メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | PiS
1
archive,paged,author,author-pis,author-1,paged-11,author-paged-11,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
 

Author: PiS

前回の続きを掲載させて頂きます。     http://piece-of-syria.org/2017/09/08/oldsyriavillage/     今回は、シリアの歴史と識字教室についてです。 ——————————————————————————— 「学校が増えたのは、フランスに占領されてからだよ」と、 赤と白のガラビーエと呼ばれる布を被った男が教えてくれた。   [caption id="attachment_16249" align="alignnone" width="300"] 頭にガラビーエをまとう村人[/caption]     シリアは第1次世界大戦後、仏の委任統治領になった。 それ以前はオスマントルコ帝国の支配下だ。     「トルコ時代は学校なんてほとんど無かったんじゃぞ。 あっても教えられるのはトルコ語じゃ。アラビア語じゃあのうてな。」     子ども達を数人集めて文字やコーランを教えているのを耳にすると、 トルコ当局は関係者を派遣して殴りつけることもしていたほどであったと言う。       「今はええ。道も整備され、どの村にも学校があって、教育が受けられるんじゃ。 イスラム教でもな、教育ってのは大切って教えとる。 預言者ムハンマドが最初に聞いた神の言葉は『読め!』じゃった。 彼は文盲だったんじゃがの。 読み書きができるってことは、知識が持てるということじゃ。 知識があれば健康 にもなれるし、良い仕事に就くこともできるじゃろ。」       そして今、少女時代に教育を受けられなかった大人の女性達のために、 政府主導で識字教室が開かれている。   どの村にもある学校を利用し、村人の講師(先生や高卒以上の人)には シリア政府から月500~1000SPの給料が渡される仕組みだ。     [caption id="attachment_16254" align="alignnone" width="300"] 識字教室の授業の様子。夜に授業が始まる[/caption]       生徒に、テキストが与えられて、無料で授業が受けられる。A村にも今年できた。 そこで教鞭を取る教師モハメド・アリーは言う。     「識字教室を始めようとしたとき、 俺たちは識字教室を開くために必要な14人の女性たちをどうやって確保したものかと考えたものだったよ。 でも、驚いたことに登録された名前は70 にも上ったんだ。 この数は村で農業に従事する人数と同じだ。現在の生徒数は40人。 年をとっている大人も勉強にはとっても熱心で、その証拠に50歳になるおばさんもいる。 ただ、彼女は年齢を理由に、(卒業証書がもらえる正式な生徒ではなく)聴講生扱いなんだが。 この識字教室は1963~1993年生まれの人にしか参加できないからな。」       専門家団の調査によると、マンベジ郡内には、成人女性の非識字率75%の地区もある。 しかし、子ども達の識字率は総じて高い。       旅行者時代、英語が出来ない大人に代わって、10歳の子ども達が通訳をかって出てくれたこともある。 ノート、テキスト、制服、筆記具、通学鞄などの費用はかかるが、払えないほどではない。 大学までの授業料は無料だ。 大人向けに識字教室もある。         [caption id="attachment_16251" align="alignnone" width="300"] ラタキアの大学。大学院に通いながら学校の先生をする人もいた[/caption]       A村に行ったとき、僕が何度も泊めて貰っている家族がある。 その家族の家長は村の保健センターで受付・記帳・掃除などを仕事にしている。   熱心なイスラム教徒でもある。昼の12 時~2 時頃には仕事を切り上げ、家に戻る。 昼ご飯を食べたら、横になってテレビを見たり、紅茶を片手に来客の接待をする。   この家の居心地の良さは、彼の家族の優しさも勿論なのだが、 彼がシリア人には珍しく煙草を吸わないのもそうだろう。   現在、奥さんは妊娠中だ。 一番の話し相手が、三女のブトゥーレ。 冒頭の夢を語ってくれた少女だ。   (続く) --------------------------------------------------------- 次回は、「学校で何を学んでいるか」についてをお届けします!    ...

2009年9月に僕が書いた文章です。 当時のシリアの状況が伝わってくるように思ったので、掲載させていただきます。 (文章が長いので分けて発信していきますね)     ------------------------------------------------------- 子ども達に夢を聞く。   驚くほどすぐに答えが返ってくる。 先生、お医者さん、エンジニア、パイロット・・・。嬉しそうに、我先に、手を上げて教えてくれる。   キラキラした目で将来の職業を語る子どもたち。それを見ていると、僕は幸せな気持ちになる。夢を持てるのって、素敵なことだと思う。             自分の家からセルビス(ワゴン車を使ったバス)に乗って 20 分ほどの場所にあるA村。     [caption id="attachment_16237" align="alignnone" width="225"] ワゴン車を使った市民の足セルビス[/caption]       目立った産業はない。   住民の多くは、夫が首都や海外へ出稼ぎし、建設関係の仕事をして稼いだお金で生活している。   出稼ぎ先はレバノン、ヨルダン、サウジアラビア、湾岸諸国、ギリシャなどだ。   男達が数ヶ月働いて、家族の居る村に帰ってくる、そんな生活を繰り返している。   オリーブや野菜・果樹などが育てられているが、オリーブを除けば、商売にするほどの規模はない。             以前は川が流れていて米もとれたが、10年ほど前に川は干上がっており、 農業をするためには地下水を汲み上げるエンジンを買う必要がある。     飲料水も同様で、以前は桶を下ろして水を汲んでいた井戸にはフタがしてあり、 エンジンを動かして地下100m から引っ張り上げた水をドラム缶やバケツ、貯水槽に貯めておく。   エンジンが買えない家は、近所の親戚の家に行って、白いバケツに水をもらう。 その重いバケツを頭の上にのせて女性達が家まで運ぶ。   綿花やオリーブの収穫シーズンになると、 トラックが村の女性達を乗せて東へと向かう。     日が昇る前にトラックに乗り込み、昼の2 時頃に帰ってくる。 暑い中、手首を傷めるような労働をした収入は、1 日に200 円ほどだ。     村には、小中高を掛け持ちしている学校がある。   午前の部と午後に分かれ、生徒数の多い小学校と中高の授業が交代で行われる。 午前か午後かは、毎週入れ替わる (今週が午前の授業なら、来週は午後から始まる)。     僕の住居があるマンベジ市(人口20 万人ほど)であれば、 小中高は建物そのものが分かれているのだが、午前・午後の2部制は変わらない。   昼の12 時ごろになると、校舎から子ども達が吐き出されていく。 給食はない。   休み時間や帰り道にお腹を空かせた子どもが チョコやポテト、アイスを買い食いしたりするのを見かける。   そのために子ども達は、学校に行く前に「僕の5SP ちょうだい!」と母親に小遣いをせがむのだ。   授業時間は、午前の部は7 時半から12 時半、 午後は12 時半から5 時20 分までで、45 分授業×6 コマ。 日が暮れるのが早い冬は、40 分授業で早く終わる。     シリアのほとんどの村には小学校がある。   中高は小学校ほどの数がないので、他の村から通ったりする。 アルファラット村の校庭には、近くの村から通学する少年達のバイクが十数台停まっていた。   「学校が増えたのはフランスに占領されてからだよ」と、 赤と白のガラビーエと呼ばれる布を被った男が教えてくれた。       (続く) http://piece-of-syria.org/2017/09/13/oldsyriavillage-2/  ...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   縁のある大学生の団体から「是非、お話を聞きたい」との連絡があったので、8月の帰国のタイミングで、お話をさせていただきました。   妻がJICAで働いているので、一緒に通勤して、一緒に帰れるように、とJICAのカフェテリアでお話をさせていただくことにしました。   そこで、隣のテーブルで打ち合わせをしている男性に見覚えが…。   シリア時代に、お世話になった専門家Nさん! シリア時代、JICAスタッフでさえ、足を運んでくれなかった、最も首都から遠い僕のところまでわざわざ遊びに来てくださった方で、本当に隊員とも現地の人とも身近に接して下さっていた方。   去年、大阪で講演した時に仲良くなった団体が、Nさんの奥様と、活動先のラオスでつながっていたり、と何かと縁が深いんです。       こうした縁も「動いていたから」ではなく、 「動き続けていたから」なんじゃないかな、とふと思いました。       活動も、しっかりと続けていきますので、 応援、どうぞ宜しくお願い致します!       【告知】「Piece of Syria」写真展 JICAボランティア体験談&募集説明会 内 日時:2017年10月7日(土曜日)    13時から17時(開場12時30分) 会場:高新文化ホール(高知県) 主催:JICA四国 ...

イードムバーラック! Piece of Syriaのへむりです。   今、イスラム暦の犠牲祭(イード・アル・アドハー。大イードとも)です。 犠牲祭の由来となったのは、旧約聖書のイブラヒムのエピソードからです。   なかなか子宝に恵まれなかったイブラヒム夫婦に、やっと授かった息子。   信仰心の深いイブラヒムに、神から試練が与えられます。 愛する息子を生贄として捧げなさい、と。   悩み苦しみながらも、生贄として捧げようとしたその瞬間、神から 「お前の信仰心はよくわかった」と告げられ、息子の代わりにヤギを神に捧げました。   そして、犠牲祭には羊、ヤギ、牛、ラクダを屠り、 その肉を周りに分けて配るようになりました。 特に貧しい人々に分け与えることを良しとします。   僕がシリアにいるとき、2年連続で、僕の故郷とも言える村でその日を迎えました。     朝早くに、モスクに行き、村の皆と一緒にお祈り。     そのあと、大人たちが家でお菓子を準備し、子どもたちは新調した服を着て家々を周り、お菓子をもらいます。             羊を連れてきて、「アッラーフアクバル(神は偉大なり)」と唱えながら、頸動脈を一気にかき切り、血抜きをし、解体していきます。           家族・親戚で配り、晩ご飯の美味しい材料となります。       今回、ブログにあげる写真を探すために、当時の写真を見返すと、 懐かしい家族たち、友人たちの笑顔がたくさんありました。     何度か書いていますが、僕の住んでいた村は去年までダーイッシュが占拠していました。   幸い、去年の夏に解放されましたので、僕の家族・友人たちは村で生活しており、 WhatsAppでもつながっていますので、連絡を取り合っています。     [caption id="attachment_16198" align="alignnone" width="300"] 町でイード限定の小さな遊園地。[/caption]   また彼らに会いにシリアに行けるよう、 シリアが平和になることを待ち望みながら、僕のできることをし続けたいと思います。     [caption id="attachment_16219" align="alignnone" width="225"] 今回のブログ用の写真を探していた時に出て着た、2009年11月の自分。やっぱり、若い。[/caption]     そんな村の羊の写真のポストカードです。   ...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaの小林です。 8月も明日で終わり秋がきますね! 私は、一昨日から実家は長野に帰省中で、大阪でのあの暑さを感じていてからの涼しさにびっくりしています。日中もクーラーいらず! 高校生まで何年も住んでいたはずなのに、少し離れると改めて地元の良さに気づかされます。 夜中に地元に到着し、翌朝。 皆さんご存知かと思いますが、、、 弾道ミサイルが通過とのことで、大音量でJアラート(全国瞬時警報システム)が鳴り驚いて目が覚めました。 もちろん何か危険な状態になるのは嫌ですが、私がその時ふと思ったのは、普段近くにはいない家族と一緖にいれて良かったなということです。 今、何かあったとしても、会っておけばよかったなとか後悔はしないなと思いました。 いつ何が起こるかなんて予測できない。 だから今会いたい人に会う。 「当たり前は決して当たり前ではない。」 トルコに行ってシリア人に教えてもらったことが実感できました。 さて、もう3週間ほど前になりますが トルコ帰国後のPiece of Syria報告会にお越し下さった皆様、宣伝をしていただいた方々、お手伝いしていただいたスタッフさん、どうもありがとうございました。 お盆始めにも関わらず20人以上の方にご来場いただき、 代表の中野と私の話しを真剣に、そして暖かくお聞きいただき、 質問も多くでて、シリアへ関心をお持ちいただいてる方が多くいることを知れてとても嬉しかったです! 今回、初めての講演で、しかも喋り下手の私に務まるかと不安で、、 何よりも、私がトルコに行って感じたことシリア・シリア人・難民のこと、実際に私たちに何ができるのかなど、ちゃんと伝えられるかなと心配で仕方なかったです。 しかし、下記は皆様から頂いた感想の一部にはなりますが 「難民の人も普通に生活していて自分と同じだと気づいた」 「シリア、トルコの生活環境・スタイル・シリア人の方の優しさ。自分の今までの印象とは全く違ったのでとても勉強になりました。」 「難民だけど豊かな生活・普通に生活している人もいることが分かって良かったです。」 「TVで見るシリアと今回の写真で見るシリアが違って驚きました。」 など自分が持っているイメージとは違うシリアやシリア人を知っていただけたようで 今回トルコに行き、実際に自分で見て聞いて感じたことを報告することができて本当に良かったなと感じました。 報告会後の懇親会でも、参加者さん同士でも良い繋がりが生まれたり、これからのPiece of Syriaの活動にご協力いただける方とも出会うことができ嬉しく思いました! 今後とも、昔・今のシリアを多くの方に知ってもらうため、現在シリア国内の学校に通う子どもたちのためにも、一歩ずつでも前に進めるように活動していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。 ...

  アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   夏休みは皆さま、どのようにお過ごしになられましたでしょうか? 僕は、日本に一時帰国しまして、大切な家族や友人との時間を過ごすことができました。     妻とは、去年結婚したばかりなのですが、同居することなく別居生活という状態でして、 (妻も、青年海外協力隊を経て、国際協力業界で働いております) 今の会えない状況がすごく寂しく、一緒にいるときは、もうべったりと一緒の時間を過ごしています。     ちょうど僕の誕生日だったこともあり、 妻の馴染みのお店で一緒に晩御飯を食べたり、サプライズでプレゼントをもらったり、 にんまりする時間をたっぷりと凄くことができました。   また、急遽、実家が引っ越すことになって(2ヶ月前に決定して、来月には引っ越し)、 今回の帰国中に大慌てで、僕の部屋の荷造りをしました。   とは言っても、歩いても行ける距離です(おばあちゃんや親戚の家のすぐそばへ)。   昔描いた絵とか文章とか・・・。懐かしいですね。     講演で、小学校の卒業文集に描いた僕の文章を紹介したりするのですが、 まぁ、大人びたというか、子どもらしくない文章を書いています。     一行目、「風のように時がたっていった」ですからね。 12歳で書く言葉には思えない・・・。   そして、将来の夢として書いていること。   「僕の将来は宇宙飛行士やまん画家等、色々あるけど、 一番は平和で戦争をなくし、世界の差別をなくしたりする人になりたい。   ・・・・   平和な世界をつくるために努力したい。 二度と、戦争による死者をつくらず、 そのためのお金を孤児や寝たきりの老人、 ジャングルの動物達やアフリカ等の難民達のために使うようにしたい。   世界中の人々が幸せになるために・・・」   この夢を描いた小学校から、年を経て、徐々に夢を描かなくなりました。 いえ、描けなくなりました。   中学校、高校と進むにつれて、 「僕にはきっと無理だ」って、考え始めたのです。   大学受験の時に「やりたいことがない!」って思っていたときに、 卒業文集で描いた夢をまた思い出して、学部を決めたものの、在学中にまた挫折。   就職してから、また挫折。 ほんとに、挫折ばっかりしてきました。   会社を辞めて、青年海外協力隊として活動して、少し夢に近づいたと感じました。 また、帰国後、色んなやりたいことを形にして、人生としては申し分ないほど、充実していました。   (2010年に作った、自己紹介動画です)     しかし、シリアの紛争が長期化していったことで、 目に見える形でシリアのために動けていない自分に対し、 どこかモヤモヤした気持ちが生まれました。   そして、2015年、ガーナとの遠距離恋愛中だった彼女(今の妻)と会いに行くことを機に、 間接的ではなく、直接的に、シリアに本格的に関わることを決めて、 難民となってしまったシリアの人たちや支援団体を訪ねて周りました。   そして、今のPiece of Syriaを作り、活動を始めました。     最初は一人から。 妻や友人達に相談しながら、暗中模索しながら、少しずつ、形にしていきました。     6月には、スタッフをしている郁乃ちゃんと一緒にトルコで、現地協力者のウサマさんをはじめ、 トルコに住む、シリアの人たちと出会い、話す経験ができ、 今夏8月には、郁乃ちゃんの初の講演まで行なうことができました。   初の講演とは思えない堂々とした、笑いを取りつつ、聞く人を巻き込む講演で、 僕自身もすごく楽しませてもらいました。     「世界を変えるのは、いつもたった一人の想いから」 彼女の想いが、また世界を変えていく、そんな風に感じました。   サポートをしてくれた皆様、ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。     年齢を経るにつれて、挫折を味わうにつれて、忘れてしまう夢。諦めてしまう夢。 夢をあきらめる平均年齢は24歳だそうです。   (僕自身、今は「夢」という言葉にはちょっと違和感があるのですが) なりたい自分になること、やりたいことができること、大切なことを大切にすることなど、 そういったことを諦めず、目指し続けていきたいと思います。     そして、子どもの頃の自分が描いた夢に、少しでも近づけられるよう、 シリアの人たちに寄り添いながら、大切な友人達である彼らを応援し続けたいと思います。        ...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   いよいよ明日、報告会イベントになります。 ありがたいことに、満員御礼!   …で   す   が   !!   増席を致しました! なので、当日ギリギリのご参加も承ります。   シリアにご関心のあるあなたに、 新しい一歩を踏み出したいあなたに、 夏休みの、どこかにお出かけの前に!     【日時】2017年8月11日(金)  10:00〜11:50 (9:45〜開場)   【場所】梅田 Blue+ ブルータス(各線梅田・大阪駅から徒歩 7〜15分)   【参加費】1000円   【詳細、申し込みはこちら】 https://www.facebook.com/events/1796624217316090/ http://www.kokuchpro.com/event/pos_2017_8_11/    そのメインで話す郁乃ちゃんが、「難民ナウ!」に出演しました!!! 「難民ナウ!」は、「難民問題を天気予報のように」をコンセプトに、2004年から京都三条ラジオカフェ(FM79.7MHz)で放送されている日本初の難民問題専門情報番組です。   運営されている、宗田さんとはヨルダンで初めてお会いして、 そのあと、京都で講演を聞かせて頂きました。   非常に情熱的に活動をされている方で、 こうしてご縁があったことを嬉しく感じています。   ちなみに、宗田さんは TEDにもご出演されています。 是非、こちらも御覧くださいませ!       ...

アッサラームアライクム!ピースオブシリアの武田です。 さて、報告会イベント、いよいよ明日開催となりました。 おかげさまで満席となりました!ありがとうございます!! 連休初日なので、参加者が少ないだろうなと思って、もともと少なめの席数に設定していましたので、若干の増席をいたしました。 なので、まだ申し込み可能です! そういえば時間あるな…、という方はぜひ参加ボタンをポチっとしていただき、私たちに会いに来ていただけると嬉しいです。 http://www.kokuchpro.com/event/pos_2017_8_11/ さて、「シリア」と聞いてどんなイメージを持ちますか?シリア人ってどんな人たちだと思いますか? テロ、紛争、難民、貧困、、、etc...

   夢や「やりたいこと」ってありますか?   ちなみに、僕は夢がずっと持てませんでした。 正確に言うなら、諦めていました。     大学受験や就職活動をしているときに、 「行けそうなところで、やりたいことは何だろう?」って考えていると、 あまりワクワクできませんでした。   就職してから、将来のことを考えていても、 なりたかった自分に向かっているとはどうしても思えず、 「やりたいことを見つける方法」の類の本をいっぱい読んだりしながら、 暗中模索の日々を送っていました。   ですが、 小学校の時の卒業文集には、こう書いていました。 「世界を幸せにするために働きたい。 戦争に使われるお金を、ジャングルの動物達や難民達のために使いたい」 決して、夢がなかったわけではありません。   ですが、「僕には無理」「どうせできない」って思い込んでいました。         ● 何もできない自分と向かい合った25歳   最初に就職した会社のやり方に、どうしても共感ができず、 これ以上いると精神的に耐えられない!と思って、会社を辞めて、 その3日後にはフィリピンのNGOでボランティアを始めました。   大学生の時に、一度、スタディツアーで行ったことがあり、 かつ会社員時代もずっと、週末ボランティアをしていた団体です。   その時は、日本に帰ったらどうしようか、全く白紙だったのですが、 幸い、出発前に受けていた青年街協力隊の試験に受かり、シリアに行くことが決まりました。   そして、2年間、みっちりとシリアにいて、僕の中に変化がありました。 それは、「自分がどこに所属しているとか、何ができるか、ではなく、僕と言う人間を見てくれている」 という環境のなかで、「僕が僕でいいんだ」ってことを知れたことです。   もう一つは、そんな彼らとコミュニケーションをしたい一心で取り組んだ語学です。 五教科で一番ダメだったのが英語の僕ですから、語学が苦手。 ましてやアラビア語なんて、どこをどう読むのやらサッパリでした。 ですが、毎日、町に出て誰かに話しかけ、村に行って泊めてもらって、会話に体を染み込ませ、 家でも移動中でも、ノートで反復しながら、単語をひたすら勉強する毎日を送っているうちに、 アラビア語が話せるようになりました。 それは一つの自信です。 能力がなくたって、素質がなくたって、続けてさえいれば、僕でも身につけられる、変われるって体験を通して知ることができました。   仕事も中途半端に辞めてしまって、自分に何かできるかとも思えず、何もできないと思いこんでいた自分に、 夢も将来も描けなくなっていた僕に、変化を、希望をくれたのが、シリアでの日々だったのです。 そして、シリアから帰国。 学校や旅イベントで講演活動をしたり、仲間達とイベントを企画したり、本当に毎日が充実していました。   26歳から28歳。シリアが僕を変えてくれました。 今、僕のやりたいことは明確です。   シリアが平和になって、子ども達が夢を追いかけられるようになること、 そして、世界で一番大好きな妻と一緒に時間を過ごすこと。 少しずつですが、シリアの人たちへの恩返しをやっていければ、と Piece of Syriaの活動を続けています。         ● 来てみないとわからない。行ってみないとわからない。   Piece of Syriaの活動を続けている最中、出会ったのが郁乃ちゃんです。 正確には4年前に出会っていたのですが、SNSでつながりながら、久々に再会したのが1年ほど前でした。   「手伝えませんか?」と声をかけてくれました彼女は、 僕と同じように「何ができるんだろう?」と感じていたようでした。   彼女が留学したりしていたのも知っていますし、数年前からの人柄も知ってますので、 「もったいない!」って思いました。 「めっちゃできるのに!」って。   案の定といいますか、郁乃ちゃんがPiece of Syriaの活動を本格的に手伝ってくれてから、助けられたことは数知れません。   ワクワクするとやりたくなる性分の僕が、散らかしてしまう思いつきのアイデアを拾ってくれたり、 写真展の準備のバタバタの期間も、本番の長丁場の間も、協力してくれるスタッフ達を取りまとめてくれて、掃除や整頓、接客まで幅広く対応してくれて、 郁乃ちゃんが居なかったら、どうなっていたんだろう?って考えるだけで、ヒヤッとします。   そんな郁乃ちゃんですが、シリアも、中東へも行ったことがありませんでした。 「僕を手伝う」という動機の先にあるシリアへの支援活動をしてくれていたのです。   シリアの中へ、今、行くのはあまりにリスキーですが、シリアの人たちと会ってほしい。 特に、Piece of Syriaがサポートする現地協力者のウサマさんに是非、直に会って話して行ってほしい、 って、ずっと思っていました。   その願いが叶い、郁乃ちゃんと、今年6月にトルコにいるウサマさんをはじめ、シリアの人たちに会いに行くことができました。   トルコでの日々の中で感じたものを聞いた時に、 彼女が力強く言った言葉が、 「来てみないと分からないですね。それだけは本当に言えます」でした。   自信に満ち溢れた表情の中に、 自信がなかったように見えた1年前の郁乃ちゃんからの変化を感じました。   来たる8月11日、彼女のその変化を感じてもらうイベントを企画しました。 もちろん、僕たちの活動についてもしっかりとお伝え致します。   皆さんと共に「来てみないと分からない」、そんな体験を共有したいと思います。   また、皆さんにも是非、一緒にトルコに、 そしていつかは、一緒に平和になったシリアに 行くことができれば嬉しいです。   そんなことにも想いを馳せながら、 来てくださったみなさまと色んなことを感じ、考える時間になりますように、 精一杯、準備を進めておりますので、また会場でお会いしましょう!         【日時】2017年8月11日(金)  10:00〜11:50 (9:45〜開場)   【場所】梅田 Blue+ ブルータス (各線梅田・大阪駅から徒歩 7〜15分)   【参加費】1000円   【詳細、申し込みはこちら】 https://www.facebook.com/events/1796624217316090/ http://www.kokuchpro.com/event/pos_2017_8_11/ ...

アッサラームアライクム! Piece of Syriaのへむりです。   ①では、シリア国内の「勢力図」の変化について、 ②では、シリア国内における「生活面」の変化について、 ③では、アサド政権に関するシリアの人たちの心についてをお話してきました。   今回は、シリアの人たちの仕事についてお話し致します。   ただ、今までと同様に、これも僕の経験に基づいた「ある時点の、一つの視点」としてのもので、 これが全てではありませんし、時期により変化しますし、統計的なものではないことはご留意ください。   [caption id="attachment_16129" align="alignnone" width="1024"] シリア南部の町の肉市場[/caption]   ● 紛争前の田舎の人たちの働き方   「なんのために、仕事をしていますか?」   と、聞かれたら、あなたはなんと答えますか?   きっと、どんな答えも正解だと僕は思っていますが、シリアで体験した仕事にまつわる話をします。   2008年。「シリアといえば、安全すぎて平和ボケをしてしまう国だ」と僕が常々言っている時期の話です。   住み始めたばかりの家で、シャワーの給湯器が壊れてしまいました。   直してもらおうと、大家さんのところに行きました。 大家さんは、修理する人に電話して、しばらく話したあとに僕に言います。   「今日は行けないんだそうだ。ブクラ(明日)な」と。   そして、翌日、再び大家さんのところに行きますが、またも「ブクラ」という返事。 昼間は暑く、水シャワーでも耐えられなくはないですが、さらに翌日もとなると、ちょっとひどい。   「昨日のブクラは今日だ!」と怒って、「そもそもどうして来れないんだ?」と理由を尋ねました。   すると、修理工の答えが、「今、家族とご飯を食べている」・・・と。   まだ昼過ぎ・・・。彼らにとって、仕事とは、家族のためにすることです。 だけど、仕事と家族との時間を天秤にかけた答えは、いつも家族なのでした。 ゆっくりと、家族とご飯食べてからで良いから、とお願いして、なんとか来てもらいましたが、 仕事よりも家族を優先する姿勢は、シリアに住んでいるとよく感じました。     ● 紛争前の失業率   田舎は仕事が少なかったようです。 僕の通っていたシリアの村では、若い男達は出稼ぎに行って、男性は子どもと老人たちだけで、あとは女性達しかいない家もちょくちょく見ました。   なんせ田舎ですので、女子しかいない家に、親戚でもない他人が入るのはよろしくないのですが、 村に入り浸って、信頼を勝ち取った外国人の僕はどうやら例外のようでした。    ヒジャーブを頭に被った若い女の子たちの女子会に手招きされて、 「誰が一番カワイイ?」なんて聞かれることも・・・。   男たちは、国内の都市や海外へ出稼ぎに行きます。 僕がいた当時、人気だったのはギリシャで、建築に関わる肉体労働で、国内の10倍の給料を得られる、と言っていました。   他にも湾岸諸国やエジプト・レバノンなどもありましたが、トルコは「仕事がない」という理由で出稼ぎに行く人はほぼいなかったです。 そんなトルコが今、最もシリア難民が住む国になっています。   また、公務員である学校の先生たちが副業をしている姿をよく見ました。 塾や文房具屋さんを経営していたり、薬局でアルバイトしていたり。   学校は午前か午後に分かれていて(午前が小学校、午後が中高になっていたりします)、 その空いている時間を利用して、副業をしていました。   なので、決して「失業率が低かった」とは言えません。   ですが、出稼ぎで半年ほど働いて、田舎に大きな家と外車を買って、半年の間は家族とのんびり暮らす、という『デュアルライフ』を送ることは、難しい選択肢ではないようでした。   また以前、お話ししたように、物価自体が安かったこと、教育・医療にお金がかからないこと、原油高騰をしたときも政府から配給や給料アップがあることなどから、彼らから生活苦を感じることは一度もありませんでした。   [caption id="attachment_16130" align="alignnone" width="1024"] 村で開かれていた塾。経営していたのは学校の先生。[/caption]   ● 戦争が奪った日常   「借金があるんだ」と、シリアに住む友人からメッセージがありました。   その額は、戦前のシリアの平均月収の20ヶ月分。 僕にとっても安い金額ではありません。   長引く戦争で、シリア国内の物価が10倍になっています。 その結果、日々生きることにかかるお金が足りていないのです。   家族のいる日本人が、月収3〜4万円で生活することをイメージしてもらえれば、その大変さが身近に感じられるのではないでしょうか?   結果、彼らは国外で働いて、国内へ仕送りをしたり、借金をしながらの生活を余儀なくされています。   ある人からは「家族を養うために、ダーイッシュ(IS)の兵士になる人もいたよ」と聞きました。   物価が高騰し、給料が出ないような、困窮した国内での生活の中で、 海外からお金が援助されているとされる、ダーイッシュなどの武装勢力の兵士になることは、 「生活のため」「家族のため」にお金を稼ぐ、ひとつの手段でもあったのです。   [caption id="attachment_16133" align="alignnone" width="1024"] トルコ南部のあおぞら市場。トルコ語とアラビア語が書かれている。[/caption]   ● 中東の難民キャンプには、難民がいない。   トルコで出会ったシリア人が僕に言いました。   「家族とは数年、会えてない。俺たちがここで稼いで送金しないといけないから帰れもしない。  そして、この国で、俺たちの立場は安定していない。政府次第で、働けなくなるかもしれない」   シリア人が最も多く住むトルコには、シリア難民の支援活動をしている国際協力団体が非常に多くあります。 その国際協力団体で働くシリア人の給料は、トルコのレストラン等で働く給料の数倍と言われ、 また、その活動自体に意義と魅力を感じる人も多く、 「最も人気な就職先」です。   しかしながら、2017年6月に訪れた際に聞いたのは、 「数ヶ月前から、非常に有名な国際協力団体を含めたシリア支援団体が、トルコで活動できなくなった」という情報でした。   国際協力団体を通じて、テロ組織や武装勢力にお金が流れているのではないか?という疑いがあったためだとされています。 また、教育に関わる支援活動にも制限ができたとも聞きました。   学校も、シリア人によるアラビア語での授業がなくなり、トルコ語での授業だけになっていくそうです。   トルコでは、シリアから逃げてきた人たちのことを「難民」と表現しません。  「ゲスト」と言うそうです。 「難民」と認定すると、保護の義務が生じるからです。   ヨーロッパで「難民」と認定されると、語学の研修や家の補助、社会保障などに加えて、数年住むことで国籍を得られるなどの保護が得られます。 トルコ・レバノン・ヨルダン・イラクなどでは、そうした保護がありません。 (食料やテントなど、人道的な面での保護はしています)   なので、そうした国々にある「難民キャンプ」にいる人たち、「都市難民」と言われる人たちは、 正確には難民ではなく、立場的には「Asylum Seeker」(≒亡命希望者)と言われています。   こうした状況の中で、「自分たちの子どもには、このような不安定な立場でいてほしくない」と、 死を覚悟して海を越え、ヨーロッパに向かう人たちが多くいたのです。   [caption id="attachment_16132" align="alignnone" width="1024"] 難民キャンプ内には八百屋、雑貨屋、仕立て屋、携帯ショップなどもある[/caption]   ● 各国の「難民」の仕事事情   難民でもない彼らは不安定な中で、仕事を探しています。   トルコでは、仕事ができるとは言え、状況が二転三転します。 また、シリア人を雇う場合、その3〜5倍の数にトルコ人を雇う義務が課せられていると聞きました。   ヨルダンでは、シリア難民の労働が認められていません。 隠れて非合法に仕事をしたり、バレにくい子ども達に働いてもらうようせざるを得ませんでした。   この理由の一つに「エジプトからの出稼ぎ労働者に発給する労働ビザ」が国家の収入になっているから、という話を聞きました。   イラク北部の難民キャンプでは、キャンプの入口に車がやってきて、 「工事現場での仕事、5人」などと言って日雇いの仕事をする人を探していました。 僕が泊まったアルビルのホテルにも、シリア人が2人、働いていましたので、仕事はできるようです。   レバノンでは、難民となっている人たちとは会っていませんが、 シリアに住んでいた時の村の友人達が「出稼ぎ」という立場で住んでいまして、 その友人は、レバノンの村役場に行って、仕事を斡旋してもらっていました。   [caption id="attachment_16131" align="alignnone" width="1024"] 不発弾は地雷になってしまう。子ども達が誤って触らないようにする教育が必要[/caption]   ● 戦争が終わる日を望んで   戦争は「当たり前の中にある幸せ」を奪っていきます。   家族と共にいること。 仕事より優先して、毎日のご飯を一緒に食べること。 そんな「毎日の当たり前の中にあった幸せ」を、 「叶わない夢だ」と言わせてしまうものが、シリアで起こっている戦争です。   今もなお、戦闘状態は続いていますし、 この先、どうなっていくかは、本当にわかりません。   「そんなシリアの人たちのために、できることがありますか?」と聞かれた時、 僕が伝えていることのひとつは、「あなたの大切な人を大切にしてほしい」ということです。   そして、余裕があれば、 僕らや、シリアの人たちのために行動している団体のイベントに足を運んでもらったり、 無理のない範囲で、寄付をしてもらって、活動を応援してもらえたら嬉しく思います。   僕が実際に活動を見て来た団体のリンクも貼っておきますので、ご参考にしてもらえればと思います。   サダーカ シリアで活動していた青年海外協力隊を中心に活動。日本のシリア支援団体のまとめ役。 戦争を止めることを目指した啓蒙活動を行なうほか、ヨルダンのシリア人家庭をサポート。 国会議員向けの勉強会や、シリア人の受け入れに伴う、大学同士の連携を作ってらっしゃいます。   パルシック トルコ南部の村々を中心に、現地の人目線での活動を行なっており、規模は小さいけれど、他の団体と連携しながら、今だけでなく未来につながる自立支援を実施しています。新たに、レバノンでも事務所を開いて、活動を開始してらっしゃいます。   JIM-NET 医療系のNGOで、イラクを中心に活動。ヨルダンでも障害者支援や障害者スポーツなどを実施。一人ひとりの命に向き合った活動が印象的。子ども達のアート作品を用いたチョコレート募金など、スポーツ・アートを交えた活動をしてらっしゃいます。   AAR トルコ南部で、コミュニティセンターを作り、学びの場・憩いの場を生み出したり、イスタンブールの都市難民支援やギリシャでも活動されています。僕が訪れた際に、働くシリア人スタッフが「ここで働くことが誇りだ」と言っていたのが印象に残っています。     KnK ヨルダンの教育支援を行なっており、ヨルダン人とシリア人の子ども達同士で交流できる場を作ったり、ザータリ難民キャンプ内でイベントを行なったり、心に寄り添う支援をされていらっしゃいます。   Watan シリア人が作っているトルコ南部にあるNGO。トルコだけでなく、シリア国内の教育支援、食料支援、医療支援など、多岐にわたる支援を提供しておられます。 僕たちも8月11日(金)に大阪でイベントを致します。 募金も受け付けておりますので、是非、宜しくお願い致します。           ...