メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | イタリアの難民事情 ① リビアから地中海を越えて
15904
post-template-default,single,single-post,postid-15904,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive
 

イタリアの難民事情 ① リビアから地中海を越えて

イタリアの難民事情 ① リビアから地中海を越えて

イタリアのVentimigliaという町にいます。
ほとんどフランスに近い国境の町です。

難民として保護されたい人たちがヨーロッパに向かう際、トルコからギリシャに向かう密航ルートとはまた別の、リビアからシチリア島(イタリア)へ地中海を越えて行くルートがあります。
イタリアは海を越えて密航してきた人たちを「難民」として保護をしていないため、ここに来る密航者たちはイタリアを通過してドイツやスウェーデンなどに向かいます。
(ギリシャと同様の立場です)

しかしながら現在、ヨーロッパの国々は難民を受け入れていません。そのため多くの密航者たちがここで足止めを食っていると言う状況です。
現在、イタリアにはシリアの人たちはほとんどおらず、多くは北アフリカから逃れてきた人たちだそうです。

リビアからイタリアの密航ルートは非常に危険が伴います。海を越えるのに約10日ほどかかり、かかるお金はおおよそ1,000ドルほど。食事は最初の2〜3日ほどでなくなるとも聞きました。

またサハラ砂漠を越えて港町にやってくるため、エリトリアからの難民は約5,000ドルをかけてここまでやってきています。もしお金が足りなかった場合、あるいは良くない密航業者を使ってしまった場合、途中で砂漠に置き去りになったり、身ぐるみを剥がされたり、殺されことさえあります。

昨日聞いた話では、1年間で5,000人の人たちが密航の際、海で命を失ったと聞きました。
それでも今尚、毎日、密航のボートはやってきているそうです。

そんな必死の思いでイタリアまでやってきた人たちですが、先程言ったようにヨーロッパに向かう事は非常に難しいです。今いる街は車で5分でフランスの国境となりますが、山を超えたり線路を通って何とかフランスに潜り込もうとする人たちが多くいるそうです。

フランスへの密入国に失敗してもペナルティーは無失敗してもペナルティーはありませんが、国境から遠く離れた場所まで移送されるとのことです。

国境なき医師団のスタッフから話を聞いてきましたが、夏の間は千人を超える人たちが、広場でテントを張っていたようです。
現在、今は冬なので、数は減り、協力してくれている町の教会で、女性と子供家族連れが50人ほど住んでいるのと、町から離れた場所で、男性500人ほどがキャンプで暮らしています。

国境なき医師団が支援する教会の中を見学させていただきました。ボランティアでお医者さんがほぼ毎日来てくれているそうです(1日2時間ほど、複数の医師が入れ替わりで)。
メンタルケアを重視しており、昨日会ったスタッフも、その点を苦労しているようでした。

そのスタッフに、自分の思いを必死に伝えていたモロッコ人がいました。彼は家族とともに10年リビアに住んでおり、生活の基盤もリビアにありましたが、リビアでは生活が成り立たないどころか命の危険があり、かといってモロッコに帰っても、もう自分たちの基盤は無いので、どうすることもできずに海を渡って、イタリアまでやってきました。

「他に選択肢はなかったんだ」と。

しかし、海を越える際に、彼の幼い息子は命を失いました。残されたもう1人の娘と妻と、イタリアで立ち往生していると言う状況です。

目に涙を浮かべながら、自分の身に起きたことをスタッフに語る彼に、僕は言葉をかけることもできず、ただただ「自分たちが知らないだけで世界のどこかで起こっていた出来事がある」という当たり前のことを、改めて感じました。

こうして、小さな自分を自覚する日々ですが、目の前のことを1つ1つ、大切に、丁寧に、生きていきたいと思います。

昨年、皆さんのお力を借りて、確かな一歩として、教育を受けられなかったシリアの子ども達に、希望のつまった教育の機会を届けられましたが、こうした活動の積み重ねを本年も続けていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

〈報告会のご案内〉
支援の現場の声、そしてメディアで語られることの少ない、国ごとの難民たちの状況の違いなどをお伝えできればと思います。

シリアについて知らなかった!という人から、シリア支援の関係者まで学びと発見がある内容となるよう準備をしております。

是非、ご家族やご友人の皆さまにお声がけの上、お越しくだされば幸いです。

【東京】1月28日(土) 11:30〜14:30
http://piece-ikebukuro.peatix.com
https://www.facebook.com/events/388961934775800/

【東京】1月29日(日)11:00〜14:00http://piece-toitoimtoi.peatix.comhttps://www.facebook.com/events/243799436034053/

【大阪】2月4日(土) 18:00〜21:20http://www.kokuchpro.com/event/piece_osaka/
https://www.facebook.com/events/607931302740936/

【福岡】2月12日(日) 13:30-15:30 http://www.kokuchpro.com/event/syria_fukuoka/
https://www.facebook.com/events/195569944242102/

どちらも、事前の申し込みをお願いしておりますので、ご協力のほど、宜しくお願い致します。
※ Facebookイベントページでは正式申し込みとなりません!ご注意下さいませ。

iPhoneから送信

No Comments

Post A Comment