メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 質疑応答(3)大学生だからできることってありますか?
16782
post-template-default,single,single-post,postid-16782,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

質疑応答(3)大学生だからできることってありますか?

質疑応答(3)大学生だからできることってありますか?

 
 

 

アッサラームアライクム!
Piece of Syriaの中野です。

 

 
講演でいただいた質問の回答について書かせて頂きます。

 

 

 

Q. 大学生のうちにやっておいたほうがいいこと、大学生だからできることはありますか?

 

A. 目指したい!と思える人に出会おうとすることかな、と思います。

 

● 過去から未来を考えるのではなく、未来から今やることを考える

 

僕自身、将来やりたいことが見つからずにずっともがいていました。

 

正確には「国際協力を仕事にしたい」という想いがありつつも、
「現実的を見なさい」という周りからの声がどうしても気になって、
踏み込めずにいました。

 

僕自身の能力でやっていけるのだろうか?
将来、経済的に大丈夫なのだろうか?

 

そんな疑問が頭から離れずに、「今の自分でできること」から未来を考えていました。

 

大学生時代に中東一人旅へ。死海で浮かぶ。

 

今、その答え全てが解決したわけではありませんが、
僕の周りには「やりたいこと」を仕事にしている人たちがたくさんいます。
「ひとりではできないこと」を仲間と共に、家族と共に叶えている人たちがたくさんいます。

 

「やっている人がいる」というのは、可能性との出会いです。
自分の過去から未来を考えるのではなく、未来を知ることで、今やるべきことが見えてきます。

 

 

僕は大学生時代、色んなイベントや勉強会に参加し続けて、
そのつながりや、その時に学んだことは今の土台になっています。

 

 

 

 

● 経済的に大丈夫かどうかは、その人(家庭)次第

 

全員が「経済的に大丈夫」というわけではないでしょうが、
何をもって「経済的に大丈夫」なのかは人それぞれかな、とも思います。

 

(今、大企業に就職したり、公務員になったから絶対に安心!とは言い切れないと聞きますし)

 

 

実は、安心することを目標にすると、常に不安になります。
「安心したい」という言葉の裏側には「今、不安である」という意味が隠されているので。
(「不安を取り除きたい」も同様)

 

ということで、不安定な状態でも平気な人が「安定」を保てるということになります。
(この辺の話をしてると長くなるのでこの辺で!)

 

ただし、これは個人の場合ですので、家族がいる場合は異なります。
家族としての「大丈夫」という基準は、家族で考えて、備えていく必要はあると思います。

 

 

ドイツのシリア人難民キャンプにて。アラビア語が距離を縮めてくれる

 

 

● 今の自分が想像してるより、未来の自分はすごいかもしれない

 

出逢いは自分の限界を変えてくれます。

 

大学生当時の「今の自分でできること」からは、
「英語とアラビア語を使って、企業の海外駐在員をしながら、シリアのことで活動をしている」という今の自分自身は想像できません。

 

何しろ、語学はめちゃくちゃ苦手だったので。

 

「今の自分のできること」はもちろん大切ですが、未来はその延長線上とは限りません。

 

「思想は現実化する」というまで確信めいたことは、僕は言えませんが、
(何しろ、今の自分は想像だにしていなかったので)
「今できること」の中に、未来を閉じ込める必要はないのかな、と思います。

 

過去から未来を考えるのではなく、未来から今やるべきことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

● 英語は便利

 

このイベントでは「国際協力に関心がある大学生」がテーマでしたので、
英語の勉強や、途上国で活動する人たちを実際に訪ねてみるなども提案しました。

 

社会人になってから、「英語を話せたらよかった!」と言っている友人は少なくありません。

 

ですが、英語ができなくても国際協力団体の代表をしていたり、アフリカでビジネスをやってる人たちはいますので、「必須」ではないようです。

 

ただ、僕自身は(そこそことはいえ)英語ができてよかったと思っています。
自分のやりたいことと添っているのであれば、語学力はあるに越したことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんのご支援のおかげで、シリア国内の幼稚園が閉鎖を免れました。
小学校の支援も行なっています。

 

そして、現地から「4年間、学校に行けなかった生徒は、学校が再開しても戻ってこなくなるんだ」と聞いています。
年下の同級生に囲まれ、勉強についていけなかったりすると、行きたい気持ちがなくなってしまうそうです。

 

私たちは、シリアという国を復興していくのは、何よりもシリアの人たちであって欲しいと願っています。
その土台となる知識(特に、読み書き計算)が閉ざされることのないようにすることは、
微力かもしれませんが、無意味では決してないと思っています。

 

 

世界を変えるのは、いつもたった一人の想いから。

 

現地協力者のウサマさんがいて、彼と共に現地で動く先生達がいて、
日本で動いている僕たちがいて、それを支えてくださる一人ひとりの支援者の想いがあって、

 

その、どこかが欠けても、活動が動いていません。

 

想いをひとつひとつ、紡ぎ合わせた結果、教育という希望を、未来を、届ける活動になっています。

 

 

 

 

引き続き、支援を受け付けております。
あなたの1000円で、1ヶ月シリアの子どもが学校に通うことができます。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

・銀行口座でのお振込

ゆうちょ口座 ピースオブシリア
       店名 408(ヨンゼロハチ)
       普通 4328753

 

※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、
お振込みの場合は
 ・メッセージ、DM
 ・メール(piece.of.syria@gmail.com)
 ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/
まで、ご一報くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

質疑応答(1)難民受け入れ国としての日本の心構えとは?

質疑応答(2)国際協力や難民支援などで、個人の力では限界があるのではないでしょうか?

 

No Comments

Post A Comment