メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | イタリアの難民事情 ② 国境って何だろう?
15910
post-template-default,single,single-post,postid-15910,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

イタリアの難民事情 ② 国境って何だろう?

イタリアの難民事情 ② 国境って何だろう?

前回、イタリアのVentimigliaからお伝えしましたが、あの町はフランスのすぐ近くにあります。

歩いても国境を越えることができるほどですが、かなり時間がかかりそうなので、僕は電車で一駅、モナコやニースがある方向に向かって移動しました。

片道3.2ユーロ、10分ちょっとの距離です。

特にチェックもなく、国境を越えて、駅を降りたら、もうフランスです。

イタリアの方に向かって歩くと10分ほどで国境があり、チェックもなくイタリアへ入国することができました。
しばらくぶらっとしてから、再びフランスへ徒歩で入国。その時はパスポートをチェックされましたが、車はその横をチェックも受けずに通っていきます。

※「シェンゲン協定」に加盟している国同士では、基本的に国境審査が行われない。ただし、難民の過剰な流入により、その対応に変化が生まれている。

こんな風に簡単に行き来できてしまう国境ですが、「国境」で別け隔てられたものを越えるため、彼らの年収を越えるお金だけでなく、血と汗と涙と、そして命が、賭けられています。

僕がサラリと越えた国境にしても、駅には大きな銃を持った軍人さんが目を光らせていたりしていますし、国境を越えた後にしても、もし逮捕された場合は指紋を取った国に帰らされます。

つまり、リビアから地中海を越えてイタリアに来た人たちは、再びイタリアに戻ります。
今はドイツも受け入れを拒んでいる状況ですし、安易に国境を越えさせて来た、イタリアやハンガリー、オーストリアに批判が高まったこともあり、1年前のように国境を越えれませんし、捕まったら指紋を取った国へ帰らされます。

※1990年代に制定された「ダブリン協定」で、最初に足をつけたEU国で庇護申請をしなければならず、その国が難民の申請や、衣食住の世話や医療などの初期対応を引き受けることになっている。

すごろくで例えた人がいましたが、「スタートに戻る」ような感覚です。

ギリシャのレスボス島で知り合ったアフガニスタン人は、オーストリア経由でドイツまで行ったけど、そのまま牢屋に入れられて、2週間拘束され、オーストリアに送還、拘束された後、アフガニスタンに送り返されたと言っていました。

「2回目の挑戦なんだ」

オーストリアを通ったが故に送り返されたから、今回は飛行機でドイツに向かおうと思っている、と。

日本のパスポートを持っている僕がアッサリと越えられる国境に、底知れぬ重みを感じます。

しかし、その、大半の国をビザ無しで越えられる、日本のパスポートですが、その取得率は20%ほど。20代では5%ほどだと聞きます。

「もったいない!海外へ出よう」とか、
海外に出ることを短絡的に「良いこと」とは思いませんが、
踏み出した一歩で、世界の見え方が変わることは実体験として感じています。

僕自身、シリアに住んでいなければ、シリアのことに関心を持って、今のような活動はしてなかったように思います。

実際に出逢ったときに、自分ごとになっていきました。

もちろん、出逢った全ての事柄ではありませんが、「踏み出し、出逢うこと」は、見える世界を広げてくれます。

スカイスキャナーなどのサイトで飛行機を探せば、時期によってはアジアまで往復1万円代、ヨーロッパまで往復4万円代というものも見つかり、国内より安く旅ができたりすることもあります。

僕の講演を聞いて、「ヨルダンに行って来ました。あなたの話すエピソードであるような、アラブの人たちの優しさを肌で感じることが出来ました!」と言ってくださった方もいました。

このサイトでも、視野が、世界の見え方が広がるようなものを、お伝えできればと願っています。

〈報告会のご案内〉
支援の現場の声、そしてメディアで語られることの少ない、国ごとの難民たちの状況の違いなどをお伝えできればと思います。

シリアについて知らなかった!という人から、シリア支援の関係者まで学びと発見がある内容となるよう準備をしております。

是非、ご家族やご友人の皆さまにお声がけの上、お越しくだされば幸いです。

【東京】1月28日(土) 11:30〜14:30
http://piece-ikebukuro.peatix.com
https://www.facebook.com/events/388961934775800/

【東京】1月29日(日)11:00〜14:00http://piece-toitoimtoi.peatix.comhttps://www.facebook.com/events/243799436034053/

【京都】2月3日(金) 14:00〜16:00
https://www.facebook.com/events/1130875703676350/

【大阪】2月4日(土) 18:00〜21:20http://www.kokuchpro.com/event/piece_osaka/
https://www.facebook.com/events/607931302740936/

【福岡】2月12日(日) 13:30-15:30 http://www.kokuchpro.com/event/syria_fukuoka/
https://www.facebook.com/events/195569944242102/

どちらも、事前の申し込みをお願いしておりますので、ご協力のほど、宜しくお願い致します。
※ Facebookイベントページでは正式申し込みとなりません!ご注意下さいませ。

(京都のイベントのみ、Facebook申し込み)

No Comments

Post A Comment