メールマガジン登録
■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Piece of Syria(ピースオブシリア) | 【2/4(土)大阪】「平和のためにできること・夢のために動くこと〜シリア教育支援活動報告会〜」
15902
post-template-default,single,single-post,postid-15902,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_menu_slide_with_content,width_470,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

【2/4(土)大阪】「平和のためにできること・夢のために動くこと〜シリア教育支援活動報告会〜」

【2/4(土)大阪】「平和のためにできること・夢のために動くこと〜シリア教育支援活動報告会〜」

シリア、と聞いて、どのようなイメージをお持ちになるでしょうか?
メディアが伝えてこなかった、シリアの人たちの今を知り、
僕らができることを、僕らがやりたいことに気づく、
「学んで、笑って、つながる」報告会!

 

平和な頃、シリアの田舎に住み、
中東・欧州8カ国で、シリア難民や支援団体から話を聞いてきた、
リアルな世界の情報が聞けるのはここだけ!

 

 

【日時】2017年2月4日(土) 18:00〜(開場 17:30)

 

【場所】梅田Blue+ ブルータス
阪急梅田、JR大阪駅より徒歩10分
大阪府大阪市北区柴田2丁目9番17号 マエダビル4階

【スケジュール(予定)】
17:30-    開場
18:00-19:00 報告会
19:00-19:15 質問タイム
19:15-   交流会
21:20-   終了

当日、Piece of Syriaオリジナルのポストカードやフォトブックも販売します!

 

【参加費】
○報告会 1,000円

シリア教育支援のクラウドファンディングで支援して頂いた方は無料招待させていただきます。

○交流会→2,000円(軽食付き)

※ 要 参加申し込み

 

【参加方法】
Facebookの参加ボタンを押すだけでは参加となりません。
お手数ですが、こちらにアクセスして頂きまして登録で参加となります。
http://www.kokuchpro.com/event/piece_osaka/

定員となった場合、キャンセル待ちとなりますので、ご了承くださいませ。

 

 

↓【現在の様子はコチラから】↓
https://www.facebook.com/piece.of.syria/
www.facebook.com/profile.php?id=1051130611
www.twitter.com/takayuki18aug
www.instagram.com/hemuri.syria.love/

 

 

 

◯主催◯
シリア支援団体 Piece of Syria

「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、シリアの平和を目指して、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。

紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。

★HP: http://piece-of-syria.org/
★Facebook:https://www.facebook.com/piece.of.syria/

 

 

◯へむり。(中野 貴行)

Piece of Syria 代表

平和な頃のシリアの田舎に住み、中東・欧州のシリア人を訪ねた唯一の日本人。

大阪生まれ大阪育ち。英国留学、中東一人旅、フィリピン貧困地区支援のインターン、協力隊、シルクロード横断仕入れ旅、シリア難民を訪ねる旅など、主にアジア・中東・ヨーロッパなど、39カ国と地域を周る。

2008年-10年 シリアにて、青年海外協力隊として母子保健の活動へ。帰国後は、Tabippoなど旅系のイベント、戦争・イスラムに関する勉強会や市民講座、新人研修や小中高大の学校でのキャリア教育で講師として活動。

仲間とシェアハウスを梅田で始める。シェアハウス内外で、のべ5000人以上を巻き込んで「大人が楽しくないと、子どもも楽しくない」という信念の元で、交流イベントやトークライブイベントを実施。

2015年-16年 期限を決めずに世界半周の旅へ。母とのヨーロッパ旅行、婚約者の住むガーナ滞在、ヨルダン、トルコ、イラク、ドイツ、スウェーデンなどを訪問し、シリア難民・難民支援団体など100人以上から話を聞く。

「シリアの人たちのために何ができるのだろう?」と考えた結果、「Piece of Syria」を立ち上げた。最も支援が入りにくいシリア国内への教育支援の活動を行ないながら、メディアもNGOも伝えていないシリアの人たちの声を届ける講演活動・写真展を実施している。
国際平和映像祭にて「なんとかしなきゃプロジェクト賞」を受賞。

2015年末より、再び、中東・欧州へ訪れ、シリア難民の声を聞くと共に、シリアの子ども達への教育支援について、継続的な活動のために奔走する。1月中旬帰国予定。

 

No Comments

Post A Comment