メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 教育という名を武器を手にとって
16087
post-template-default,single,single-post,postid-16087,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

教育という名を武器を手にとって

教育という名を武器を手にとって

アッサラームアライクム!
Piece of Syriaのへむりです。

 

今日、Twitterで見たのがこちらの言葉。

 

 

で、こちらにReplyされていた言葉が、

 

 

です。

 

僕たちの現地協力者のウサマさんが、僕たちに全く同じ言葉を伝えていました。

「教育こそ、武器なんだ」と。

 

改めて、ウサマさんからのメッセージをお伝えしたいと思います。
(2016年に伝えてもらったメッセージです)

 

「シリア国内で教育支援を始めて4年が経ちましたが、分かったことがあります。

 

それは、子どもたちは学校に通えなくなり3年以上の月日が経つと、
学校に行くことを嫌うようになってしまうということです。

 

毎日のように攻撃され、学校を建てても建てても破壊され続けてしまっています。

 

銃撃や破壊を受け、他の壊れていない建物に移動しても、
また銃撃や破壊、そしてまた新たな学校としての場所を探しては移動…
そんな風にこれまでの4年間は様々な場所を転々としながら
国内の教育支援を続けてきました。

 

子どもたちにとっては、武器で攻撃され、破壊されていることが当たり前となってしまいました。

 

彼らは武器ではなく、教育によって育成されるべき存在です。

みなさんは、日本の子どもたちが学校に行かずして成長している姿を想像できますか…?

 

私たちは、子どもたちを憎きISの洗脳から遠ざけ、学校を魅力的で身近なものにしなければなりません。

 

そして、彼らが夢を持てるような、ふさわしいカリキュラムを提供する必要があります。

 

子どもたちは、未来であり、希望です。

皆さんのチカラを、どうか貸してください。

 

そしていつか、叶うならば、実情を知ってもらうために、
あなたたちと共にシリアに訪れたいと願っています」

 

今、ウサマさんを日本に呼べないか、ということも検討中です。

「是非、一緒に関わりたい!」

という方がいらっしゃいましたら、お声掛け下さい!

 

Contact → Facebook  Mail

 

No Comments

Post A Comment