メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | Blog
122
archive,paged,category,category-blog,category-122,paged-13,category-paged-13,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

Blog

お世話になっております、Piece of Syria代表の中野貴行です。   シリアの子ども達に教育を届けるプロジェクトにご支援いたいた皆様、誠にありがとうございました。 皆様からご支援をいただいてから、報告に時間が経ってしまい、誠に申し訳ございません。 2016年10月31日までに129万3000円、170人の方々からご支援をいただき、目標額を達成いたしました。 お預かりしたお金は、トルコで生活しながらシリア国内への教育支援を共に行なうパートナーのウサマさんに渡し、彼を通して、シリアの子ども達に教育の機会を届けることができました。本当にありがとうございます。   今後も活動は続けていきます。その上で、一旦、クラウドファンディングとしての一区切りの報告をさせていただきます。 (Readyfor以外からもご支援くださったご寄付については、また日を追って報告をさせていただきます。どうぞ宜しくお願い致します)     【ご支援の、現地での使い道について】 教育を受けられなかった子ども達に教育を届けるために使わせていただきました。 このことについて、ウサマさんから預かった手紙があるので、是非読んでください。       最初に、自己紹介をさせていだきます。 私はウサマ・アッジャンと申します。アレッポ出身のシリア人、28歳です。 本来、私は教育コーディネーターで、英語教師です。 革命が起こってすぐ、私の友人たちと同じようにシリアを離れるのではなく、シリアの子ども達が教育を全うできるようにサポートをすることを決心しました。 今まで約3年間、ボランティアとして続けています。 私は日本語を学ぶ生徒だったので、日本人の友人たちと、とても仲が良く、彼らに私の生徒たちのために寄付を集めてくれるようお願いしました。そして、子ども達が教育を続けられることに関心のある友人達や、Piece of Syriaの人たちが、支援してくれています。 今後の活動も継続的にするため、トルコのガズィアンティップ本部、シリアのアレッポ支部の準備を整えており、シリア国内にも別の支部を予定しています。また、海外の公的な機関からも寄付を受けられるよう、トルコで公式なNGOとしての認可を得られるための準備をしています。 皆様のご支援、本当に感謝しています。 皆様からのお金は「地下や洞窟での学校の再建」「教室内を温めるストーブと燃料」「生徒たちの筆記用具」「地下の学校のための電球と発電機」「無償で協力してくれている先生たちへの謝礼金」として使わせて頂きます。 次に、私たちは、洞窟の学校を準備し終えて、次の校舎への支援を始めています。 アレッポから逃れられざるを得なくなった生徒たちを受け入れるため、アレッポ郊外とイドリブ県で、安全に通える場所を選んでいます。 今現在、アレッポから避難している子ども達の多くが本当に教育を必要としています。最後に、私たちの子ども達が教育を続けられるように、私たちをご支援してくださった皆様に改めて感謝をお伝えいたします。 Usama Ajjan   https://www.youtube.com/watch?v=lb0r-Zm1HcI       彼からの手紙でありましたように、アレッポ市内の武力紛争によって、状況に変化がありました。 そして、ウサマさんが元来支援をしていた学校が閉鎖になったため、シリア国内の別の場所へ避難し、教育が受けられないでいる子ども達を対象にした支援に切り替えざるを得ませんでした。 支援の内容も、「先生の給料だけ」だった当初から変更し、校舎の再建と冬の暖房器具などの設備にも充てさせて頂きました。 これは、空爆などの危険の少ない、地下や山の中の校舎で、安全性を確保することと越冬支援の優先度が高くなったためです。現場の声に柔軟に対応させていただきたく、この点、ご了承願えれば幸いです。       【ご支援の、日本側の経費について】 リターンの制作費、航空券代の一部、その他、報告会の会場費など雑費に使わせていただきます。 リターンのために作ったグッズですが、ロット数が増えても経費がそれほど大きく変わらなかったため、多めに作成し、イベントやインターネットを通して販売を行ない、利益を次回の支援に充てます。 そうした今後のことについては、ウサマさんとトルコで話し合って参りましたが、その移動にかかった経費として、一部割り当てさせて頂きました。 またトルコだけでなく、ギリシャ・レバノン・イタリア・ドイツの難民として生活するシリアの人たちを訪れてきましたので、そこで見聞きしたメディアが伝えていない事柄について発信していくことで、還元していきたいと思います。 1月2月で東京・大阪・京都・福岡で開催した報告会では、100人以上の方々にご参加いただき、ご支援者以外の方々にも広く、シリアの昔と今、私たちの活動についてお伝えすることができました。 ここでかかった会場費などをご支援の中から補填させていただく一方で、新たに生まれた利益につきましては、次回の現地支援のために使わせていただきたいと思います。       【リターンについて】 2月の発送を予定していると以前お伝えさせていただいたのですが、 お手紙などがまだ完成しておらず、3月半ば発送の予定となっております。 お待たせさせてしまい、誠に申し訳ございません! もうしばらくお待ちくださいませ。       【今後の活動について】 今後も継続して、ウサマさんの支援する学校へのサポートと、日本国内向けの平和教育活動を続けていきます。 ウサマさんは現在、4つの学校を支援しております。2つはジャバルアルホス地区、2つはアレッポ郊外です。 私たち以外にも、彼の活動を支援している個人やグループはありますが、トルコからの正式なNGO認可を受けていないため、大きな規模の助成金や寄付が受けられない現状にあります。 ウサマさんが自立した資金運営を行なうために、NGO認可のための状況を整える資金提供を行ない、教育が受けられない子ども達がいる限り、活動が存続できるような後方支援を行ないます。 この資金のために、マンスリー会員制度を現在、構築中です。 また後日、連絡をさせていただきますので、是非、目を通してくだされば幸いです。   シリアが元々、どれほど豊かな国だったのか、 シリアの人たちが、戦争の前も後も、どんな素晴らしい人間性の持った人たちなのかを伝えることで、平和の大切さについて気付くきっかけになってほしい。 その想いを発信するために、講演・写真展・動画作成などを行なってきましたが、この活動は引き続き行なっていきます。 自分たちの住む場所でも、企画したいとのご希望がありましたら、是非ご連絡のほど宜しくお願い致します。   [caption id="attachment_15927" align="alignnone" width="960"] 大阪の報告会を手伝ってくれたスタッフ達と[/caption]         https://www.facebook.com/piece.of.syria/...

シリア、と聞いて、どのようなイメージをお持ちになるでしょうか? メディアが伝えてこなかった、シリアの人たちの今を知り、 僕らができることを、僕らがやりたいことに気づく、 「学んで、笑って、つながる」報告会!   平和な頃、シリアの田舎に住み、 中東・欧州8カ国で、シリア難民や支援団体から話を聞いてきた、 リアルな世界の情報が聞けるのはここだけ!     【日時】2017年2月4日(土) 18:00〜(開場 17:30)   【場所】梅田Blue+ ブルータス 阪急梅田、JR大阪駅より徒歩10分 大阪府大阪市北区柴田2丁目9番17号 マエダビル4階 【スケジュール(予定)】 17:30-    開場 18:00-19:00 報告会 19:00-19:15 質問タイム 19:15-   交流会 21:20-   終了 当日、Piece of Syriaオリジナルのポストカードやフォトブックも販売します!   【参加費】 ○報告会 1,000円 ※シリア教育支援のクラウドファンディングで支援して頂いた方は無料招待させていただきます。 ○交流会→2,000円(軽食付き) ※ 要 参加申し込み   【参加方法】 Facebookの参加ボタンを押すだけでは参加となりません。 お手数ですが、こちらにアクセスして頂きまして登録で参加となります。 http://www.kokuchpro.com/event/piece_osaka/ 定員となった場合、キャンセル待ちとなりますので、ご了承くださいませ。     ↓【現在の様子はコチラから】↓ https://www.facebook.com/piece.of.syria/ www.facebook.com/profile.php?id=1051130611 www.twitter.com/takayuki18aug www.instagram.com/hemuri.syria.love/       ◯主催◯ シリア支援団体 Piece of Syria 「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、シリアの平和を目指して、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。 紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。 ★HP: http://piece-of-syria.org/ ★Facebook:https://www.facebook.com/piece.of.syria/     ◯へむり。(中野 貴行) Piece of Syria 代表 平和な頃のシリアの田舎に住み、中東・欧州のシリア人を訪ねた唯一の日本人。 大阪生まれ大阪育ち。英国留学、中東一人旅、フィリピン貧困地区支援のインターン、協力隊、シルクロード横断仕入れ旅、シリア難民を訪ねる旅など、主にアジア・中東・ヨーロッパなど、39カ国と地域を周る。 2008年-10年 シリアにて、青年海外協力隊として母子保健の活動へ。帰国後は、Tabippoなど旅系のイベント、戦争・イスラムに関する勉強会や市民講座、新人研修や小中高大の学校でのキャリア教育で講師として活動。 仲間とシェアハウスを梅田で始める。シェアハウス内外で、のべ5000人以上を巻き込んで「大人が楽しくないと、子どもも楽しくない」という信念の元で、交流イベントやトークライブイベントを実施。 2015年-16年 期限を決めずに世界半周の旅へ。母とのヨーロッパ旅行、婚約者の住むガーナ滞在、ヨルダン、トルコ、イラク、ドイツ、スウェーデンなどを訪問し、シリア難民・難民支援団体など100人以上から話を聞く。 「シリアの人たちのために何ができるのだろう?」と考えた結果、「Piece of Syria」を立ち上げた。最も支援が入りにくいシリア国内への教育支援の活動を行ないながら、メディアもNGOも伝えていないシリアの人たちの声を届ける講演活動・写真展を実施している。 国際平和映像祭にて「なんとかしなきゃプロジェクト賞」を受賞。 2015年末より、再び、中東・欧州へ訪れ、シリア難民の声を聞くと共に、シリアの子ども達への教育支援について、継続的な活動のために奔走する。1月中旬帰国予定。  ...

なぜシリアは未曾有の人道危機に陥ったのか。 今シリア人たちはどんな生活をしているのか。 そして私たちができることは何でしょうか?   平和だった頃のシリアに2年間住み、 紛争により難民となったシリア人を訪ねて、 中東・欧州8か国を訪ね、 シリア国内への教育支援を行うPiece of Syriaの代表が 伝える「世界の見え方が変わる」トークライブとシリア料理付きの交流会!!   東京ではめったにトークライブをしない代表の中野が、 シリア難民を訪ねる旅からの帰国直後にホットな‼メディアでは聞けない‼見れない‼ そんな最前線の情報をみなさんにお届けします‼     【日時】1月29日 (日) 11:00 - 14:00   【場所】SALON,CAFE & BAR ”ToiToiToi(トイトイトイ)” 東京都大田区北千束3-20-8 (東急 大岡山駅から徒歩5分)   【タイムテーブル】 11:00      受付開始 11:30-12:45 『Piece of Syria』代表 中野によるトークライブ 13:00-13:55  シリア料理を食べながらの交流会 14:00      終了   イベント終了後15:00までは中野がおりますので、個人的にお話を聞きたい方、質問をされたい方など、ゆっくり過ごされてください♪   会場にて『Piece of Syria』オリジナルのポストカードやフォトブックを販売いたします♪ (参加費を含め、収益はすべてシリア教育支援の活動に充当させて頂きます。)     【参加費】トークライブ&シリア料理交流会 ¥4,000 (当日券 +500円) (ウェルカムドリンク、シリア料理、ソフトドリンク、ビール付)   【前売り券 申込み方法】 peatexにて1月29日(土)00:00までにご購入くださいませ。 それ以降の場合、当日券の料金(+500円)となります。会場にてお支払い下さい。 http://piece-toitoimtoi.peatix.com/   ★朗報★ 「都合が悪いけど、参加したい…!」 そんなあなたは、土曜日にお越しください! 少し内容は変わりますが、同じく素敵なお時間をお約束します! https://www.facebook.com/events/388961934775800 http://piece-ikebukuro.peatix.com/      ~*~*~*~     【過去の講演の参加者の感想】 「まさか、笑って、学べて、感動するような話が聞けると思っていませんでした」   「ジャーナリストでもなく、学者でもない、等身大の目線でシリアについて分かりやすい口調で熱く面白く語って頂きました。 まさしく「等身大」の目線での中野さんのお話は、温かみにあふれ、シリアの状況をニュースではない、身近な友人の話として、想像することができました」   「こんなに素敵な国でも戦争になりえたこと、戦争が身近な物に感じた瞬間でした。何処にでも起こりうることなのですね」       【中野 貴行プロフィール】 Piece of Syria代表。元シリア青年海外協力隊   平和な頃のシリアの田舎に住み、中東・欧州のシリア人を訪ねた唯一の日本人。   大阪生まれ大阪育ち。英国留学、中東一人旅、フィリピン貧困地区支援のインターン、協力隊、シルクロード横断仕入れ旅、シリア難民を訪ねる旅など、主にアジア・中東・ヨーロッパなど、39カ国と地域を周る。   2008年-10年 シリアにて、青年海外協力隊として母子保健の活動へ。帰国後は、Tabippoなど旅系のイベント、戦争・イスラムに関する勉強会や市民講座、新人研修や小中高大の学校でのキャリア教育で講師として活動。   仲間とシェアハウスを梅田で始める。シェアハウス内外で、のべ5000人以上を巻き込んで「大人が楽しくないと、子どもも楽しくない」という信念の元で、交流イベントやトークライブイベントを実施。   2015年-16年 期限を決めずに世界半周の旅へ。母とのヨーロッパ旅行、婚約者(現在は嫁)の住むガーナ滞在、ヨルダン、トルコ、イラク、ドイツ、スウェーデンなどを訪問し、シリア難民・難民支援団体など100人以上から話を聞く。   「シリアの人たちのために何ができるのだろう?」と考えた結果、「Piece of Syria」を立ち上げた。最も支援が入りにくいシリア国内への教育支援の活動を行ないながら、メディアもNGOも伝えていないシリアの人たちの声を届ける講演活動・写真展を実施している。   国際平和映像祭にて「なんとかしなきゃプロジェクト賞」を受賞。   ★Web: www.idea-journey.com ★Twitter:https://twitter.com/takayuki18aug ★Movie:     ◯後援◯ シリア支援団体 Piece of Syria   「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、シリアの平和を目指して、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。   紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。   ★ http://piece-of-syria.org/ ★ https://www.facebook.com/piece.of.syria/     <活動の最新情報はこちら> Facebookページ https://www.facebook.com/piece.of.syria/ 代表のFacebook www.facebook.com/profile.php?id=1051130611 代表のTwitter  www.twitter.com/takayuki18aug 代表のinstagram   www.instagram.com/hemuri.syria.love/ ...

皆様、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 Piece of Syriaスタッフをしています小林郁乃と申します。 今回は代表に代わり、投稿させて頂きます。 このブログでも度々更新していますが、現在、中野貴行は前回のヨルダン、イラク、トルコ、ギリシャ、フランス、スウェーデンに引き続き、トルコ、ギリシャにおける変化と、新たにレバノン、ドイツのシリア難民の様子も見聞きしております。 そうした、メディアに流れない最新の情報や、生の声、なにより皆様のご支援がどのように子ども達のために使われていくのかを、東京と大阪で報告させて頂く予定です。 是非、ご友人やご家族もお誘い合わせの上、ご参加いただけたら幸いです。 【東京】 2017年1月28日(土) 11:30〜14:30 @アラビアンレストラン 月の砂漠 (各路線 池袋駅西口より徒歩1分) 東京都豊島区西池袋1-26-5 東山ビル2F ⚫︎報告会  1,500円  ※当日券 2,000円(ウェルカムハーブティー付き。) Readyforでご支援してくだった方々は無料でご招待頂きます! ⚫︎交流会  2,000円(美味しい中東料理、ソフトドリンク付き。)   ⚫︎要申し込みとなります。 https://www.facebook.com/events/388961934775800/ 《前売りチケットご購入方法》 以下peatexページにて1月27日(金)23:59までにご購入くださいませ。 http://piece-ikebukuro.peatix.com ※定員となった場合、キャンセル待ちとなりますので、お早めの参加申し込みを頂けますと幸いです。   【大阪】 2017年2月4日(土) 18:00〜21:20(開場 17:30) @梅田Blue+ ブルータス (阪急梅田、JR大阪駅より徒歩10分) 大阪市北区柴田2丁目9番17号 マエダビル4階 ⚫︎報告会 1,000円 Readyforでご支援くださった方々は無料でご招待頂きます! ⚫︎交流会 2,000円(ドリンク、軽食付き。) こちらは当日のお支払いをお願い致します。   ⚫︎要申し込みとなります。 https://www.facebook.com/events/607931302740936/?ti=icl 《以下ページで参加申込みをお願い致します。》 http://www.kokuchpro.com/event/piece_osaka/ ※定員となった場合、キャンセル待ちとなりますので、お早めの参加申し込みを頂けますと幸いです。   1月29日(日)は、報告会とは別に、代表の友人企画でのトークイベントも予定しております。 こちらは、報告会 無料ご招待とは異なりますが、もし28日土曜日のご都合が合わない場合は、ご検討下されば幸いです。 ※クラウドファンディング支援者で29日(日)にしか都合がつかず参加が難しい方は、ご相談くださいませ。 2017年1月29日(日)11:00〜14:00 @SALON,CAFE & BAR ”ToiToiToi(トイトイトイ)”(東急 大岡山駅から徒歩5分) 東京都大田区北千束3-20-8 ⚫︎要申し込みとなります。 https://www.facebook.com/events/243799436034053/ 《申込みはこちらからお願い致します。》 http://piece-toitoimtoi.peatix.com 同様に、報告会の企画などをお考えの場合、ご一報下されば嬉しく思います。   長くなりましたが、今後も近況報告、イベント案内などで連絡をさせて頂ければと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。 ★HP: http://piece-of-syria.org/ ★連絡先: piece.of.syria@gmail.com ★Facebook: https://www.facebook.com/piece.of.syria/...

    内戦や過激派組織「イスラム国」の台頭で国外避難しているシリア難民を昨秋から訪ね歩いた大阪府の中野貴行さん(34)が12日、長野市内で講演した。青年海外協力隊として内戦前のシリアに滞在した中野さんは、当時の豊かな街の様子と、瓦礫に埋もれた現在の状況とを映像で紹介。「特別ではない普通の生活をしていた人に起きたこと。現実を知って」と訴えた。   県青年国際交流機構(長野市)の「ワールドスタディカフェ」として開き、60人余が参加。中野さんはシリアについて、内戦前は宗教・民族対立とは無縁の美しい街並みと国民の親切さが印象的だった−と強調。当時住んでいた同国北部の都市には現在、イスラム国が処刑場を作り、市民の自由を奪っているとした。   中野さんは、ヨルダンやギリシャなど8カ国を回ってシリア難民に話を聞き、今月9月に帰国したばかり。「避難した国にずっと住みたいと言う人は一人もいなかった。貧困を背景にした経済難民とは全く違う」と指摘した。   この日はイスラム教徒留学生らを交えたフリートークもあった。    信濃毎日新聞 2016年3月15日   ------------------------------------------------------------------     平和な頃のシリアを知っていると、シリアをめぐる報道は違和感がありました。   そんな中、「本当のシリアの状況を伝える」と銘打ったイベントで、 ジャーナリストが話すと言うことで、大阪のイベントに行ったところ、 その違和感をさらに強めるような内容でした。   複雑なはずのシリアの戦争にも関わらず、 ひとつの勢力だけに加担して、意見を抽出するのはおかしいという思いから、 質疑応答の時に手を挙げて、「僕が住んでいた時の意見と違いすぎる」と話すと、 「君が知っているのは、昔のシリアだ。今のシリアは知らない」と一蹴されました。   「あなたはアラビア語を話せないし、住んでもいないのに、  どうやって”本音”を聞いたって言うんだろう?」   「最近行った」というだけで、 僕が積み重ねてきた2年間は否定されるのだろうか?     それにどうしても納得がいかない僕は、 シリアには入れないにせよ、近くに行って話を聞こうと、 今までやっていた仕事を離れて、ヨルダンから始まり、 トルコ、イラク、ギリシャ、フランス、スウェーデンを周ってきました。   すると、前述のジャーナリストの「取材」が、 いかに一方的で「メディア受け」を狙った商業的なものだったのかを確信できました。   その旅の最中に、「是非、帰国したら話してもらえませんか?」と連絡をいただき、その講演の様子を新聞に取り上げてくださいました。   破壊や悲しみはニュースになり、美しさや本来の姿はニュースになりません。 ニュースでは、わかりやすさが求められますが、 とても複雑なのがシリアの状況です。   これからも、「伝える」ということを活動の一つとして、大切にしていきたいと思います。       ...