メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | イスラム教
132
archive,tag,tag-132,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

イスラム教 Tag

アッサラームアライクム! السلام عليكم Piece of Syriaのへむりです。   武田さんにお留守番をしてもらって、トルコへとやって来て、ウサマさんのご自宅に招いてもらいました。 その話は、郁乃ちゃんに語ってもらうとして、ちょうど今、真っ最中のラマダンについてお話ししたいと思います。   ラマダンを「断食すること」と思ってはいませんか?   池上彰さんが番組で「ラマダンをしていますか?」とムスリムの人に尋ねていましたが、「断食すること」はアラビア語で「スウム」と言います。 「ラマダン」はヒジュラ暦(イスラムの暦で、月の満ち欠けを基準とした太陰暦)の九月のことで、日本でいう「長月」にあたる言葉です。 なので、「ラマダンをしている」だと、実はちょっと変な感じになります。 (説明のためだとは思いますが)   ●日本との断食の違い   日本で断食と言うと、「一日中何も食べない」と考えて、「断食が1ヶ月?」と聞くと、とんでもないことのように思ってしまいますが、イスラムの断食は、「日の出ている間限定」なのでご安心ください。 (とは言え、夏は日が長く、暑くて大変です!)   日の出前に起きて、たくさん食べておいて、少し寝て、また起きて活動をしてから、夕暮れを待ち、待望の水分補給と食事を、みんなでワイワイと楽しみます。   この日が暮れた後の食事のことをアラビア語で「イフタール」と言います。 ちなみに、断食は英語で「ファスティング」(fast+ing)なので、「断食明けの食事」を英語にすると「breakfast」になりますね。     ● ラマダンが好きな理由   シリアで活動している時、「どの時期が好き?」とインタビューしたことがあるのですが、皆が口を揃えて「ラマダンだな!」と言っていて、驚きました。 「しんどそう!厳しい戒律だなぁ」と、修行のように思っていたからです。   ですが、ラマダンは神聖な月で、断食をするのも、「貧しい人も富める人も、等しく空腹を感じることができる」「イフタールでは皆で、有り難さを感じながら、他の人と食事を分け合う」という、一体感や思い遣りを共有する毎日で、まるでお祭りが1ヶ月続いているような印象を僕は受けました。   また「現世で善行を積み重ねて、天国に行く」という善行ポイント「ハサナート」は、ラマダンの時は、ポイント倍増!だそうです。 なのでこの時期、お祈りや喜捨(寄付)なども、熱心になるようです。 また、ラマダン中に、旅や病気などで断食ができなかったときは、別の時期にやっても良いとのこと。 「誠に神は慈悲深い」とは、クルアーンに書かれている言葉ですが、本当にそう思います。     ●旅で見るラマダン   そうなんです。旅中は断食が免除になります。 (とは言え、熱心な人は別の時期にやれなかった分を断食したりするようです) そんな旅をしながらいくつかの国を見て周りました。   UAEでは原則、日中は観光客が多く訪れるような場所であっても、レストランやカフェが閉まります(政府からライセンスを取れば開くことはできる)。 タンザニアの島ザンジバルも、島民がムスリムのため、観光地とはいえ、同様に食事が見えないような配慮をしたり、許可がないとレストランは開けられないそうです。   飛行機で隣に座ったレバノン人が機内食を断っていたり(この時、窓の外は日中でした)、 機内アナウンスで、空港内での飲食に配慮するように注意があったり、という国がある一方で、 トルコのように、国としてはあまり気にしていない所もあります。   僕が隊員時代にいたのは、ムスリムだけが住む、シリアの小さな町でしたが、日中もレストランは普通に開いていました。観光客(僕の町にはほとんどいませんでた)や子ども達は気にせず食べて、大人達はしっかりと断食をしており、お店も午後からは活気を失いますが、イフタールの後に再度店が開き、夜に夏祭りのように活気を取り戻します。   洋服のお店には、ラマダン明けのイード(日本で言う新年のような祝日)に着るための一張羅を求めて、お客さんで盛況でした。 シリアの夏の夜は涼しく、過ごしやすいので、友人や親戚の家を訪れて、談笑する人々がたくさんいて、「どこにいるんだ?」と携帯で呼び出されて、一緒に友人行脚に駆り出されたりもしました。     ● シリアの平和を願って   さて、もうすぐラマダンが明けて、イードです。 隊員時代は、2年連続イードの時は村に居て、僕のシリアの家族と一緒に親戚周りをしました。 あのあったかい時感は、目をつむれば思い出せる大切な思い出です。   いつかまた、僕の家族と、仲間と、あの時間を共にする日を願って、シリアの平和のために、できることを捜し、祈りたいと思います。...