メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | トルコで学ぶシリアの子ども達を支える特別学校
17493
post-template-default,single,single-post,postid-17493,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

トルコで学ぶシリアの子ども達を支える特別学校

トルコで学ぶシリアの子ども達を支える特別学校

 

こんにちは、へむりです。
先日、トルコ南部の街ガズィアンティップにあるシリア人学校を見学してきました。
 
そこは、正規の学校には入れない子ども達が学んだり、
トルコ人の子ども達と交流できる時間を作ったりしています。
 
しかし、この学校は団体からの支援がなく、
トルコ政府からは場所だけを与えられている状態です。
 
現状の私たちの予算では、シリア国内向けの教育支援が限界なのですが、
今後は、この学校への支援も検討したいと考えており、
まずは皆様に情報共有をさせて頂きます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トルコで学ぶシリア人の状況について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今年から、アラビア語で教えるシリア人学校が、トルコ政府の指示で閉鎖しています。
また、国際NGOによるシリア難民向けの教育支援は禁止されました。
 
教育支援は、トルコ政府にお金を渡す形で間接的に行なうこと、
そして、シリアの子ども達は、トルコ語で学ぶことが義務化されました。
 
今回訪れた学校は、そうした変化からこぼれた子ども達へのサポートになります。
(トルコ政府との協働なので、もちろん「禁止」の範疇外です)
 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この学校が支援する子ども達
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
授業は土日のみ。
アラビア語、トルコ語、数学などを教えています。
 
子ども達は、幼稚園から小学校高学年くらいまでの85人。
4つある教室は子ども達でパンパンで、入りたいという子ども達を断わってる状況です。
 

 

 

トルコではkimlikというトルコ政府発行のIDがなければ教育も医療も受けれません。
申請して数ヶ月間、認定されるまではIDがない状態の人たちもいます。
 
この学校には、Kimlikが無いために、学校に行けない子ども達がいたり、
学校に行けていない期間が長く、高学年の年齢にもかかわらず学力が低学年であるために学校には入れない、という子ども達がいます。(全体の5%くらい)
 
そうした子ども達は、土日にある学校だけを頼りにしています。
 
また、トルコの学校で打ち解けるために必要なトルコ語のレッスンや、
基礎学力を身につける上で、とても大切な場所になっています。

 

 

机が足りていない教室

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  授業見学や先生体験の受け入れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今回、僕が訪問したら、子ども達がすごく喜んでくれまして、
「日本語を教えて!」とか「名前を日本語で書いて!」など、人だかりができる程でした。

 

 

 

「日本人がここに来て、授業を見たり、日本文化のことを教えたりすることってできる?」と尋ねると、「もちろん!なんの問題もないよ!」との返事をもらいました。

 

スタディツアーという形の企画ではありませんが、
ボランティアとして日本国内で私たちと活動を共にして下さった方と一緒に、
シリア人学校での授業体験をしていくことも検討しています。

 

(僕が同伴できるタイミングが限られていますので、時期はまだ決まっていません)
日本文化に留まらず、ご自身が得意なこと、
アートであったり、折り紙であったり、歌であったりを子ども達に届けられます。

 

通訳可能なので、語学面はご心配要りません。治安も安定してます。

 

 
実際に来てもらえたら、シリアの子ども達の可愛さに、先生達の熱い想いに、
 色んなことを感じていただけると思います!!
 
また、トルコに住むシリア難民のお家への家庭訪問など、
 まさにメディアでは知ることができない体験を一緒にできます。
 

 

ご関心のある方は、問い合わせ、または「piece.of.syria@gmail.com」宛まで、
 「トルコの学校支援」を件名に、①お名前 ②ご所属 ③連絡先 ④お住まいの地域 ⑤現地でやりたいこと をご連絡くださいませ。
(現状では、まだ100%ご期待に添えられる状態ではない点はご了承くださいませ)

お問い合わせ

 

 

【学校の詳細について】

本校は、トルコ語とアラビア語によって生まれる、数学・言語・文化と習慣の差を埋めることで、学校に行かなくなったシリアの子ども達が、トルコの学校・社会に戻っていけるように、教育やトレーニングを行なっています。

 

クラス分けテスト:

私たちは、私たちの目的に合うシンプルなASER国際ツールを採用しています。

ASERツール:5歳から16歳の子ども達の、読解力、理数力を図るために、シンプルで柔軟なツールで、シリアでも採用されていました。

アラビア語、トルコ語と、数学について、学年ごとに必要とされるレベルのテストを行ない、結果によって、三段階に振り分けます。これらは実年齢とは関係なく、レベル分けを行いますが、それは中途退学した生徒達が多くいるためです。

近隣に住む多くのトルコ人が、アラビア語を子どもに教えたいと訪ねてくるのですが、断っています。理由は教室のスペースの不足です。しかし、私たちの学校の目的は、シリア人の子ども達がトルコの学校に、トルコ社会に統合できるように、シリア人生徒とトルコ人生徒が打ち解け合うことです。そのため、シリア人の生徒達の授業が終了した後にトルコ人の生徒を受け入れるという授業編成を検討中で、それによって経済的な支援も引き出せるように交渉しています。

カリキュラム:

地域のニーズ評価と専門家との相談をした後に、「アラビア語」「トルコ語」「数学」「文化と習慣」という教科が採用されました。行き届いていない範囲を明確にして、教育の専門家によって開発された教科の概要を作っています。

 

 

 
No Comments

Post A Comment