メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | Q. なぜ私たちがシリア支援をしているのですか?
16425
post-template-default,single,single-post,postid-16425,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

Q. なぜ私たちがシリア支援をしているのですか?

Q. なぜ私たちがシリア支援をしているのですか?

 
 
 

A.「すべての人が、自分らしく力を発揮できる世界であること」を目指しているからです。

 
 
私たちは、シリアの人たちを「支援の対象」とは見ていません。
尊敬すべき友人であり、学ぶことが非常に多い、圧倒的な人間力を持った人たちだと考えています。
 
 
シリアに住んだ人が体験した、親切のエピソードは数え切れないと思います。
 
そうしたエピソードについて、記事を寄稿させていただき、大きな反響を得ました。宿に置き忘れた腕時計が帰って来たり、重い荷物を持っていたら助けてくれたり、挙句、バスで隣に座っていた人が運賃を払ってくれていたり。遊びに行ったら、ご飯とパジャマがついてくるなんてことも珍しくありませんでした。
 
 

 

 
 
 
 
そんなシリアの人たちに対して、国際協力という立場で行っていたものの、「助けよう」なんておこがましく、
「どうやってありがとうを表現したらいいんだ」といつも考えていたような毎日でした。
 
 
私たちが、教える立場ではなく、学ぶ側にいたという経験があるのです。
 
そうした経験からも、大切にしたいのは、
「シリアの人たちは能力が持っているが、それが発揮できない状況があるなら、それを取り除こう」という姿勢です。その根底にあるのは、「彼ら自身の問題は、彼ら自身で解決できる」という信頼です。
 
 

現地の人が動きやすくするために活動していた隊員時代

 
2011年から始まった武力紛争は、彼らの力を発揮できる環境を壊してしまいました。
その中で、立ち上がっている芽吹きが、難民という立場であっても、自分が仕事が不安定であっても数年間、集めた募金をすべて現地への支援に使うという信念を持ったウサマさんというシリアの友人の行動です。
 
「戦争によって、子ども達を失われた世代にしてはいけない。子ども達は未来であり、教育こそが武器だ」

現地に足を運ぶウサマさん

 
彼の信念からくる教育支援の活動を応援することで、シリア国内に希望をつむぐことが、私たちの活動です。
それは「シリアの問題はシリアの人たちが解決すべきだ」ということと、「解決できない障壁があるなら、それを取り除こう」というのが私たちの姿勢だからです。
 
 
 
「すべての人が、自分らしく力を発揮できる世界であること」の実現のために、今一度、皆様のお力をお借りできないでしょうか?
 
 
1日33円。
それが、子ども達一人の1ヶ月の教育につながります。
 
シェアだけでも嬉しいので、是非、ご協力のほど、宜しくお願い致します。
 
 
 
 

●支援の詳細

 

●支援するには 

 

 

・振込   →ゆうちょ口座 ピースオブシリア
       店名 408(ヨンゼロハチ)
       普通 4328753

 

※お手数ではございますが、報告書や報告会のご案内を送らせて頂きますので、
お振込みの場合は下記にて、ご一報くださいますようお願い致します。
 ・メッセージ、DM
 ・メール(piece.of.syria@gmail.com)
 ・問い合わせ(http://piece-of-syria.org/contact/

 

その際、リターンをご希望の際はご遠慮なく、お知らせ下さいませ。
 

 

●現地の声

 

【Piece of Syriaとは】

Piece of Syriaは、「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、シリアの平和を目指して、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立されました。
 
Pieceには、一人ひとりの力を合わせて、紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていきたいという想いを込めました。
 
一人ひとりのチカラは決して大きなものではないかもしれません。
ですが、そうした小さなチカラを紡いでいくことで、世界をよくするような大きな変化を起こせるかもしれません。
 
僕らは、微力ですが、無力ではありません。
一人ひとりの持てるチカラを発揮することで、平和を実現することを目指して、「Piece of Syria」は誕生しました。
 
 
 

【活動内容】

① シリアを伝える活動と平和教育
 写真展、講演、物販、映像、文章などを通して、今のシリアだけでなく「昔とシリアがどうだったか」を伝えます。
 報道により、シリアのイメージは「危険」「戦争」「テロ」と言ったものになっており、それはあたかも昔からだと思われています。
 しかし、かつてのシリアは日本よりも治安が良く、昔の日本のような「豊かさ」を持つ国でした。
 現在のシリアの様子だけでなく、過去のシリアを伝えることで、平和の大切さに気づく機会を提供いたします。
 
   
② シリア国内の教育支援
支援が届いていないシリア国内の学校を支援しています。
2010年まで97%だった就学率が、50%以下に下がっている現実を受け止めて、シリアを復興する人財である子ども達が、教育を受けていない「スキマの世代」とならないために、夢と希望が持てるように資金と物資を提供します。
 
シリアは元々、ほぼすべての子どもが学校に行けるほど教育水準が高い国でした。しかし、2011年に始まった騒乱により、現在、就学率は50%以下になり、場所によっては6%とさえ言われています。
シリアを復興する人財である子ども達が、教育を受けていない「スキマの世代」とならないための教育支援で、夢と希望が持てるように資金と物資を提供します。
 
2016年、クラウドファンディングで130万円を集め、シリア国内に住む100人の子ども達へ教育を届けました。2017年前半も、その成果についての報告会や物販の収益やご寄付を、シリア北部にある100人の子どもが通う幼稚園への緊急支援も追加で行ないました。
現在、シリア国内の、支援の届かない地域にある、100人の子ども達が通う幼稚園と、100人の障がい児が通う学校が、厳しいシリアの冬を超えて教育を続けるための支援のためのクラウドファンディングを実施中です。どうか、応援を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

1Comment

Post A Comment