メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 【9/28(金)東京】日本在住シリア人と話します!ニュースが教えてくれない!シリアの本当のところ
17272
post-template-default,single,single-post,postid-17272,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

【9/28(金)東京】日本在住シリア人と話します!ニュースが教えてくれない!シリアの本当のところ

【9/28(金)東京】日本在住シリア人と話します!ニュースが教えてくれない!シリアの本当のところ

 

昼の2時には帰って、家族とご飯を食べる「働き方」?
通りすがりの旅人に、お茶をご馳走し、泊めてくれる「おもてなし」?
世界最大の難民受け入れ国で、日本の20倍の以上の「治安」の良さ?
 
 
「なんとなく怖そう」な国が「行ってみたかった国」に変わる!?
明日、誰かに言いたくなる話が聞けるトークイベント!
 
 
 
サッカー選手を目指し、日本で難民として暮らすシリア人大学生ヤーセル。
シリアの田舎に住んで、シリア人に「シリア人みたいだ」と言われたシリア支援NGO代表へむり。
ヨルダンのシリア難民の家にホームステイしていた女子大生→平和構築NGOインターン生なお。
 
 
「難民として日本に住むこと」について、生の声も是非お聞きください!
 
 
 
 
<< こんな方におすすめ >>
・本当のシリアについて知ってみたい
・中東や難民について知ってみたい
・日本に住むシリアの人の話を聞いてみたい
・青年海外協力隊や国際協力に興味がある方
・旅やホームステイに関心がある方
・社会人の方、学生の方、主婦の方

 

 
(終了)
<9月7日(金)>
【時間】19:30-20:50(受付開始 19:15)
【場所】株式会社Wevnal セミナールーム(東京都渋谷区1-11-8 渋谷パークプラザ 5F)
【定員】35名(申し込み先着順)

 

<9月28日(金)>
【時間】19:30-21:30(受付開始 19:00)
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都東京都渋谷区代々木神園町3-1)
【定員】100名(申し込み先着順)

 

【参加費】無料
(おひねり制。頂いたお金は全額シリアの方々のために使います)
 
 
 
【ゲスト】

 

● Yaser Jamal Aldeen(ヤーセル)

 

シリア・ダマスカス出身。明治大学 国際日本学部。
ダマスカス大学で英文学を専攻していたが、2013年に母・妹と共にシリアを出国。
2013年10月に親戚の縁を頼り来日。
1年半の間、難民認定が下りるのを待ち続け、2014年に日本政府より正式に難民認定を受ける。自身の経験を、各地の大学で講演している。
 
 
 
 

● 中野 貴行(なかの たかゆき / へむり。)

 

平和な頃のシリアの田舎に住み、中東・欧州の10カ国のシリア難民を訪ねた唯一の日本人。
大阪生まれ大阪育ち。東京在住。
2008年-10年 シリアにて、青年海外協力隊として母子保健を広める活動に従事。
「ニュースが伝えていないシリアの人たちの姿を知りたい」と、2015年から4ヶ月以上かけて、ヨルダン、トルコ、イラク、ドイツ、スウェーデンなど10カ国でシリア難民・難民支援団体など100人以上から話を聞く。
 
「シリア国内の、支援がない地域での教育支援」と「シリアの今と昔を伝える平和教育」を行なうNGO「Piece of Syria」を立ち上げ、活動中。
全国の学校で講演・写真展を行ない、好評を博す。
今年4月まで日本企業のドバイ駐在員として、UAE勤務するなど、旅と海外生活合わせて5年半、43カ国。
 
 
 

● 大竹 菜緒(おおたけ なお)

シリア支援団体サダーカ事務局員。1994年生まれ、神奈川県出身。
 
大学の授業で訪れたヨルダンで難民として避難するシリアの人たちと出会い、紛争を終わらせることの重要性を思い知るものの、その活動に関わる人が少ないことに気づく。
 
2016年10月から約1年間大学を休学。
世論形成や政策提言を通じてシリアの紛争終結のための行動を促すことをミッションとするシリア支援団体サダーカのメンバーとしてシリアの隣国・ヨルダンで活動。
都市部で避難生活を送るシリア人の家庭約40軒を訪問し、彼らの生活状況や母国への帰郷の想いをFacebook等で発信し、アドボカシー(政策提言)に繋げている。
シリア支援団体サダーカ事務局員。シリア和平ネットワークメンバー。アラブ・イスラーム学院でアラビア語勉強中。その他、紛争予防・平和構築を専門とするNGOでインターン中。
 
 

【プログラム(予定)】

* 日本より平和だった?シリアの「普通」の生活を知ろう
* 「難民」として暮らすって?シリアの人から聞くリアル
* 私たちができることってあるのかな?を考える
* クロストークと質疑応答
 
 
 

 

3 Comments

Post A Comment