メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 【ある村の風景と、子ども達の夢(3)〜2009年9月シリアにて】
16275
post-template-default,single,single-post,postid-16275,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

【ある村の風景と、子ども達の夢(3)〜2009年9月シリアにて】

【ある村の風景と、子ども達の夢(3)〜2009年9月シリアにて】

 

 

前回の「シリアの歴史と識字教室」の続きを掲載させて頂きます。

(1)は「子ども達の夢と学校の様子」でした。

 

ある村の風景と、子ども達の夢(2)〜2009年9月シリアにて

 

———————————————————————————

僕の一番の話し相手が、三女のブトゥーレ。

冒頭の夢を語ってくれた少女だ。中学生だが、賢さも人当たりの好さも群を抜いている。

 


彼女の言葉をベースに作った動画

 

 

 

 

「私ね、小学校1 年生の授業は受けてないの」と言う。

いぶかしげな顔で僕は尋ねる。

「どうしてさ?」

 

「飛び級よ。小学校1 年生でやる内容のことはもうクリアしてるって言われて、いきなり2 年生よ」

「そんなのがあるんだ」

「あれ?日本は無いの?」

「うーん、無いなぁ・・・・・ところで、ブトゥーレは学校が好き?」

「うん、好きよ。勉強するのが好き。学ぶのって素晴らしいことだと思う」

「うん、そうだね」と、僕は頷く。

 

 

 

 

「学校ではどんな授業があるの?」

「まず、アラビア語でしょ。英語に、数学。理科は生物・化学・自然科学、社会は歴史・ 地理・哲学があるわね。

フランス語もあるけど、先生が居ない学校もあるみたい」

「そっか、第一次世界大戦後にフランスに 占領されてた影響だね。他には?」

「宗教の授業があるわ。私はその先生のことが嫌いだけど(笑)。厳しすぎると言うか、優しくないのよね。みんな苦手だって言ってるわ」

「へー、宗教!どんなことを習うの?」

「お祈りの仕方だとか、イスラム教徒と してやるべきこととか、道徳を学ぶわね」

「僕が学生のとき、『道徳』って授業はあったけど、それと似てるのかな」

 

「あと、愛国心の授業があるわ」

「何それ?」

「民主主義とか、自由・社会主義とか、バース党のこととかを学ぶの」

「美術とか体育とかは?」

「あるわよ、もちろん。あ、通知表、見る?」

「うん」と僕が頷くと、部屋の引き出しから小学校から今までの通知表を見せてくれた。

10 段階評価で、ほとんどが9か10だ。

 

 

通知表

 

 

 

「宿題をしなくちゃ」とテキストを絨毯の上に広げる。

子どもの数が多いせいだろう、シリア人の家で、子ども用の学習机を見たことはまだ無い。

英語のテキストを開き、それを丸暗記していく。

あまりにも気になる間違った発音にだけ、僕も少しだけ指摘を入れながら、その様子を見つめる。

 

 

 

絨毯の上にある他の教科のテキストに手を伸ばし、ペラペラとめくると、保健センターのサービスの紹介や、怪我の処置や健康に関する情報が載っていた。

「それは理科よ」とブトゥーレが顔を上げてニコリとした。

教科書には、写真がほとんどなく、図か絵が載っている。

まさかイスラム教の「偶像崇拝禁止」と関係するとは思わないが・・・。

 

 

 

衛生テレビでチャンネルは500ch以上あった

 

 

 

宿題が一段落したのを見計らって、「学校ではどんなことを話してるの?」と聞いた。

「うーん、普通のこと。テレビの話とか、 歌手の話とか」

「男の子とも話すの?」

「ダメダメ。教室内でも、授業に関する必要なことしか話さないし、道で会っても挨拶もしちゃだめよ」

「先生とはどう?」

「性別に関係なく、授業以外では先生とはあんまり話さないかな。もちろん勉強に関する質問なんかはするけど、雑談ってことはしないわね」

 

 

 

「放課後に、女友達の家に遊びに行ったりは?」

「できないわね。私達の地域の習慣で、そういうのはダメなのよ。大人でも自由じゃないわ。

・・・・・いいな、日本の女の子って。世界に行ったりできるんだもんね」

言葉をなくした僕に、ブトゥーレが微笑んで、「この前ね、アフマド先生が私たち生徒を湖に連れて行ってくれた の!学校の友達と一緒に遠足よ。楽しかったわ!」と言って、父親の携帯で撮った写真を見せてくれた。

 

(続く)

———————————————————

次回は、「高校以上の学校の様子」についてをお届けします!

 

 
http://piece-of-syria.org/2017/09/22/oldsyriavillage-4/
 

No Comments

Post A Comment