メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 平和と未来をあなたと創る!シリアで夢を叶える学校を支えたい
17287
page-template-default,page,page-id-17287,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

平和と未来をあなたと創る!シリアで夢を叶える学校を支えたい

 

 

こんにちは!シリア支援団体 Piece of Syria代表の中野貴行です。
みなさんは、中東の国、シリアと聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

今でこそ「戦争」「難民」といったイメージが強いシリアですが、
戦争の前までは、教育水準が高く、日本より平和で豊かで感じるほどの幸せの国でした。

 

夜中に出歩いても危険を感じないほどで、治安は日本の20倍。
ストリートチルドレンや物乞いはいません。

 

教育も医療も無料で、就学率はほぼ100%。
安い野菜と果物はとっても美味しく、輸出できるほどに自給自足していました。

 

 

人はとっても親切で、道案内はもちろん、
バスで隣に座っていた人がいつの間にか運賃を払っている、
なんてことは、シリア経験者の「あるある」です。

 

のどが渇いたら、近くにある家をノックすると、水どころかご飯まで出てきて、
「泊まっていきなさい」というおもてなしを受けることも、よくありました。

 

 

 

 

そんな豊かで平和なシリアに異変が起こったのは2011年、今からたった7年前です。

 

戦争によって、シリアの人口の半分以上がもともといた場所を去り、
世界最悪の人道危機とさえ言われる状況になりました。

 

どこからも支援がなく、給料の支払いもない中で、
教育を続けている先生たちがいます。
理由を聞くと、

 

「教育とは全てです。人生と未来が詰まっています。
 教育を失うということは、未来の世代を失うということを意味します。
 だから、自分が飢えていても、シリアの未来を守りたいんです」と言います。

 

また、「授業を続けて欲しい」と泣きながらお願いする子ども達を見ていると、辞められないよ、と。

 

 
 

私たちの団体は、そんな熱い想いを持った先生たちを支えることで、
政府や国際組織などからの支援がなく、閉鎖になる可能性のあったシリア国内の学校が、
存続できるようサポートしています。

 

子ども達が安心して学校に通えるように、

やがて子ども達が創ってゆく平和のために、

みなさまのお力を貸していただけませんか?

 

今回の支援によって、200人の子ども達が学ぶアレッポ郊外の幼稚園で、

安心して子ども達が学べる環境を届けることができます。

 

 

 

写真展や講演イベント、SNSでのライブ配信なども行なっていきますので、

是非色んな形で、皆さんと出会い、「できること」を模索できればと思っています!

 

 

「僕たちができることはなんだろう?」

 

今日が昨日より、少し幸せになるような、そんな世界を目指して動き続けます!

是非、応援のほど、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

・銀行口座でのお振込

ゆうちょ口座 ピースオブシリア
       店名 408(ヨンゼロハチ)
       普通 4328753

 

※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、
お振込みの場合は
 ・メッセージ、DM
 ・メール(piece.of.syria@gmail.com)
 ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/
まで、ご一報くださいませ。

 

 

是非、皆様とともに、未来を、希望を届けましょう!!