませ。   ●イベント作りにご協力を!   クラウドファンディングで伝えるメッセージは、 インターネットよりも、実際にお会いして伝える力の方がとても強いです!   8月以降、私たち発信でイベントを企画していく予定ではありますが、 「私たちの町で報告会を!」というお声がけをいただけましたら嬉しいです!   特にご支援者の多い東京・京都・札幌・愛知・大阪・福岡・広島の方!! 是非、一緒に企画を考えていきましょう!   (大阪・福岡・広島は企画チームが発足しています)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【問い合わせ先】 piece.of.syria@gmail.com http://piece-of-syria.org/contact/ https://www.facebook.com/piece.of.syria/   「報告会の手伝い希望」を件名に、下記をご連絡頂ければ幸いです ①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④地域  ⑤お手伝いしていただける内容(報告会企画・当日ボランティア・広報など) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   <昨年度の報告書> 【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。   ...

  私たち、Piece of Syriaがサポートしているシリア人補習校に友人が訪問してくれました。 訪問記を書いてもらったので、是非、読んでくださいませ!   http://piece-of-syria.org/2018/11/26/schoolinturkey/   ———————————————— 現在、トルコ語の勉強のためトルコの大学に留学しているHです。 私はもともと難民に関心があり、トルコで暮らしているシリア人難民がどのように暮らしているのか実際に見てみたいと思っていました。 そして今回、知人の紹介で以前お会いさせていただいた中野さんにお願いし、ガズィアンテップにある2つのシリア人学校を訪問しました。 新しくできたシリア人学校の後、最初に造られた学校を訪問しました。     ● 1校目:H、初めて日本語を教える   3月半ば、雨の降る中、ウサマさんの事務所からタクシーで移動しました。 ついた場所は1つの古いアパートの前。 「学校」と聞いていたのでグラウンド付きの白い建物をイメージしていました。 アパートに入ると、アパート自体が学校として使われていることがわかり驚きました。     以前は他団体が使っていた建物を学校として活用しているそうで、まだ壁が崩れている箇所、修復が必要な部屋などもあり、まだ完成してはないのだと感じました。     さて、子どもたちはというと5つほどの部屋でそれぞれ分かれての授業でした。 どの部屋も子どもたちでいっぱい! 長机に2,3人の子どもたちが座り、それが何列もある、という感じです。   私の会った先生方はアラビア語話者で、アラビア語の授業やイスラーム教の聖典クルアーンを読む授業が開かれていました。 私たちが教室に入ると(「お客さんだー!」という歓声は上がらなかったものの)、興味津々な目で私たちを見てきました。 「トルコ語が分かる人―?」という質問に元気に手をあげる子どもたちもいて、私の“Merhaba(トルコ語でこんにちは)”に一斉に答えてくれました。 一部の子どもたちは上手なトルコ語で私に自己紹介をしてくれました。     また、見学したうちの1つの教室で日本語を教える体験をさせてもらいました。 今まで外国人に日本語を教えたことがなく何をどのように教えればよいのか不安でいっぱいでしたが、あいさつと自己紹介を教えることにしました。 私はホワイトボードに「こんにちは」と日本語とトルコ語の単語を書き、中野さんにアラビア語で翻訳と説明をしてもらいました。それに加え、以前日本語を習っていたウサマさんにも説明に加わってもらいました。     あいさつと自己紹介を教えた後に、2人ペアを作って全員の前で発表してもらいながら練習をしました。 発表を挙手制にしたのですが、驚いたことにみんな一斉に手をあげ元気いっぱい!! 「僕が発表するんだ!」「私をあてて!」という気持ちが伝わってきて、誰を当てようかこちらが困るくらいでした…(笑) あっと今に30分ほどが経ち、みんなと集合写真をとってお別れしました。 体験前は日本語にどんな反応を示すのか心配でしたが、子どもたちの楽しそうな姿にそんな不安もすぐになくなりました。とても楽しい30分間でした。       ●2校目:学習環境の良し悪し   2校目は1校目とは違う構造で、正直に言うと学習環境は良いとは言えない状況でした。 というのも、大きなスペースを仕切りで4つに分けており、教室間の音が漏れている状態だったためです。 先生の声、生徒の声…大声でないと近くにいる人の声も聞こえない状況でした。     ちなみに、最初の学校をつくり、この騒音問題が見つかったため、2校目では1つの部屋を1つの教室にしたとのことでした。 実際に作ることで予期していない問題が見つかり、次の改善点になるのだとわかりました。 また、ここではトルコ語の授業、クルアーンの授業、数学の授業が行われていました。 残念ながら他用があったため2校目の滞在時間は数十分だけで、長く見学できませんでした。     ●私が思うこと…   今回見学した2つの学校はともに生徒数が満員にもかかわらず、まだこの学校で学びたい子供たちがいるとのことでした。 だから、私が望むのは新しい学校ができ、他の子どもたちにも学びの機会が与えられることです。 同時に、彼らが平日通うトルコの学校での環境が改善されてほしいとも思います。     1校目を訪問した際、中には障がいを持つ子もいました。その子は、障がいのせいでトルコの学校に受け入れてもらえなかったそうです。 また、子どもたちの中にはトルコ語がうまく話せず学習進度についていけない、友達にいじめられるなどの問題もあるそうです。   このような問題がすぐに、また、完全に解決されることは非常に難しいと思いますが、彼らが毎日楽しく過ごせる日が一日も早く来てほしいです。 そして、私の教えた、たった30分の日本語ですが、子どもの時の楽しい思い出の1つになり、それをきっかけに、日本に興味を持ち、いつか日本に来てくれたら何よりの喜びです…! 最後に、今回学校の見学という貴重な機会を与えてくださった中野さん、ウサマさん、ありがとうございました。 また、ガズィアンテップを訪問して、子どもたちと触れ合いたいと心から思います。       ...

  アッサラームアライクム。Piece of Syriaのへむりです。 ● トルコの市民権を得る ● 中東の「難民」、欧州の「難民」 についてお伝えさせていただきます。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ トルコの市民権を得るメリット ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   トルコ便り⑤でお伝えしましたが、トルコに住むシリア人のステータスは、 「来たばかりの人」、「Kimlik(外国人登録)」、「市民権」の3種類です。     市民権を取得するには、 ・トルコに5年住み続けていること ・トルコ語が話せること、 ・トルコにとって品行方正であること ・学歴や技術を持っていること 等、条件があります。   しかし、話を聞いていると、その条件がピッタリ当てはまる人でなくても市民権を得ていたり、 逆に取れていない人もいる、とのことです。   Kimlikがあれば、教育や医療を受けることができますが、移動の自由がありません。(参照)トルコ便り⑤   Kimlikを登録した県以外への引っ越しどころか、移動さえ難しく、 移民局の許可がなければ、県外に出られず、許可もなかなかおりないため、 仕事探しや家族に会いに、隣の町にいくことができない、という話をよく聞きます。 (日本で県外に出られない、という制約を想像してもらえたら、その大変さがイメージできそうです)   <僕らにとっては非常に便利なトルコのバス事情だが…>   トルコの市民権を得た場合、トルコのパスポートを取得することができ、 トルコ国内だけなく、日本をはじめ海外に行くこともできます。 家を購入することもできます。   トルコの与党は、シリア人に対して、無理に追い出すような政策をしていませんが、 野党はその反対の姿勢になるので、当然、シリア人を追い出すような対案を持っています。 「いつか選挙で与党が負けた際には、急にシリアに退去強制させられるかもしれない」 そんな不安もある中、トルコの市民権の取得は、 トルコに住む家族の仕送りに頼っている家族にとっても、 シリアに帰ったら徴兵制で戦前に送られるかもしれないと不安を感じている若者にとっても、 自分と家族の安定と安全を守ってくれるものなのです。   ただし、それが認められたケースは非常に限られています。 (聞いた話だと3万7000人。多そうだがトルコに住むシリア人全体の1%)     http://piece-of-syria.org/2019/03/03/kimlik/       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 中東の「難民」欧州の「難民」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   「難民」といえば、難民キャンプに生活しているイメージをお持ちかもしれませんが、 実際には数%程度で、ほとんどが家賃を払って、都市で生活をしています。 そして「難民キャンプ」と名前がついていますが、 そこに住んでいる人たちは、実際には「難民(Refugee)」というステータスではありません。 「Asylum Seeker」(亡命希望者)というステータスです。 言い換えると、「難民になりたい」ということで、「難民」にはなっていません。   <イラクの難民キャンプ>     「難民申請」「難民認定」という言葉があるように、 申請し、認定されないと難民にはなれないからです。 シリアから国外に避難する際、周辺国のトルコ、ヨルダン、イラク、レバノンに向かうことが多いです。 しかし、それらの国では「難民」となれず、 ドイツやスウェーデン、カナダやアメリカなどで「難民」を目指すわけです。   例えば、僕が2016年にスウェーデンに訪れた際に教えてもらった例で言いますと、 難民申請から認定まで2年ほどかかりますが、 その間、語学訓練が実施され、授業に行けば生活費が支給され、家も個室(相部屋の場合も)でした。 難民認定後、5年以上定住し、安定した就労していることが認められると、国籍を得ることもできるそうです。   <スウェーデンの難民キャンプと語学学校>   シリア周辺国はまだ途上国で、ここまでの保障ができかねます。 制度が変わることも珍しくなく、いつ追い出されるかもわかりません。 就労そのものが認められていなかったり、仕事がなかったりします。 周辺国のシリア人は仕事がなくなれば「ゆっくり死んでいく」と表現している人さえいました。 トルコを除けば、国籍の付与も少ないため、特に子ども達の将来を考えて、不安だと言います。 子どもは、今住んでいる国しか知らないが、その国の国籍もないままで、その国の教育しか受けておらず、 いつしか実際の故郷にも、縁がない状態になってしまうからです。 将来への保障が感じられる「難民」と、 特に子ども達が不安定な立場になる不安が大きい「難民希望者」。     「ゆっくり死んでいくくらいなら」と、命をかけて死のリスクを負って ヨーロッパに密航する人たちがいたのです。 そして、家族を呼び寄せて、子ども達への未来を紡ぐために。   <トルコから見えるほどの距離にあるギリシャのレスボス島。かつては難民が殺到していた>      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ シリア人は難民になりたかったのか? ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   シリアの人たちは、シリアという国が大好きです。 難民や難民希望者として受け入れている国への感謝をしつつも、 「シリアの方が豊かだったし、いい国だよな」という声ばかりです。 ヨーロッパに渡ったシリア人でさえ、その調子です。 (もちろん、そこに、三丁目の夕日的な「昔は良かった」という美化されたノスタルジーがあると思いますが) 離れ離れで暮らす家族、戻れない故郷は、いつも彼らに影を落としているように感じます。   いつか、シリアに戻れる日を。家族が集まれる日を。 僕らができることは限られていますが、 できることを、ひとつでも積み重ねられたらと思っています。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【トルコ便り】 ①【シリアはどうなるのか?】● トルコに残る人たち  ● シリアの今 ②【トルコに住むシリア人の声】● 閉じ始めた難民キャンプ ● シリア人とトルコ人の中で起きた衝突 ③【シリアからトルコへ。トルコからシリアへ】● 難民は負担なのか? ● トルコから去りたいシリアの人たち ④【移動ができない、という日常】● トルコのバス事情 ● シリアの中のトルコとクルド ⑤【シリア人のIDと医療と教育】● トルコに住むシリア人のID      ● 医療と教育事情 ⑥【シリア人のID ~教育と医療~】● 母国語で学べない● 病院に行きたい時は ◉【トルコでの僕の仕事とクルド民族について】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【ご寄付】 ・ネットでのご寄付   ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。    ...

  アッサラームアライクム。Piece of Syriaのへむりです。   ● 外国人登録証Kimlikとは   ● 難民キャンプが閉鎖する理由 についてお伝えさせていただきます。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  トルコ密入国、直後 ~ Kimlik取得 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   トルコに住むシリア人のステータスは、3つあります。 「来たばかりの人」「Kimlik」、そして「市民権」です。 2011年の戦争前までは、買い物のために国境を越えるくらい自由でしたが、 今では多くの場合、シリアからトルコに来るのは密入国です。 相場は、時期や業者(安全度)によって違うのですが、最近は一人3500$と聞きます。 壁やフェンスができており、業者はその警備のスキマを探して国境を越えさせるのですが、 見つかれば射殺されるというリスクがあります。 (トルコ軍が密入国を斡旋しているケースもあるらしいですが、定かではありません)   2011年3月以降トルコ軍国境警備隊は避難しようとしたシリア人400人を射殺(2018年8月28日)#シリア #トルコ #難民 https://t.co/Qiikn6unK3 — シリア・アラブの春顛末記 (@SyriaArabSpring) 2018年8月29日   国境を越えた後、Kimlikという外国人登録証(Protection Card)の申請を行ないます。 「以前はそれほど重要視されていなかった」というこのKimlikが、 1~2年前から死活問題になる程に重要になっているとのことです。 Kimlikなしでは、学校に行けず、病院も保険なし、仕事もままなりません。 銀行口座や携帯電話を取ることもできないそうです。 (なので、国境を越えてすぐのところに、ヤミのSIMカードが売る人たちがいるんだとか。  ヤミなので、数ヶ月で使えなくなることもあるそうです)   <難民が殺到していた時期、ギリシャの島レスボス島の難民キャンプ前では携帯会社がSIMを売りに来ていた>   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  Kimlikとトルコの難民キャンプ閉鎖 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   Kimlikは申請してすぐに取れるわけではなく、数ヶ月から1年かかることも。 身内に障がいを持った人や病気の人がいた場合などは、優先して発行してくれるそうです。   Kimlikは県ごとの管理になるそうで、シリア人が特に多く流入しているトルコ南部の町では、 Kimlikを発行するイミグレーションオフィスが一時閉鎖したことも(しかも数ヶ月!)。 一度登録してしまえば、その県とIDが紐づくので、引っ越しは難しいと聞きました。 僕が訪れた、あるシリア人の家族は、トルコの難民キャンプに数年住んでいたのですが、 難民キャンプは今年から閉鎖が進んでいます。   トルコ内務省はシリア難民13万人を収容していたキャンプ6カ所を閉鎖(2018年11月22日)#シリア #トルコ #難民 https://t.co/nGrnRt9pNk pic.twitter.com/SSOCYJmlvz — シリア・アラブの春顛末記 (@SyriaArabSpring) 2018年11月24日   そのため、その家族は難民キャンプから出て、自分たちの家を探さないといけないのですが、 キャンプがあった県はシリア人がほとんどいなかったそうで、 シリア人が多く住む、シャンルウルファ県にやってきたのです。 <トルコの難民キャンプ>   しかし県が異なるので、Kimlikがまだ取得していないことも多く、様々なサービスが受けれない状況にあります。 シリア国境近くの難民キャンプの閉鎖の裏には、お金の問題だけではなく、 トルコ軍のシリア侵攻が関係している、という人もいます。 (シリア国内にトルコ軍占領地があり、そこを拡張しようとしています。参照:トルコ便り④)   キャンプのあったところに、軍が配備されており、そのためにキャンプが撤去された、 と、あるシリア人は僕に話してくれました。   ※僕が見た限り、報道では、軍の配備とキャンプ閉鎖との関連は書いていませんでしたが、 軍の配備している場所については、キャンプのある地名(スルチ区・アクチャカレ区)と重なります。 (参考) ●【テロ掃討】 国境向かい側からの挑発に対しトルコ軍が瞬時に報復 TRT2018.11.4   ●Turkey closes six Syrian refugee camps (2018.11.22) トルコ内務省は、19あるシリア難民キャンプのうち6つを経済緊縮を理由に閉鎖した。トルコに住むシリア人は、2017年の340万人から、2018年には360万人に。トルコ政府は、トルコ軍が占領するシリア北部の安全地帯へのシリア人帰還を進める政策をしているが、実際にはトルコのシリア難民の数は増えている。トルコ南部のガズィアンティップ県、マルディン県、シャンルウルファ県の、13万2000人の住む6つの難民キャンプを閉鎖した。 内務省は、閉鎖の理由について経済の緊縮とし、キャンプに住んでいたシリア人は経済支援を使って家を借りていたと話した。3万1000人のシリア人はトルコの他のキャンプに移動した。6つのキャンプ閉鎖によって、7690万リラ(1450万ドル)が節約できたという。   <スルチ>  <アクチャカレ>   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  僕らは、夢の中にいる ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   「数ヶ月あれば、状況は変わってしまう。  だから、僕らは帰るのは難しいんだ。まだまだリスクが高い」 と、言うと、友人は涙目になりながら、僕に語ります。   「まるで、夢の中にいるみたいだ。  7…いや、もう8年だよ。戦争が始まってから。  僕の故郷も、政府軍に、ダーイシュ(IS)に、クルド軍に、  めまぐるしく支配する組織が変わり、そのたびに破壊されてきた。  帰っても、僕の住んでいた家はもうないんだ」   朝起きて、家族とご飯を食べ、学校や職場に行き、 2時には仕事を終えて、家に帰って、家族とご飯を食べ、 夕方から夜にかけて、友人たちとおしゃべりしたり、親戚の家に行ったり・・・。 のんびりと、人と人とのつながりを、家族を大切に生きてきたシリアの人たちの「当たり前」。 それが再び、「当たり前」になる日がくるように、僕たちができることはあるのでしょうか。 答えは出ないままですが、今できることを少しずつ積み重ね続けたいと思います。   次回は、シリア人のIDの続き、「kimlik取得後」と「市民権」について、解説したいと思います。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【トルコ便り】 ①【シリアはどうなるのか?】● トルコに残る人たち  ● シリアの今 ②【トルコに住むシリア人の声】● 閉じ始めた難民キャンプ ● シリア人とトルコ人の中で起きた衝突 ③【シリアからトルコへ。トルコからシリアへ】● 難民は負担なのか? ● トルコから去りたいシリアの人たち ④【移動ができない、という日常】● トルコのバス事情 ● シリアの中のトルコとクルド ⑤【シリア人のIDと医療と教育】● トルコに住むシリア人のID      ● 医療と教育事情 ⑥【シリア人のID ~教育と医療~】● 母国語で学べない● 病院に行きたい時は ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【ご寄付】 ・ネットでのご寄付     ・銀行口座でのお振込 ゆうちょ口座 ピースオブシリア        店名 408(ヨンゼロハチ)        普通 4328753   ※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、 お振込みの場合は  ・メッセージ、DM  ・メール(piece.of.syria@gmail.com)  ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/) まで、ご一報くださいませ。   ...

  アッサラームアライクム!Piece of Syriaのへむりです。 先日、Piece of Syriaの活動報告会を実施致しました。     定員を超える方々にお集まりいただき、本当にありがとうございました! そちらで報告させていただいた活動内容について、共有をさせて頂きます。       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ シリアについて、どんなイメージをお持ちですか? ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「私はシリアについてほとんど知らず、とにかく危い所というイメージを持っていましたが、 今回の報告会で、こんなにシリアを知らなかった!という多くの発見がありました」   報告会のご感想に、こういったご意見を多く頂きました。     「シリアの人たちが今、いかに困っているか」ということは多く伝えられるのですが、 「戦争が起こる前のシリアは、どのような国だったのか」について、語られることは非常に限られています。   戦争前から「ずっと戦争をし、砂漠で暮らす、貧困の民」かのようなイメージを持たれがちですが、 四季があり、食べ物を自給自足でまかない、治安も良く、家族との時間を大切にする生活をしたことをお伝えすると、本当に多くの方々に驚かれます。   もちろん、様々な「見え方」はあり、僕がわずか2年間で見たことはわずかではありますが、 僕が見たシリアをお伝えすることで、シリアを身近に感じていただければ、と思いお伝えしています。       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ シリアの人たちの今(シリア国内と国外の難民) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   2011年に起こった戦争は、シリアの日常を破壊し、人々を分裂させてしまいました。   ニュースには映らない、シリアの人たちの心を知りたくて、 2015年から3回、6ヶ月をかけて、中東・欧州10カ国に住むシリアの人たちや支援団体を訪ねて周りました。     そこで感じたことは、「特別な人たち」が難民という立場になったわけではなく、 家族思いで、親切で、スマホを持っていて、当たり前の日常を生きていて、 「まさか自分が難民になるとは思っていなかった」人たちが、難民となっていたという事実です。     ヨルダンで出会ったシリア人の青年は 「家族でご飯を食べるのが、僕の夢なんだ。でも、その夢は生きてる間に叶わないと思う」 という心情を教えてくれました。   かつての「当たり前」が叶わない夢に変わるのが、戦争なんだと、胸が痛くなりました。   [caption id="attachment_17583" align="alignnone" width="500"] 家族と一緒に過ごす、というシリアの幸せな日常(2010年)[/caption]       戦争が始まるまでは、2200万人ほどだったシリアの人口ですが、 565万人が国外に難民として、690万人が国内避難民として、故郷を離れてましたが、 徐々に改善しつつあるシリア国内の状況もあり、帰還するシリア人も出てきています。     ●ロシアが爆撃を開始して以降、シリア難民232,806人が帰国、国内避難民1,187,471人が帰還(2018/7/31)   ●2018年12月に690万人の国内避難民のうち、400万人が帰還(2018/12/25)       UNHCR(https://data2.unhcr.org/en/situations/syria)     しかし、僕がトルコにいる中で、話を聞いている限りでは、「今はまだ、帰るにはリスクがある」そうです。   トルコでゼロからスタートして、仕事に就き、生活の土台を作っている人たちとしては、 シリアに戻っても、住んでいた家はなく、仕事を新たに作っていかねばならないというのはリスクです。   さらに、シリア国内の物価が上昇している中では、「海外からの送金」を頼りに家族を養っていることが多く、 普通にシリアで仕事をするだけでは、生活が成り立たない、との声は多く聞きます。   また、シリアには徴兵制があるのですが、シリアに戻りたくない理由にそれを挙げる若者は多いです。 (政権側に戻れば制度上、参加しますが、それ以外の地域でも、若い男性は兵士として徴用されるとのことです)     現在、シリア国内に、トルコが軍隊を派遣し、占領地を広げています。   トルコ政府は、その地域にトルコに住むシリアの人たちが帰るよう、インフラ整備、仕事紹介、引っ越し支援などをしています。 それ自体は、トルコ在住のシリア人には好評なのですが、 トルコが、シリア国内の占領地を、軍事作戦によって広げており、それによる政情不安もまた「リスク」として挙げていました。   Turkey to open post office in liberated Afrin, Syria   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ シリア国内の幼稚園という「居場所」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Readyforのクラウドファンディングに加えて、越冬支援、写真展、Wedding Donationで集まったご支援は、 シリアの子ども達の教育支援のために使わせていただいています。   1つが、シリア国内のアレッポ郊外にある幼稚園です。       他の組織などから支援がなく、過酷な環境で教育を続ける先生たちへのお給料です。 お給料がない状態が続くと先生たちが、教育から離れてしまうかもしれず、 そうなると、子ども達が学ぶ場を失ってしまいます。 最近、シリア北部のイドリブ・アレッポ郊外の私たちの幼稚園がある地域に、数十万人のシリア人が避難してきています。 戦争の日々で苦しんだ子ども達に対し、両親もまた疲弊しており、子ども達への十分なケアができるだけの心の余裕がありません。   また、不安定な日々の中で教育の重要性が忘れられ、学校に行かなくなった子ども達もいる中で、 教育の基礎に触れることが、大きな意味を持っています。 教育を受けるタイミングを失した子ども達が、「今更学ぶことは恥ずかしい」と学校に戻らないということも起こっているからです。 幼稚園は、【戦争によるトラウマからの心理的な支え】【学校に通う習慣を身につけ、基礎を学ぶ】という、大きな役割を果たしてくれています。   3~7歳の100人の子ども達が通う幼稚園に対して、 先生・スタッフ10人分のお給料、ストーブの燃料、水の設備、筆記用具の支援を行ないました。       またこの幼稚園の近くに、6~12歳の子ども達400人が通う小学校が非常に困窮している、という状況を受けて、ストーブ、燃料、筆記用具を届けました。       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ トルコで生きるシリアの子ども達へ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ もう一つ、今回からトルコ国内にある補習校への支援を始めました。   トルコでは、1年ほど前からアラビア語で学ぶシリア人学校が、トルコ政府により閉鎖していっています。 NGOが行なっていたシリア人の子ども向けの教育支援も禁止になりました。   シリア人の子どもも、トルコ人の子ども達と同じトルコの学校に通うことが義務付けられたのです。 トルコ語の語学力が、学力に強く影響するようになり、学校に行かなくなる子どもが出てきたり、 様々な理由でトルコの学校に通わせたくない親、通いたくない子ども達が出てきています。   そうした状況を受けて、トルコ政府が建物を提供し、ローカルNGOと協力することで、 土日に、アラビア語、トルコ語、数学などを学べる補習校があります。   子ども達は、幼稚園から小学校高学年くらいまでの85人。 トルコの学校で打ち解けるために必要なトルコ語のレッスンや、基礎学力を身につける上で、とても大切な場所になっています。   先生のお給料が無給の状態など、課題は多いのですが、 今回集まった資金の中でできることの一つとして、 地べたで学んでいた子ども達の環境改善に、勉強机を届けました。   [caption id="attachment_17605" align="alignnone" width="304"] 机がない教室[/caption]   [caption id="attachment_17597" align="alignnone" width="500"] 机を届けました![/caption]     今までのシリア支援では、実際に私たちがサポートする子ども達に会うことが難しかったのですが、 こちらの学校には、みなさんと一緒に届けた支援を目にしていただける機会を作ることができます。   これからどのように支援をしていくか、という今後については、 スタッフ会議を経て、お伝えさせていただきます。   http://piece-of-syria.org/2018/11/26/schoolinturkey/   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 現地からの感謝の言葉が届いています ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   シリアの幼稚園の生徒 わたしはBisan、5才です。アレッポの町からにげてきました。 日本のみなさんのおかげで、あったかいようちえんで、べんきょうできています。 みなさんのやさしさがなかったら、ようちえんにいけませんでした。 ほんとうにありがとうございます。       シリアの幼稚園のZilal先生   皆様のご尽力に、温かなご支援に、言葉に表せないほどに、とても感謝しています。 世界から見放された、とても厳しい環境の中で、それがどれほどのものか、皆さんに分かっていただけるでしょうか!   私がアレッポ市にいるときから続く支援は、アレッポ郊外に移動した今も、3年間継続してくださっています。   先生達の給与支援は、この地域で先生を続けながら生活するために不可欠なものですが、この一年間、その分の予算を得て、厳しい環境で教育を続ける先生の貢献に報えられることは、どれほど感謝していいかわからないほどです。 皆さんのご尽力、本当にありがとうございます。         トルコの補習校 アフマド先生   勉強机という、素晴らしい贈り物をありがとうございます。   子ども達が地べたに座って学んでいた環境に困っていたのですが、 理想的な教室で学ぶことができるようになりました。   私たちは、シリアの子ども達がトルコの子ども達と打ち解け合えるようできることを全力で取り組んでいます。 是非近い将来、皆さんがこの学校に来ていただければ幸いです。   皆様のご協力に、心からの感謝を込めて。       現地パートナーNGOのUsamaさん   シリアの現実はとても厳しいです。 長く続く戦争に、人権が蹂躙され、砲撃のリスクがあります。しかしそれでも、教育を望む声は止みません。   その中で、日本の皆さんは私たちを見捨てることなく、シリアの子ども達をご支援し続けてくださっています。   Piece of Syriaのメンバーが声を上げて、非常に多くのご寄付を集めていただいており、 シリアの子ども達が無事に教育を受けることができています。   温かなご支援をいただいた皆様一人ひとりにお礼を伝えられないのは、心苦しくはありますが、 より良い活動をすることで、お礼に返させていただければと存じます。   教育を続けられる、ということは、シリアの平和を創る世代を築くということと同じです。   戦争によって影響を受けた子ども達は、安心できる場所を求めています。 皆様が支えてくださった幼稚園こそが、心の傷を癒し、平和と安心を感じられる場所に他なりません。   教育は平和であり、未来であり、新しい世代です。 是非、これからも共に、新しいシリアを築いていきましょう。         http://piece-of-syria.org/2018/09/27/写真展で集まった寄付金のご報告と感想のご紹介/   http://piece-of-syria.org/2018/09/12/wedding-donation/     ...

  こんにちは、へむりです。 先日、トルコ南部の街ガズィアンティップにあるシリア人学校を見学してきました。   そこは、正規の学校には入れない子ども達が学んだり、 トルコ人の子ども達と交流できる時間を作ったりしています。   しかし、この学校は団体からの支援がなく、 トルコ政府からは場所だけを与えられている状態です。   現状の私たちの予算では、シリア国内向けの教育支援が限界なのですが、 今後は、この学校への支援も検討したいと考えており、 まずは皆様に情報共有をさせて頂きます。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  トルコで学ぶシリア人の状況について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   今年から、アラビア語で教えるシリア人学校が、トルコ政府の指示で閉鎖しています。 また、国際NGOによるシリア難民向けの教育支援は禁止されました。   教育支援は、トルコ政府にお金を渡す形で間接的に行なうこと、 そして、シリアの子ども達は、トルコ語で学ぶことが義務化されました。   今回訪れた学校は、そうした変化からこぼれた子ども達へのサポートになります。 (トルコ政府との協働なので、もちろん「禁止」の範疇外です)     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  この学校が支援する子ども達 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   授業は土日のみ。 アラビア語、トルコ語、数学などを教えています。   子ども達は、幼稚園から小学校高学年くらいまでの85人。 4つある教室は子ども達でパンパンで、入りたいという子ども達を断わってる状況です。       トルコではkimlikというトルコ政府発行のIDがなければ教育も医療も受けれません。 申請して数ヶ月間、認定されるまではIDがない状態の人たちもいます。   この学校には、Kimlikが無いために、学校に行けない子ども達がいたり、 学校に行けていない期間が長く、高学年の年齢にもかかわらず学力が低学年であるために学校には入れない、という子ども達がいます。(全体の5%くらい)   そうした子ども達は、土日にある学校だけを頼りにしています。   また、トルコの学校で打ち解けるために必要なトルコ語のレッスンや、 基礎学力を身につける上で、とても大切な場所になっています。     [caption id="attachment_17557" align="alignnone" width="500"] 机が足りていない教室[/caption]   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   授業見学や先生体験の受け入れ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   今回、僕が訪問したら、子ども達がすごく喜んでくれまして、 「日本語を教えて!」とか「名前を日本語で書いて!」など、人だかりができる程でした。       「日本人がここに来て、授業を見たり、日本文化のことを教えたりすることってできる?」と尋ねると、「もちろん!なんの問題もないよ!」との返事をもらいました。   スタディツアーという形の企画ではありませんが、 ボランティアとして日本国内で私たちと活動を共にして下さった方と一緒に、 シリア人学校での授業体験をしていくことも検討しています。   (僕が同伴できるタイミングが限られていますので、時期はまだ決まっていません) 日本文化に留まらず、ご自身が得意なこと、 アートであったり、折り紙であったり、歌であったりを子ども達に届けられます。   通訳可能なので、語学面はご心配要りません。治安も安定してます。     実際に来てもらえたら、シリアの子ども達の可愛さに、先生達の熱い想いに、  色んなことを感じていただけると思います!!   また、トルコに住むシリア難民のお家への家庭訪問など、  まさにメディアでは知ることができない体験を一緒にできます。     ご関心のある方は、問い合わせ、または「piece.of.syria@gmail.com」宛まで、  「トルコの学校支援」を件名に、①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④お住まいの地域 ⑤現地でやりたいこと をご連絡くださいませ。 (現状では、まだ100%ご期待に添えられる状態ではない点はご了承くださいませ) http://piece-of-syria.org/contact/     【学校の詳細について】 本校は、トルコ語とアラビア語によって生まれる、数学・言語・文化と習慣の差を埋めることで、学校に行かなくなったシリアの子ども達が、トルコの学校・社会に戻っていけるように、教育やトレーニングを行なっています。   クラス分けテスト: 私たちは、私たちの目的に合うシンプルなASER国際ツールを採用しています。 ASERツール:5歳から16歳の子ども達の、読解力、理数力を図るために、シンプルで柔軟なツールで、シリアでも採用されていました。 アラビア語、トルコ語と、数学について、学年ごとに必要とされるレベルのテストを行ない、結果によって、三段階に振り分けます。これらは実年齢とは関係なく、レベル分けを行いますが、それは中途退学した生徒達が多くいるためです。 近隣に住む多くのトルコ人が、アラビア語を子どもに教えたいと訪ねてくるのですが、断っています。理由は教室のスペースの不足です。しかし、私たちの学校の目的は、シリア人の子ども達がトルコの学校に、トルコ社会に統合できるように、シリア人生徒とトルコ人生徒が打ち解け合うことです。そのため、シリア人の生徒達の授業が終了した後にトルコ人の生徒を受け入れるという授業編成を検討中で、それによって経済的な支援も引き出せるように交渉しています。 カリキュラム: 地域のニーズ評価と専門家との相談をした後に、「アラビア語」「トルコ語」「数学」「文化と習慣」という教科が採用されました。行き届いていない範囲を明確にして、教育の専門家によって開発された教科の概要を作っています。       ...

  アッサラームアライクム。Piece of Syriaのへむりです。     ● トルコのバス事情   ● シリアの中のトルコとクルド   についてお伝えさせていただきます。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  トルコのバス事情  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   トルコの市内バスは、日本のPitapaのようなICカードが使われています。   現金で払うより運賃が半額ほどになるのでありがたいのです。   [caption id="attachment_17511" align="alignnone" width="500"] ここにピッと当てる[/caption]     ただ難点は、「どこで売っているかを探し当てるのが大変」ということと、 「町ごとに流通してるカードが異なる」という点です。   カードは、バスターミナルの売店の窓口を見つけられたら、5リラで買えます。 (町ごとに違うカードなので、毎回探し当てないといけないのが大変…)   チャージは、日本のようなチャージの機械もしくは窓口でできます。 または、雑貨屋さんでもチャージできる所があります。     バスの中は譲り合いの文化。 女性や年配の方が来られたら、男性陣はさっと席を譲ります。       ちなみに。   今いるのは、割と保守的だと言われるトルコ南部の町ではありますが、 ヒジャーブで髪の毛を隠した女性達だけで出歩くのも、日常的な出来事です。 (シリアでも、それは普通でした)   長距離バスは、頻繁に街と街を行き来しています。 また、小さな町にも空港があって、LCC(格安航空)も行き来しています。     【バスと飛行機が一覧で出てくる便利なサイト】     [caption id="attachment_17514" align="alignnone" width="500"] <バスターミナルとチケット>[/caption]     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  移動できないという日常 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   先日、長距離バスの移動中に、セキュリティによるIDチェックを受けました。 バスが止められ、セキュリティが車内に入り、乗客のIDを一人ずつ預かっていきます。   僕はパスポートを見せれば、特に何も言われたりはしませんが シリア人は事情が違うんだそうです。   昨年の緊急事態宣言以降、シリア人は許可がないとトルコ国内の都市移動ができなくなったのです。   行き先に家族がいるか、仕事を探すなどが明らかじゃないと許可も取れないそうです。   5年も住んでいる国で、自由に移動できない、というのは、 なかなか想像できないと思います。     トルコ、非常事態宣言を2年ぶり解除 デモ制限などの新法も準備 (新法が、事実上の「非常事態宣言」の恒久化だとして批判も)     [caption id="attachment_17516" align="alignnone" width="500"] <ヨルダンの街中にて>[/caption]   ヨルダンにいた時も、長距離バスではなく首都のアンマンの市内バスで、 抜き打ちで、乗客全員のIDチェックされたことがあります。   下記の地図にあるように、湾岸諸国を除くシリアの周辺国が非常に多くの難民を受け入れています。   Syria Crisis | Refugees and IDPs – DG ECHO Daily Map | 19/04/2018         国連やEUからの支援を引き出して、トルコ政府はポケットに入れてるんじゃないのか? きちんと届いていない!と憤るシリア人たちの声も聞いたりはするのですが、 難しい舵取りの中で、自国民の不満を爆発させないようにしながら、 テロの芽を摘み取りつつも、人道的な対応を迫られている国々の努力は肌で感じます。   とはいえ、「ここしか居る場所がない」とトルコに住むシリア人が、 自由に移動さえできない、というのは、彼らに暗い影を落としているように思います。 許可がないまま移動した場合、 「シリアに強制的に返される」「投獄」になるかもしれないそうです。     [caption id="attachment_17518" align="alignnone" width="500"] <ヨルダンの市内バス>[/caption]     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  可能性を求めて ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   トルコは今、シリア北部に支配地域を作っています(トルコ便り③に詳細)   [caption id="attachment_17694" align="alignnone" width="500"] Syrian Civil War Map[/caption]   こちら住むシリア人によると、 トルコは、その支配地域を広げようと画策している、と言います。   狙っているのは、今、クルド人が支配している地域だそうです。   マンベジ西部の村の近くで、トルコ主導の軍とクルド軍が戦闘に。 マンベジが攻撃されないように、米政府とトルコ政府で協定が結ばれていたが、反故された形とのこと。 僕が出会った友人たちの平和な日常を願ってやみません。#Manbij #シリアhttps://t.co/ne5FRKI50a — へむり。@シリア国内への教育支援 (@hemuri_) 2018年11月20日   このことについて、トルコに住むあるシリア人からは、   「トルコの支配地域が増えてくれた方が嬉しい。  クルド支配地域は治安も悪く、警察が機能しておらず、  家に泥棒が入られた友人も、泣き寝入りしたんだそうだ。   (クルドが支配する)俺の故郷のデリゾールでは、  アフガンなどから来たドラッグの売買が蔓延していて、  街角で売られていたり、シリア政府支配地域にも流れていると聞いている。    一方、トルコ軍がコントロールしている地域は、治安も安定している。  今、トルコ政府はシリア人をその支配地域に戻るように呼びかけている。    トルコ政府は決して強制はしていないが、  引っ越し費用を出したり、仕事を斡旋しようとしてくれたり、と。  俺もトルコが支配してくれている地域なら、シリアに帰ることを考えるよ」   と話していました。         とは言え、僕の住んでいたマンベジ(Manbij)が戦闘地の候補になっている現状に、不安は募ります。   こまめに友人たちに連絡を取るようにはしていますが、どうか無事でいてほしいです。   「当たり前の日常」という幸せを、 叶わない夢ではなく、再び日常に。   その日まで活動を継続していきたいと思います。         【イベント】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 12月21日(金)夜...