メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 学校を維持しなければならない理由
15996
single,single-post,postid-15996,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

学校を維持しなければならない理由

学校を維持しなければならない理由

こんにちは!ピースオブシリアの武田です。
メンバーがウサマさんと合流し、
いろんな報告を送ってくれています。
先日は電話でメンバー、ウサマさんと話しました。
今頃は南部の町ガズィアンテプに向かっているところでしょうか。
やはり実際に行ってみないとわからないことが多いですね。
情勢は毎日恐ろしいスピードで変化していることを痛感しました。
私たちは主に、シリアの国内の教育支援を行っていますが
その大事さも、痛感させられています。
学校はシリアの紛争の激しい地域の子どもたちにとって、
ただ単に勉強をするだけの場所ではありません。
戦争に足を踏み入れさせないための、セーフティーネットでもあります。
紛争が激化しすると、先生に支払われるべき給料がストップします。
先生は生きるために職を探すことになるため、
先生のいなくなった学校は閉鎖され、子供達の行き場所がなくなります。
行く場所が無くなると、子どもたちも仕事を探し始めるそうです。
小さな町には、子どもができる仕事はないので、国外に出て物乞いをすることになります。
そしてそのうち、彼らは仕事を求めて武器を取ることになります。
学校に行けなくて、読み書きができない子供もまた、
将来まともな仕事にありつけず、
やがて武器を手にすることになります。
そういった人間が街を破壊し、また同じような子供を作る。
悲しい負の連鎖です。
罪のない子供たちが、争いに巻き込まれないためにも、
将来彼らが仕事に就いて、シリアを再建するためにも。
なんとか学校を維持しなければなりません。
シリア人はもともと、とても心の優しい民族です。
そんな彼らを一人でも憎しみや悲しみの連鎖から守るためにも
学校が必要なのだと思います。
No Comments

Post A Comment