メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | トルコ便り「イスタンブールのシリア人の今」
17976
post-template-default,single,single-post,postid-17976,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
 

トルコ便り「イスタンブールのシリア人の今」

トルコ便り「イスタンブールのシリア人の今」

アッサラームアライクム!
Piece of Syriaのへむり(中野貴行)です。

先日、トルコ駐在から日本に帰ってまいりました。

 

 

● 生の声を聞きに来てください!(8/21(水)24(土)@大阪)

 

トルコで感じたこと、聞いたこと(シリア国内含む)の詳細は、
イベントでお話ししたいと思っています。

まずは地元の大阪でお話をさせて頂きます。

 

【8月21日(水)19:00〜 @弁天町 (参加費 1円〜)】

また、アラブ在住経験者さんとこんなイベントも実施します。

【8月24日(土)15:30〜@梅田 アラブの歩き方 〜知ってるようで知らないアラブ〜】

24日の方では、スピーカーとしては登場しませんが、
会場にいますし、交流会にもずっといますので、お気軽にお話しかけ下さいませ。

 

 

報告会は、東京・広島・福岡・札幌で実施が決まっていますので、詳細が決まり次第、お伝え致します。
(企画や当日ボランティアでご参加希望の方はお声がけ下さいませ)

【夏にクラウドファンディングを行ないます!】

 

 

● イスタンブールのシリア人の今

 

「IDを持っていないで外に出て、警察に見つかれば、”不法移民”として即シリアに帰される」
「今月(2019年7月)から、シリア人を追い出すキャンペーンが始まった」
「差別があり、ヒジャーブをトルコ人の子どもに剥ぎ取られる事件があった」

 

 

私が駐在中に主に滞在していたのは、シリア国境の近くシャンルウルファです。
そのため、僕の知るイスタンブールの情報の、ごく一部でしかありませんが、そのような声を聞きました。


 

 

シリア人家庭の状況を調べるために、シリア人スタッフが家庭訪問をしていると、
「ここに住んでいるシリア人は、共益費(道路の掃除などを依頼するお金)を払おうとしないんだ!シリア人はこの国から出て行け!」
と言われたこともあるそうです。

(ただ、実際にその部屋を訪問すると、住んでいたのはシリア人ではありませんでした。
イスタンブールにはエジプト、アフガニスタン、ウズベキスタン、イランなどから来た外国人が住んでいます)

 

 

イスタンブールの市長選で野党が勝利し、対シリア難民の政策が高圧的になったと感じているそうです。

 

 

「トルコ シリア難民に退去命じる動き 住民とのあつれき表面化」(NHK 2019/7/23)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190723/k10012005141000.html

「『殺される』襲撃者の影に脅えるシリア人、トルコで反移民感情高まる」(REUTER 2019/7/10)
https://jp.reuters.com/article/turkey-syria-refugee-idJPKCN1U50SF

 

 

● イスタンブールの「不法移民」とは?

 

シリアから逃れてきたシリア人は、トルコで「一時的な身分証」の登録をします(Kimlik)。

Kimlikがあれば、公的な医療や学校を、無料で利用することができます。
申請から受理まで時間がかかることもありますが、病気や出産などがあれば、すぐに登録をしてくれるそうです。

Kimlikは、県ごとの登録となり、原則として、登録した県から出ることができません。
仕事が多いイスタンブールに行きたいと願うシリア人も多いですが、イスタンブールはKimlikの新規発行を停止しています。

そのため、違う県でKimlikの登録(シリアから来たばかりで登録することが多いので、よく分からないまま登録する、という話も聞きました)し、
仕事を求めて、イスタンブールにやってきて、身元確認が不十分でもできる仕事に就くケースがあります。

それが、ここで言う「不法移民」です。

 

こうした「不法移民」が「即シリアに帰らされる」と話すシリア人がいる一方で、
「ソイル大臣は、一時保護制度の対象となっているシリア国民が国外追放になることはないと強く述べた。
ソイル大臣は、一時保護制度の対象となっているシリア国民で移民登録がない人はキャンプに、
移民登録がある人は登録されている県に送られると説明した」とのことです。

 

「ソイル内相、移民政策について発言」(TRT 2019/7/24)
https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2019/07/24/20190724-002-1241849

 

 

 

● シリアが、シリア人がこれからどうなるのか?

 

この問いを、当のシリア人に尋ねても「分からない」という返事がかえってきます。

私たちができることは決して多くないかもしれませんし、大きいものではありませんが、
「まず知ることから始めたい」とお考えの方は、イベントに足を運んでいただければ嬉しく思います!

 

( ↓ 画像をクリックすればイベント申込ページに飛びます)

 

 

【トルコ便り】
①【シリアはどうなるのか?】● トルコに残る人たち  ● シリアの今
②【トルコに住むシリア人の声】● 閉じ始めた難民キャンプ ● シリア人とトルコ人の中で起きた衝突
③【シリアからトルコへ。トルコからシリアへ】● 難民は負担なのか? ● トルコから去りたいシリアの人たち
④【移動ができない、という日常】● トルコのバス事情 ● シリアの中のトルコとクルド
⑤【シリア人のIDと医療と教育】● トルコに住むシリア人のID      ● 医療と教育事情
⑥【シリア人のID ~教育と医療~】● 母国語で学べない● 病院に行きたい時は
⑦【シリア人のID ~市民権と欧州の難民~】● トルコの市民権を得る ● 中東の「難民」、欧州の「難民」

 

 

【夏にクラウドファンディングを行ないます!】

 

【ご寄付】

・ネットでのご寄付

 

・銀行口座でのお振込

ゆうちょ口座 ピースオブシリア
       店名 408(ヨンゼロハチ)
       普通 4328753

 

※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、
お振込みの場合は
 ・メッセージ、DM
 ・メール(piece.of.syria@gmail.com)
 ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/
まで、ご一報くださいませ。

 

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください