メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | ワークショップ難民に参加して
16081
single,single-post,postid-16081,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

ワークショップ難民に参加して

ワークショップ難民に参加して

アッサラーム・アライクム!
Piece of Syriaの小林です。

一昨日、三宮で行われたアジア福祉教育財団難民事業本部さんと神戸YMCAさん主催の「ワークショップ難民 2017」に参加してきました。

『紛争や迫害から逃れ、故郷を追われた難民や国内避難民が世界各地に6,500万人以上いると推定されています。日本にも、さまざまな国から難民が庇護を求めて来ています。わたしたち自身にできることは何か、一緒に考えてみませんか。』
http://www.rhq.gr.jp/japanese/profile/profile.htm

ということで毎年この時期にやるワークショップで、全3回ありましたが私は最後の回のみの参加となりました。

テーマは「難民と暮らす」。
難民として受け入れられたとしても、言葉や文化も違う国でどうやって暮らしていけばよいのか。異国での生活をロールプレイで疑似体験し、「共生」をめざして何ができるかを考えます。

インドシナ難民や条約難民(難民認定申請者)を主に、
難民として暮らすことになった人たちと元々住んでいる自国民の間で、食文化や習慣の違いによって起こる問題を、実際に難民事業本部に持ち寄られる実例を挙げてロールプレイをしてみました。

例えば、

あるアパートの大家さんは難民との共生を目指して積極的に難民を受け入れている。しかし、そのアパートに住んでいるベトナム難民と日本人とで揉め事が起こる。原因は「ベトナム料理で使う香辛料やスパイスの匂いが臭い」ということで大家さんを中心に話し合いをする事例。

多種多様な人間を演じてロールプレイするため、色々な結果になりました。
交流会をしてベトナム料理と日本料理を食べ合う・嫌なものを食べても余計嫌いになるだけ・祖国を追われてもう料理しか楽しみがないから香辛料を使い続けたい・郷に入っては郷に従えなど平行線で終わったり。

このような問題が起こる原因に当たるものの一部として

慣れていないものに対する嫌悪
マイノリティーに対する排斥

これらが残念ながらあるのは事実です。

日本人がよく飲む味噌汁も発酵食品だから臭いと思う外国人も実はいるそうです。私たちは食べ慣れているので、なにが臭いの?と思うかもしれませんが、慣れていない・ふれたことがない人にとっては不快になっているかもしれません。

では、どうすれば良い方向にもっていけるかと考えた時に、大きかったのが大家さんの存在でした。
難民受け入れに理解があり共生しようとしている大家さん。

このような人が1人でもいるだけで、どちらかが不利になることはなく話し合いができる、まずここが大事なんじゃないかと思います。

どちらの言い分も理解できる人がいると共生の可能性が高くなるという意見もありました。

 

相手を知ろうとすること、理解しようとすること。

これが本当に大切だなと思います。
そして、難民としての彼らを知ろうとするより、

友達として接するだけでも自ずと難民としての彼らも知れるんじゃないかなと感じます。

私がトルコでシリア人と会った時のことを振り返ってみると、、、
シリア難民の現状を知ろうと思って会いに行ったけど、最初から”難民のシリア人”として接した訳ではなく、”昔から友人だったシリア人”として接していたなと。
実際には、私にはシリア人の友人はいなかったので、無論、彼らの辛い状況を感じさせない明るさや初対面の私でも一瞬で受け入れてくれるオープンさのおかげでそう思うことができたとは強く強く思います!(へむりさんの友人という立場も大きいですが…)

友人として話しをしていくと、次第にシリアの昔や今の状況や詳細を聞くことができて、たった10日間の仲でもより相手を知ることができたかなと思います。

長くなりましたが、

とにかく大家さんのように、相手を知ろうとする人・理解しようとする人がもっと増えればいいなと願います。

そして優しく素晴らしいシリア人のことを知っている人ももっともっと増やしていきたいです!

No Comments

Post A Comment